カテゴリー「サーフィン」の記事

2017年8月 7日 (月)

170805 Sat. NISHIHAMA D41 #43 by T5

 

Legen 7’10 Tri

06:00am to 07:30am

No Wind

Shoulder to Head

Deuce: Short Johan, T & FCS Cap

 

4時に起きて4時半にホテルをでた。5時の時点で七里から稲村ヶ崎のパーキングは満車で、プリンス駐車場はまだクローズ。波はサイズダウンしていて逗子に向かう気が失せ、七里エリアのパニック感にも嫌気がさし、逃げるように茅ヶ崎へ移動した。波の撮影もチェックをせずにショートジョンとTシャツを着て西浜に向かった。肩頭のセットがワイドに押し寄せていて、たまに切れたブレイクもある。ホームビーチに気持ちをいやされながらエントリーした。インサイドで底ぼれする波は難解だったが、7’10のアドヴァンテージを生かして波数を集めた。先週の日曜日7/30にピークで会ったT&Cボードの若者が極上の波をメイクした。沖で声をかけると嬉しそうな表情を浮かべた。前回と同じようにサーファーが増えてくると楽しさが半減した。終盤、差し乗りでボトムに下りてハイポジションからサイドスリップでセクションをメイクした。まぐれな1本だったなと思い返しながらピークに戻ると、T&Cボーイが満面の笑みでパドルしてきてハンドサインをくれた。昨日のK-REEFのラストウェーブと西浜のこの1本でミッションコンプリートだった。圏央道厚木SAで勝浦タンタン麺を食べて帰宅したのは10時半だった。虫取り、犬の散歩、鳩山祭り、夜は田代夫妻がやって来て、裏庭に上がる花火を見た。長い一日だった。

| | コメント (0)

170804 Fri. K-REEF D40 #42 by T5

P1050386

P1050398

 

Legen 7’10 Tri

15:30pm to 18:30pm

No Wind

Shoulder to Head

T, Swim Short & FCS Cap

 

西浜正面には巨大なスウェルがブレイクしていた。七里のグッドラインナップを横目に見ながら、久しぶりのK-REEFに胸が苦しくなるような期待と不安がこみ上げる。昨年は8/29に一度エントリーしただけだ。16時半の満潮に向かい波数は少なくサイズも大きくない。健五くんが上がってきて、知世さんがサーフチェックに現れモルディブチームが再会した。スモールマッシーなスウェルに対応する為に迷わず7’10をチョイスした。川島さんがプルアウトして雄三くんがラストウェーブでテトラに向かった。中途半端な波に乗り数を集めた。林利夫さんがイエローガンでエントリーしてきた。満潮を過ぎて我慢だと自分に言い聞かせた。夕暮れが迫るとピークには5人。たまにSUPがビハインドから乗り込んでくる。波は段々と形が良くなってきてライディングの距離も伸びてきた。林さんがプルアウトしてスペースを空けてくれた波はミドルセクションで失速しそうになったが、必死にテールを振ってインサイドにつなげた。素晴らしいシェープのラインが続いた。ラストウェーブはリアルウェーブだった。前をゆくロングボードに乗り続けるように声をかけたがプルアウトしてくれた。そこから波はかっちりと張り続けて、インサイドのえぐいセクションでトップからボトムに下りると、さらにテトラに向かってショルダーが伸びた。1年ぶりのパーフェクトロングライドに気分が高揚した。パーキングには林師匠、雄三くん、知世さんがいた。サーファーズトークがスパークした。その夜、藤沢の法華倶楽部に泊まり、8階の大浴場で湯につかり、“かつも”で喜界島の黒糖焼酎と極上のトンカツをいただいた。

P1050369 P1050373 P1050387


P1050390 P1050394 P1050395

| | コメント (0)

2017年7月31日 (月)

170730 Sun. NISHIHAMA D39 #41 by T5

 

EARTH 6’8 Bonzer

04:15am to 06:15am

Offshore Breeze

Set Shoulder

Deuce: Short John, T & FCS Cap

 

土曜日の19時半に寝て翌1時に目が覚めてしまった。2時過ぎに出発して暗い内にエントリー。それでも数人のサーファーが僕より早く海に入った。目が慣れぬ内はマッシーなスウェルにボードが出てくれない。KOZO6’6は最高にフィットしているが種子島でクラッシュしてUttz Garageに修理に出す。久しぶりのEART6’8は浮力たっぷりで今日の波に良く機能した。ターンが重くて閉口したがきっちりとビーチエンドまで乗り込める。1時間ほどはワンマンウェーブで乗り放題だったが、あっという間に激混みとなった。ラストウェーブになかなか乗れない。もっとサーフしたかったが見切りをつけてビーチに上がった。今日は12本テイクオフして9本メイクした。悪くなかった。ウッツ宅にボードを落として帰宅したのは朝の845分だった。

| | コメント (0)

170723-6 Sun. TANEGASHIMA D35-8 #40 by T5

P1050209

P1050244

P1050253

 

家族旅行

 

KOZO 6’6 Tri

At Hungry Point

14:00pm to 16:00pm

Offshore Breeze to No Wind

Head and Half

Deuce: T, Swim Short & FCS Cap

 

家族旅行でグランドスウェルに恵まれた。初日にライジュに連れてきてもらった種子島のメジャーポイント。ピークにはフレンドリーなローカルが一人きり。30分後には自分だけになった。初めてのブレイクに最初は戸惑ったが、かぶり気味なポジションからのテイクオフタイミングをつかんで、波回り良く次々とメイクした。500mほど北側のロックPには5名ほどのサーファーが見える。今回は4日間の滞在でこの1ラウンドだけがオンリーワンのチャンス。ハングリーPに集中した。1本だけライト方向に走ったがゲッティングアウトが苦しい。

ラストウェーブは8本目か?エンドゾーンで腹ばいになって岸に向かったらリーフ帯に引っ張られて体とボードを傷つけた。最高なテイクオフからミドルセクションでのバックサイドの細かいトリミングターンでスピードに乗り気持ちが高揚した。軽率だった。ライジュがアテンドしてくれたらと思った。またこの場所でビッグウェーブに会いまみえる時があるのだろうか?

P1050254 P1050268 P1050270

P1050296 P1050305 P1050331

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

170716 Sun. HEBARA D33&4 #39

SURFER’S TALK

梅雨の晴れ間のBBQ 2017

 

KOZO 6’6 TRI

Too Small Shorebreak

Deuce: Spring Suit & FCS Cap

With Manabe

 

6時に出発してアクアラインの渋滞にはまり、部原到着は正午を回ってしまった。メインPではSUNSET TOWN CUPが開催されていて、どうしようもなくクソ下Pのショアーブレイクにエントリーした。

BBQ15pmからスタートし、37名の参加者を得て和気藹々と楽しい時間を過ごした。翌日は鴨川のマルキの混雑を目にしてヤル気が失せ、JR川崎駅で真鍋くんを降ろして、多摩川沿いを走り環七から帰宅した。13時半だった。

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

170708&9 Sat. T-REEF to KASHIMA D31&2 #36-8

P1050010


NABESAN 7’3 Twin

KOZO 6’6 Quad

Small Fun Wave

No Wind Clean Face

Deuce: Seagull Suit & FCS Cap

With Manabe

 

07/08 T-Reef

07/09 NGY Point & Hide Hause Mae

 

T-Reefに到着したのは正午ちょうど、ナベさんのセルフメイドの7’3 ツインをお借りしてエントリーした。約2時間、真鍋ちゃんと二人きりでスモールファンな時間を過ごした。水が綺麗で水温がキリっとして陽射しが強くて素晴らしい時間だった。

 

鹿島へ移動してヒデ&ハルヒコとスーパーへ買い出しに出かけた。今夜のBBQディナーは八人。18,700円分の食材・ドリンク・その他を購入した。

 

翌朝、強い陽射しを受けながらヨガマットの上でストレッチ。ヒデと二人でメインビーチにエントリーした。混雑していてベストウェーブは取れない感じだったが、波回り良くグッドウェーブをキャッチした。サンドバーが完璧でワイドピークからジュースゾーンを抜けるとビーチまで結構なロングラインだった。ラストウェーブはポジション取りでピリついている若者の奥からピークをつかまえた。ヒデがプルアウトしてからエンドゾーンまで乗り込んだ。

ハウスに戻るとだれもいない。ハウス前の貸し切りピークにテリー、ハル、マナベ、ノゾミを見つけて再エントリーした。たまにサイズのあるスウェルが入る。最小ウェーブにもKOZOボードは良く機能してくれた。最大セットの切れ目からのきわどいテイクオフも有った。最後の波はつないでつないで渚までノーズに体重を乗せて乗り込んだ。ハルお手製のカレー三種類を堪能してから帰路についた。自宅まで160km。帰宅は15時だった。犬達と散歩に出かけてから、玉川温泉で汗をかいてマッサージを受けた。波は小さかったが本数と距離を稼いだ二日間だった。

P1050016 P1050017 P1050021


P1050026 P1050035 P1050040


P1050042 P1050046 Dsc_1020

| | コメント (0)

2017年7月 6日 (木)

170705 Wed. NISHIHAMA D30 #35 by T3

P1040992

P1040997

P1040998

 

Mickey 7’4 Tri

06:30 to 08:30am

Shoulder to Head

No Wind Rough Face to Clean

Deuce: Seagull Suit & FCS Cap

 

台風3号が駆け足で東の海上に抜けた。湘南マジックのフラットを恐れてもたもたしてしまった。サイズはしっかりだが面ザワでちょっと気落ちした。お化けセットをキャッチしようとガンボードをチョイスした。ショアーブレイクが切れずにゲッティングアウトのタイミングをつかむのに10分位要した。マッシーで乗りづらい波だが、波回りに恵まれてまずまずの本数に乗れた。センターはワンマンピークだが漁港側に引っ張られるとサーファーが増える。後半、富士山現象なのか風が西に変わりフェイスクリーンになった。最大セットのレフトウェーブはボトムでワイプアウト。ラストウェーブはレイトテイクオフをこらえてビーチまで乗り込んだ。帰宅は10時半。シャワーを浴びて出社した。14時半から鳩山ヨガレッスン。19時から恵比須でNSSA理事会。22時過ぎに帰宅した。

P1040993 P1050004 P1050006

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

170615 Th. MALDIVES D24-28 #25-33

Dsc_2284

P1040608

_dsc0092

Dsc_1866

 

Mickey 7’4 Tri

KOZO 6’6 Quad

2 to 6 feet

No, Offshore, Side on Breeze

T, Shorts, FCS Cap & Reef Boots

P1040571 P1040577 P1040599

P1040617 P1040651 P1040662

P1040666 P1040720 P1040724

P1040729 P1040736 P1040752

P1040764 P1040790 P1040829

 

06/15 Th. 飛行機を3回乗り継ぎ最終目的地に着いたのは24am過ぎ。日本時間の翌日早朝4amだった。空港隣接の岸壁からドーニーに乗り母船のベッドに倒れ込んだのは45分後。ドアーツードアー24時間の長旅だった。

06/16 Fri. to 06/20 Tue. 5 days 9 Rounds Surf

Member: ゆーぞー、ともよ、イッキュウ、石井ちゃん、小島&明里、イサオ&ひろみ、渡辺&前田 from Dubai、萩原やす、橋本、ケンゴ&菱沼 計14

South Atolのブレイクはパワフルでワイドだった。1ヶ所だけではイングリッシュ、ウオルッシュ、イスラエルなどのサーファーと波をシェアーしたが、その他のポイントでは僕たちだけでサーフした。

_dsc0035 _dsc0036 _dsc0138
_dsc0019 _dsc0033 _dsc0045
_dsc0050 _dsc0072 _dsc0127
_dsc0151 _dsc0192 _dsc0212
_dsc0238 Dsc_1655_2 Dsc_1704
Dsc_1671 Dsc_1672 Dsc_1673
Dsc_1955 Dsc_2005 Dsc_2153

| | コメント (0)

2017年5月25日 (木)

170501 Mon. TSUJIDO D23 #24

Img_20170521_093201_181_2

Legen SUP 9’0 Quad

08:45am to 09:15am

Small Swell

Offshore Wind

DEUCE: 3/3 Full & FCS Cap

 

先日の鎌形堰SUPに引き続き久しぶりの海上SUP。七里の正面からエントリーして沖へ。膝オーバーのうねりが次々に押し寄せてきてあっと言う間に消耗した。稲村ヶ崎の先端を目指していたが無理だった。一度沈しだすと立っていられなくなった。SUPにプードルを乗せたミューズに笑顔の挨拶をされたが、まったく余裕が持てない。ニーパドルでビーチに上がり敗北感を抱えてとぼとぼと歩いた。10時からは七里ヶ浜町自治会館でJHCA マノ・カマクラ号の年次総会に出席した。石焼シラスごはんのランチを食べて岐路についた。

| | コメント (0)

2017年5月 5日 (金)

170503 Wed. KAWARAGO D22 #23

P1040413

 

Scorpion 6’8 Single

08:30am to 10:30am

Offshore Wind

Size: Small

DEUCE: 3/5mm Semi Dry Suit & FCS Cap

With 石井ちゃん

 

T-REEFはスーパーフラット。ハイタイドと弱いスウェルに何人かが浮かんでいる。河原子に移動するとスモールながらライダブルなラインがブレイクしていた。ノーブーツでエントリーするとやはり12度の海水は冷たい。左側のピークで頑張ってパドルするもなかなかボードが出ない。ほんの数本メイクした。ビーチに上がると渋滞を抜けてきた石井ちゃんが現れた。もう一度今度は正面Pにエントリーするも乗れなかった。湯楽の里で温泉につかりハイボールを1杯飲んで16時半まで仮眠してから帰路についた。

P1040401 P1040402 P1040403


P1040407 P1040409 P1040411


P1040412 P1040414 P1040415

| | コメント (0)

より以前の記事一覧