カテゴリー「サーフィン」の記事

2017年11月30日 (木)

171126-9 Sun. HACHIJO D58-61 #63-8

P1060594

P1060596

P1060610

DHD 6’2 Tri

KOZO 6’6 Tri

Sideoff or OnshoreWind

腹胸から頭オーバー

Deuce: Full 3mm

TACOS Point

 

11/26

1R 10:00-13:00pm by 6’2 肩サイズ

11/27

2R 10:00-10:30am by 6’2 No Ride at Kaizer

3R 11:00-13:30pm by 6’2 肩サイズ

11/28 Onshore Day

4R 07:00-10:00am by 6’6 頭オーバー

11/29 Sideoff Day

5R 06:30-9:30am by 6’6

 

茅ケ崎チームとガーデン荘で一緒になった。長年通っているのにタコスの波は僕には難解で、奥のゾーンで良い波をつかまえるサーファーを見つめた。最終日は風が西に変わりパーフェクトデーとなった。早朝の2時間を一人でサーフした。30本キャッチして10本ワイプアウト、10本クローズ、10本メイクした。終盤には緑川くんや坂本さん、冨永さんらが入ってきてにぎやかになった。この島に来るたびに、波乗りをやり直そうという気持ちにさせられる。日々の鍛練だ。

P1060598 P1060608 P1060634


P1060682 P1060684 P1060687


P1060688 P1060690 P1060691

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

171112 Sun. MARUKI D57 #62

P1060337

P1060427

P1060414

 

NSSA 秋季学生選手権

 

KOZO 6’6 Tri

Offshore Wind

腰腹胸

Deuce: Full 3mm

 

予選1Round敗退だった。ファーストライドはレフトのショートライドだったがちょっとムーブが入り、バックアップ波でラウンドアップできる手ごたえを得た。ボードも体調も波も良かった。インターフェアーを恐れて板を引いた波と、キャッチ出来なかったセットセット。右側のライトウェーブゾーンから左側のレフトゾーンでのウェイティング。もっとアグレッシブに戦えば楽勝だったと悔いばかりが残る。この試合を最後に公式戦から引退すると心に決めて臨んだ。12分間の波と自分とライダーと時間との戦いは濃厚だった。4年間のコンペティション経験は悪くなかった。

P1060351 P1060378 P1060388


P1060413 P1060415 P1060417

P1060437 P1060428_2 P1060450

| | コメント (0)

171111 Sat. CHIKURA D56 #61

P1060325

P1060327

P1060328

 

KOZO 6’3 Tri

15:30 - 16:00pm

Offshore Wind

腹胸

Deuce: Full 3mm

 

明日の試合のためにショートエントリーした。混雑と波の取り合いの中、5本乗って上がった。

| | コメント (0)

2017年10月31日 (火)

171030 Mon. K-REEF D55 #60 by T22

P1060204


P1060209


RIP CURL 7’6 Tri On

07:30 - 10:00am

Offshore Wind

肩頭 set Over Head

Deuce: Full 3mm with FCS Cap

 

久しぶりの7’6はフィットした。コーナーピークより最奥のブレイクが機能した。150分で6本メイクし内3本はグッドラインだった。今日のコンディションとしては上出来だ。川島さんは東側のポジションで待ち続けたがチャンスは少なかった。5本目は遅れてエントリーしてきた林師匠が腹すべりからスタンダップしてエンドまで走るのを後ろから見ながら滑った。雄三くんと知世さんは大崎へ。キンちゃんもヒデも大崎。濱田さんはエントリーしてこなかった。僕はKが出来る時は迷わずKでやる。Kが好きで迷うことがない。ここ数年、リアルなKに出会っていない。辛抱強く待ち続けよう。

P1060208 P1060212 P1060215

| | コメント (0)

2017年10月27日 (金)

171016-23 Mon. NIAS D48-54 #50-9

P1060083

P1060079

P1050988

Img_5127

 

KOZO 6’8 Tri

Mickey 7’4 Tri

No, Off, Side Wind

2 to 6 Feet

Swim Short, T & FCS Cap

 

10/17

R1 17:00 - 18:30pm by 7’4 肩頭

10/18

R2 09:00 - 10:30am by 6’8 頭半

R3 15:00 - 17:00pm by 7’4 3 to 6 Feet

10/19

R4 07:00 - 08:30am by 7’4 3 to 6 Feet over

R5 13:00 - 15:00pm by 6’8 4 to 5

10/20

R6 06:00 - 08:30am by 6’8

R7 13:00 - 15:00pm by 6’8

10/21

R8 12:45 - 13:45pm by 7’4

10/22

R9 06:00 - 07:30am by 6’8

Img_4951 Img_4958 Img_5121

Img_5129_2 Img_5133 Img_7064
Img_7407 P1050960 P1050979
P1050990 P1060005 P1060029




盟友カズゥ、ショー松本、飯田・横田・藤田・松本チーム、タケシくん、そして、アントン、ラヘル、トビー、オジャたちローカルトップサーファーとのふれあいに恵まれた。4 Feet Over のリアルウェーブのピークからは行けなかった。エクセレントサーファーに囲まれてポジションとタイミングがつかめなかった。最奥のピークからメイクした波、カズゥのインサイドからの波、アントンのサインで乗ったビッグショルダー、小ぶりだけどパーフェクトな波、オジャがブロックをかけてくれたグッドウェーブ、じたばたと6日間 9ラウンドをこなした。キャリーバッグが3日目の夜に到着したり、グインヌショトリ/メダン便で再びキャリーバッグが不着で次便で事なきを得たり、Tobyの宿が快適でなかったり、Agodaで予約しておいたメダン空港至近のCREW HOTELが当たりだったり、ストレスまみれのソロトリップは充実していて概ね順調にこなすことが出来た。なにより波に恵まれたのは僥倖だった。前週は小波だったそうだ。
この場所はネシアで一番気になる場所だった。ワンピークで自分のリズムでサーフすることは叶わないが、クオリティーは最上の波だった。再訪が叶うか否か、今は分からない。ダイエットとトレーニングに精進しよう。

| | コメント (0)

2017年9月29日 (金)

170928 Th. CHISAN D47 #49

21397689_10155694787919754_215869_2

DT Scorpion 6’8 Tri

15:30pm to 17:30pm

Strong NE Offshore Wind

and more

Deuce: Spring

With Michie Iida

 

自宅を13時半に出た。クロスバイクを積んでデンタルイイダを目指した。強風に煽られてワイドスウェルがブレイクしている。DTはフィットするかと思ったが実際はボードの出だしが鈍くてグッドウェーブを何本も取られた。ピークでマサヤ、オグマ、さらにはフージーに会った。パドルをさぼるとあっという間にチーパーまで流された。終盤ビーチに乗り込んで歩いて河口まで戻った。ゲッティングはしょっぱいがローテーションの合間に沖に出られる。セット波をつかんで一度上がったがミッチーはまだ沖に居るらしい。再度パドルアウトした。辺りはどんどん暗くなる。ラスイチを掴めないままビーチを目指した。フージーが食事に誘ってくれたが、里心が湧いて帰宅の途についた。

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

170909 Sat. T-REEF D46 #48

P1050842

 

KOZO 6’6 Tri

11:30am to 13:00pm

On shore wind

腰腹

Deuce: Spring & FCS Cap

 

期待していたよりサイズが無かった。エントリー時にはオンショアーも強まった。海水は温かいとビーチメンバーが言っていたが本当にぬるかった。大会のシュミュレーションで12分ごとにイメージトレーニングしながら波を選んだ。たまに入るセットセットにリズムを合わせることが出来なかった。90分間一人きりでパドルを続けた。秋が深まればこの場所にパキパキの固いフェースのスウェルがやってくるだろう。

P1050844 P1050845 P1050850

| | コメント (0)

2017年9月 8日 (金)

170907 Th. CHISAN D45 #47

 

KOZO 6’6 Tri

11:30am to 13:00pm

無風

腰腹

Deuce: Spring & FCS Cap

With ミッチー飯田

 

Giant クロスバイクをテールに載せて、修理上がりのKOZO6’6の試乗と小波訓練を兼ねてイイダデンタルクリニックを目指した。久しぶりの湘南クルーズは快適だった。ブレイクはまずまずでセット波はかなりの距離を乗れる。フージーもエントリーしているはずだが見つけられなかった。波取りは結構シビアーなので波数の少ないゾーンで小さ目の波に的を絞って数を集めた。前半のベストライドは数ターン後のトップターンが軽快に決まって気持ち良かった。デッドローを過ぎて波の形がダウンしたところでビーチに上がった。ミッチーに“梵”で煮干しラーメン、チャーシュー丼付をおごっていただき、彼のリビングでコーヒーをご馳走になった。気の置けないメンタメイトとの時間はゆったりと過ぎて行った。

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

170902 Sat. SHICHIRI D44 #46 by T15

P1050831

P1050832

 

Legen 7’10 Tri

15:00pm to 17:00pm

Offshore Breeze

胸肩

Deuce: Short Johan, T & FCS Cap

 

孫たちとヨーナスガラスビジョンのセールに出向き6点購入した。七里にはグッドウェーブが押し寄せていたがとんでもなく混雑していた。何本か乗れるだろうとたかをくくって正面Pにエントリーしたが、1本乗るのに60分以上かかった。ジャストポジションからパドルしても前後左右のサーファーにブロックされて立てない。後半はロアから峰ヨコへ移動して何本かメイクした。家族との待ち合わせ時間があっという間にやってきた。ビーチには観光客がいっぱいだ。ハイシーズンのウィークエンドの湘南は大変だ。

P1050834 P1050835 P1050836


P1050837 P1050839 P1050841

| | コメント (0)

170901 Fri. NISHIHAMA D43 #45 by T15

P1050807

P1050825

 

Legen 7’10 Tri

15:00pm to 15:45pm

Strong NE Wind

Head and more

Deuce: Short Johan, T & FCS Cap

 

冷たい北東風が吹き荒れ、スウェルはワイドでワイルドコンディションだった。1本目はボトムをクリアーした瞬間にパーリングして、しこたま巻かれた。テイクオフは僕には難解で気持ちがダウンした。右往左往してジタバタしている内に上げ潮にのってサイズアップ。ラスト1本と決めてレフト波をメイクしてビーチに上がった。こんな日は無理をしないことだ。

P1050812 P1050814 P1050816


P1050817 P1050820 P1050828

| | コメント (0)

より以前の記事一覧