カテゴリー「サーフィン」の記事

2019年8月19日 (月)

190817 Sat. SHICHIRI D12 #12

Img_20190817_145836_984 Dsc_0339

 

  • BEN WEI 7’2 QUAD
  • 07:15am to 08:15am
  • Onshore wind
  • Small to Shoulder over
  • T & Trunks

 

5時に出発して西浜をチェック。8時過ぎの渋滞をイメージして七里にエントリーした。ロア~峰横Pのワンマンウェーブ。ジャンクコンディションの割にはピークからラインが出る。中間のピークはパワーが無く、アウトサイドのピークはインパクトがある。20本ほどに手を出して5本テイクオフしたが、クリーンライドはゼロだった。BEN ボードは感触良しだった。ラストウェーブはボトムからスタンディングしてビーチまで乗り込んだ。
9時から中富邸でマノ・カマクラプロジェクトのミーティング。中富夫妻、モアナ芹沢、イイノちゃんの5人が集まった。

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

190811-2 Sun. Mugoo Surf Camp D10-1 #10-1

P1100961 P1100958 P1100957 P1100956 P1100955 P1100949 P1100948

 

 

  • AB 7’4 TRI
  • 一ノ宮
  • 平砂浦巴
  • Off or No Wind
  • Deuce: Short John or T & Trunks

 

石神井のオッチンを4時半にピックアップした。環七からアクアラインへ。内房のイメージから千葉北へ転身した。風が南西オフで台風スウェルを交わしているらしい。一ノ宮はセット頭オーバーのグッドウェーブだったが、波にもポジショニングにも人込みにもまったく対応出来なかった。エクセレントなオッチンも乗れていなかった。ギブアップして90分でビーチに上がり、志田下オリンピック会場へ移動した。高校生対象の波乗り甲子園大会が開催中で学連NSSAも協賛している。蛸プロに挨拶して、NSSA役員の長岡・丹野・杉山・青嶋くん達と楽しく試合を観戦した。早稲田OBの柴田くんと藤澤くんも献身的に働いていた。

サーフキャンプBBQ会場の部原海がめには13時前に到着した。レギュラーメンバーと再会し、一也&チャー夫妻、石堂くん、ベー神戸家3人などと楽しい時間を過ごした。マリエ佐藤や高島夫妻、ローカルのダイスケくんも立ち寄ってくれた。

翌日は風が北東に代わり、部原のビッグウェーブにエントリーする気も無く、南下した。そして巴Pには完ぺきなロングボード用のビッグセットが入っていた。やはり持参のボードではノーズが出ずにインサイドに移動した。ブランク明けの僕には難解だったけど、オッチンはケーリー5’8で次々にレフトのラインをメイクした。結局自分のコンディションは上がらなかったけど、2日間ともにグッドウェーブを引き当てた。ランチはトンカツで石神井に着いたのが15時。自宅には15時半に到着した。

| | コメント (0)

190805 Mon. 弓ヶ浜 D07-9 #07-9

1565046734718 1565046677249 P1090977 P1090961 P1090958 P1090934

 

海水浴

 

下田ビューホテルに2泊。眼下の外浦海岸には一度も行かずに3日間とも弓ヶ浜にエントリーした。2日目はいったんは大浜の駐車場に車を入れたが、遊泳注意で移動を余儀なくされた。沖縄エリアの台風9・10号の余波で波が大きく、一瞬たりとも孫たちから目を離せない。1~2時間のエントリーでサーフィンより疲れた。

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

190725 Thr. T-REEF D06 #06

Dsc_0213 Dsc_0214

  • Hokulea 9’ TRI
  • 16:45pm - 18:30pm
  • No Wind
  • Deuce: Short John

 

石井ちゃんに電話した。昨日はセット頭のグッドウェーブで今日はサイズダウンとのこと。天井の梁からホクレアのロングボードを降ろした。メインのAB7’8も持参した。ピークは無人。ショートジョンにノーキャップでさばさばとパドリングすると汗をかくほどだった。リハビリサーフ3回目で、しかもロングボードで快調に波数を集めた。1本目はライトへ。スタンディング時に左足首に違和感を感じる。ボトムターンはショートボードと違い気を使わされる。9本目は最大セットからのレフトへ。ロングランとなったところに一人ロンガーがエントリーしてきた。さらにショートボードが一人。今日は20本位にフルパドルして、5本置いて行かれ、5本テイクオフを失敗、10本をラインメイクした。このまま焦らずに鍛錬を続けて、またメンタやモルジの波に乗りたい。

| | コメント (0)

190722 Mon. SUP@鎌形堰 D05 #05

  • Legen 9’ QUAD
  • 13:15pm - 13:45pm
  • No Wind
  • Short & T

 

昨日のSUPで体が重い。自分で思う以上に筋力が退化しているのだろう。横乗り系の左足首リハビリに有効な手ごたえを感じて、再びエントリーした。水はほんの少し透明度を増した。水面をカワセミのブルーが走り心が躍った。横切る野生の鯉は素晴らしく大きい。昨日が3往復、今日はほんの2往復。14時から鎌形治療院で針治療を受けた。

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

190720 Sat. PARK D03 #-3 by T5

P1100901 P1100900 P1100898_20190722104301

P1100895_20190722104301P1100894 P1100891
P1100890

  • AB 7’8 TRI
  • 14:15pm - 16:15pm
  • Small to Head
  • No Wind
  • Deuce: 3/3mm Spring & FCS Cap

 

1本目はミドルサイズの波にスムーズに立てた。しかしその後はテイクオフが決まらず四苦八苦した。人の多さにもやられて良いポジションをキープ出来なかった。

 

13時のデッドロー過ぎにフォーカスしてストレッチ、ヨガを念入りに行った。波情報より西浜はクローズかもしれないと思い、急遽クロスバイクを持参することにした。しばらく乗っていない外置きのGiants SUITTOのクリーニングに30分かけた。11時に出発して13時半に県営駐車場に到着。西浜はやはりワイドダンパーでセットはでかい。漁港側をチェックしエントリーしようと渚まで行ったが、やはり全然楽しめないと思い、パーク方面に移動した。バイクを持ってきて自由度満点だ。裏パークでちょっと迷い、パークPにエントリーした。Tバーからのレギュラーはサイズもラインも素晴らしいが、左側のピークを選んだ。満足な波乗りが出来ずにビーチに上がり、西浜に戻った。さんざん迷ったがギブアップした。疲れた体で乗れる波ではなかった。17時に駐車場を出てスムーズに18時に帰宅した。

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

190714 T-REEF D02 #02

  • Legen 7’10 TRI
  • 04:30am - 07:00am
  • Small to Shoulder
  • Off Shore Wind
  • Deuce: 3/3mm Full & FCS Cap

 

今年2回目のエントリー。1/31にスノボーで左足アキレス腱を痛め、3/15に縫合手術。6/3にサポート装具解除。ウォーキングから始めてクロスバイク、マンテンバイク、ロードバイク、スイムなどのリハビリに努め、毎朝のストレッチから太陽礼拝ヨガに励んだ。昨年のボートトリップ後の体重78kgが現在83kgで体重管理に四苦八苦している。ヨガ後のテイクオフ動作運動もなんとか出来るようになり、海行きを決心した。情けなくも乙女Pのインサイドにステーして小ぶりな波を集めた。左足首の違和感は想像以上にライディングに影響し、まともに走れない。それでも10本以上はキャッチし、ラストウェーブはラインをメイクした。顔見知りがアウトサイドピークから乗り込んできて、僕の横をパドルバックしていく。心は踊らないが、またこの場所に戻れたことに感謝すべきだ。

 

| | コメント (0)

2019年1月11日 (金)

190109 Wed. SHICHIRI D01 #01

P1100074

P1100085

P1100119

P1100126

P1100073 P1100083 P1100095

P1100132 P1100133 P1100140

 

Legen 7’10 TRI

12:15pm - 14:00pm

Small to Shoulder

Off Shore Wind

Deuce: 3/5mm Full, FCS Cap, Boots & Grove

 

この場所にはスタイルが満ち満ちている。色々な楽しいボードデザインが使われ、ライディングスタイルもバラエティーに溢れている。素晴らしい天気、陽射し、ビュー、笑顔。得難い場所だ。僕はというと、年末年始の体重増とセミドライスーツとブーツのせいでテイクオフもままならない。ストレッチ、ヨガ、ランニング、ウォーキング、節酒、節食に励まなければ、ナイスフィーリングは得られない。

ところで、このファインな日に新丸子パワーズの小杉くん、辻堂からマッチャン、そしてコアレディーのまりえさんに会えた。今年もヨロシクな午後だった。

| | コメント (0)

2018年12月27日 (木)

181226 Wed. T-REEF D62 #67

P1090849

P1090858

After Christmas Day

Byrning Spears AB 7’4 QUAD

09:30am - 11:30am

Small to Shoulder

Off Shore Wind

Deuce: Dry 3/3mm Full Suit, FCS Cap & Grove

 

石井ちゃんと9時に待ち合わせた。丘の上から見た波はライトPが良さそうだった。レフトに乗ってから移動しようと思ったが、二人とも全然乗れないまま北側に移動した。セット間隔は長いがごくたまに素晴らしいセットがやって来た。僕は3本ほど最高なセットに最低なテイクオフだった。ショートボーダーが一人でエントリーしてきて、僕達はレフト側からビーチに上がった。2018年最後の波乗りになるのかもしれない。明日から一泊で孫たちを連れて水上にスキー&スノボートリップだ。

P1090853 P1090866 P1090868

| | コメント (0)

2018年12月19日 (水)

181218 Tue. T-REEF D61 #66

P1090683

Byrning Spears AB 7’4 QUAD

11:30am - 14:00pm

Small to Head and more

Off Shore to No Wind

Deuce: Dry 3/3mm Full Suit & FCS Cap

 

チャンス日がやってきた。湘南もサーフアップだけど冬シーズンを迎える灯台の波が恋しかった。気温は10度で温かいが北西風が強い。畑澤くんが上がってきて見た目より乗りづらいと教えてくれた。昨シーズンは一度も着なかったドライスーツを選んだ。アンダーはジャーフル時と同じショーツとアンダーアーマーのTにした。水温は16度位とのことなのでグローブはしなかった。同じタイミングでローカルのサーファーガールとエントリーした。1本目のセット波で右奥の彼女を確認して、胸のそり具合で行けないと判断してテイクオフしたが、結果前乗りしてしまった。その後もシーズン最初のドライスーツに手こずり、テイクオフが決まらない。20本位キャッチして綺麗にテイクオフが決まったのは2本だけだった。後半は風が止み波はフレンドリーになったが、疲労からパワーロスで旨くいかなかった。ハイタイドが12時半で潮が多すぎて、ピークから乗ってもショルダーが張らなくなってしまった。それでも貴重なインディアンサマーで波も風も良く、グッデーだった。駐車場ではサーファーガールと気持ち良く挨拶が出来た。年内にもう一度だけでもこの場所でサーフしたい。

P1090658 P1090663 P1090667


P1090674 P1090676 P1090686

| | コメント (0)

より以前の記事一覧