カテゴリー「サーフィン」の記事

2017年9月11日 (月)

170909 Sat. T-REEF D46 #48

P1050842

 

KOZO 6’6 Tri

11:30am to 13:00pm

On shore wind

腰腹

Deuce: Spring & FCS Cap

 

期待していたよりサイズが無かった。エントリー時にはオンショアーも強まった。海水は温かいとビーチメンバーが言っていたが本当にぬるかった。大会のシュミュレーションで12分ごとにイメージトレーニングしながら波を選んだ。たまに入るセットセットにリズムを合わせることが出来なかった。90分間一人きりでパドルを続けた。秋が深まればこの場所にパキパキの固いフェースのスウェルがやってくるだろう。

P1050844 P1050845 P1050850

| | コメント (0)

2017年9月 8日 (金)

170907 Th. CHISAN D45 #47

 

KOZO 6’6 Tri

11:30am to 13:00pm

無風

腰腹

Deuce: Spring & FCS Cap

With ミッチー飯田

 

Giant クロスバイクをテールに載せて、修理上がりのKOZO6’6の試乗と小波訓練を兼ねてイイダデンタルクリニックを目指した。久しぶりの湘南クルーズは快適だった。ブレイクはまずまずでセット波はかなりの距離を乗れる。フージーもエントリーしているはずだが見つけられなかった。波取りは結構シビアーなので波数の少ないゾーンで小さ目の波に的を絞って数を集めた。前半のベストライドは数ターン後のトップターンが軽快に決まって気持ち良かった。デッドローを過ぎて波の形がダウンしたところでビーチに上がった。ミッチーに“梵”で煮干しラーメン、チャーシュー丼付をおごっていただき、彼のリビングでコーヒーをご馳走になった。気の置けないメンタメイトとの時間はゆったりと過ぎて行った。

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

170902 Sat. SHICHIRI D44 #46 by T15

P1050831

P1050832

 

Legen 7’10 Tri

15:00pm to 17:00pm

Offshore Breeze

胸肩

Deuce: Short Johan, T & FCS Cap

 

孫たちとヨーナスガラスビジョンのセールに出向き6点購入した。七里にはグッドウェーブが押し寄せていたがとんでもなく混雑していた。何本か乗れるだろうとたかをくくって正面Pにエントリーしたが、1本乗るのに60分以上かかった。ジャストポジションからパドルしても前後左右のサーファーにブロックされて立てない。後半はロアから峰ヨコへ移動して何本かメイクした。家族との待ち合わせ時間があっという間にやってきた。ビーチには観光客がいっぱいだ。ハイシーズンのウィークエンドの湘南は大変だ。

P1050834 P1050835 P1050836


P1050837 P1050839 P1050841

| | コメント (0)

170901 Fri. NISHIHAMA D43 #45 by T15

P1050807

P1050825

 

Legen 7’10 Tri

15:00pm to 15:45pm

Strong NE Wind

Head and more

Deuce: Short Johan, T & FCS Cap

 

冷たい北東風が吹き荒れ、スウェルはワイドでワイルドコンディションだった。1本目はボトムをクリアーした瞬間にパーリングして、しこたま巻かれた。テイクオフは僕には難解で気持ちがダウンした。右往左往してジタバタしている内に上げ潮にのってサイズアップ。ラスト1本と決めてレフト波をメイクしてビーチに上がった。こんな日は無理をしないことだ。

P1050812 P1050814 P1050816


P1050817 P1050820 P1050828

| | コメント (0)

170825 Fri. TSUJIDO D42 #44

 

KOZO 6’4 Tri

09:15am to 10:45am

No Wind

Small Waves

Deuce: Short Johan, T & FCS Cap

 

マノプロジェクトの打合せが11am@T’S HOUSING with 中富さん。14pm@自由ヶ丘デニーズ with 斉藤くん。逆算して7時半に出発して9時に第一駐車場に滑り込んだ。たまにサイズの有るセットが入るがワイドで乗れない。レフトにバックサイドでトップターンを2回決めたのが唯一のまともなライドだった。小波にちょっと対応出来た手ごたえはあった。Uttz’s Surf GarageKOZO6’6の修理ボードをピックアップした。素晴らしい仕上がりだった。

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

170805 Sat. NISHIHAMA D41 #43 by T5

 

Legen 7’10 Tri

06:00am to 07:30am

No Wind

Shoulder to Head

Deuce: Short Johan, T & FCS Cap

 

4時に起きて4時半にホテルをでた。5時の時点で七里から稲村ヶ崎のパーキングは満車で、プリンス駐車場はまだクローズ。波はサイズダウンしていて逗子に向かう気が失せ、七里エリアのパニック感にも嫌気がさし、逃げるように茅ヶ崎へ移動した。波の撮影もチェックをせずにショートジョンとTシャツを着て西浜に向かった。肩頭のセットがワイドに押し寄せていて、たまに切れたブレイクもある。ホームビーチに気持ちをいやされながらエントリーした。インサイドで底ぼれする波は難解だったが、7’10のアドヴァンテージを生かして波数を集めた。先週の日曜日7/30にピークで会ったT&Cボードの若者が極上の波をメイクした。沖で声をかけると嬉しそうな表情を浮かべた。前回と同じようにサーファーが増えてくると楽しさが半減した。終盤、差し乗りでボトムに下りてハイポジションからサイドスリップでセクションをメイクした。まぐれな1本だったなと思い返しながらピークに戻ると、T&Cボーイが満面の笑みでパドルしてきてハンドサインをくれた。昨日のK-REEFのラストウェーブと西浜のこの1本でミッションコンプリートだった。圏央道厚木SAで勝浦タンタン麺を食べて帰宅したのは10時半だった。虫取り、犬の散歩、鳩山祭り、夜は田代夫妻がやって来て、裏庭に上がる花火を見た。長い一日だった。

| | コメント (0)

170804 Fri. K-REEF D40 #42 by T5

P1050386

P1050398

 

Legen 7’10 Tri

15:30pm to 18:30pm

No Wind

Shoulder to Head

T, Swim Short & FCS Cap

 

西浜正面には巨大なスウェルがブレイクしていた。七里のグッドラインナップを横目に見ながら、久しぶりのK-REEFに胸が苦しくなるような期待と不安がこみ上げる。昨年は8/29に一度エントリーしただけだ。16時半の満潮に向かい波数は少なくサイズも大きくない。健五くんが上がってきて、知世さんがサーフチェックに現れモルディブチームが再会した。スモールマッシーなスウェルに対応する為に迷わず7’10をチョイスした。川島さんがプルアウトして雄三くんがラストウェーブでテトラに向かった。中途半端な波に乗り数を集めた。林利夫さんがイエローガンでエントリーしてきた。満潮を過ぎて我慢だと自分に言い聞かせた。夕暮れが迫るとピークには5人。たまにSUPがビハインドから乗り込んでくる。波は段々と形が良くなってきてライディングの距離も伸びてきた。林さんがプルアウトしてスペースを空けてくれた波はミドルセクションで失速しそうになったが、必死にテールを振ってインサイドにつなげた。素晴らしいシェープのラインが続いた。ラストウェーブはリアルウェーブだった。前をゆくロングボードに乗り続けるように声をかけたがプルアウトしてくれた。そこから波はかっちりと張り続けて、インサイドのえぐいセクションでトップからボトムに下りると、さらにテトラに向かってショルダーが伸びた。1年ぶりのパーフェクトロングライドに気分が高揚した。パーキングには林師匠、雄三くん、知世さんがいた。サーファーズトークがスパークした。その夜、藤沢の法華倶楽部に泊まり、8階の大浴場で湯につかり、“かつも”で喜界島の黒糖焼酎と極上のトンカツをいただいた。

P1050369 P1050373 P1050387


P1050390 P1050394 P1050395

| | コメント (0)

2017年7月31日 (月)

170730 Sun. NISHIHAMA D39 #41 by T5

 

EARTH 6’8 Bonzer

04:15am to 06:15am

Offshore Breeze

Set Shoulder

Deuce: Short John, T & FCS Cap

 

土曜日の19時半に寝て翌1時に目が覚めてしまった。2時過ぎに出発して暗い内にエントリー。それでも数人のサーファーが僕より早く海に入った。目が慣れぬ内はマッシーなスウェルにボードが出てくれない。KOZO6’6は最高にフィットしているが種子島でクラッシュしてUttz Garageに修理に出す。久しぶりのEART6’8は浮力たっぷりで今日の波に良く機能した。ターンが重くて閉口したがきっちりとビーチエンドまで乗り込める。1時間ほどはワンマンウェーブで乗り放題だったが、あっという間に激混みとなった。ラストウェーブになかなか乗れない。もっとサーフしたかったが見切りをつけてビーチに上がった。今日は12本テイクオフして9本メイクした。悪くなかった。ウッツ宅にボードを落として帰宅したのは朝の845分だった。

| | コメント (0)

170723-6 Sun. TANEGASHIMA D35-8 #40 by T5

P1050209

P1050244

P1050253

 

家族旅行

 

KOZO 6’6 Tri

At Hungry Point

14:00pm to 16:00pm

Offshore Breeze to No Wind

Head and Half

Deuce: T, Swim Short & FCS Cap

 

家族旅行でグランドスウェルに恵まれた。初日にライジュに連れてきてもらった種子島のメジャーポイント。ピークにはフレンドリーなローカルが一人きり。30分後には自分だけになった。初めてのブレイクに最初は戸惑ったが、かぶり気味なポジションからのテイクオフタイミングをつかんで、波回り良く次々とメイクした。500mほど北側のロックPには5名ほどのサーファーが見える。今回は4日間の滞在でこの1ラウンドだけがオンリーワンのチャンス。ハングリーPに集中した。1本だけライト方向に走ったがゲッティングアウトが苦しい。

ラストウェーブは8本目か?エンドゾーンで腹ばいになって岸に向かったらリーフ帯に引っ張られて体とボードを傷つけた。最高なテイクオフからミドルセクションでのバックサイドの細かいトリミングターンでスピードに乗り気持ちが高揚した。軽率だった。ライジュがアテンドしてくれたらと思った。またこの場所でビッグウェーブに会いまみえる時があるのだろうか?

P1050254 P1050268 P1050270

P1050296 P1050305 P1050331

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

170716 Sun. HEBARA D33&4 #39

SURFER’S TALK

梅雨の晴れ間のBBQ 2017

 

KOZO 6’6 TRI

Too Small Shorebreak

Deuce: Spring Suit & FCS Cap

With Manabe

 

6時に出発してアクアラインの渋滞にはまり、部原到着は正午を回ってしまった。メインPではSUNSET TOWN CUPが開催されていて、どうしようもなくクソ下Pのショアーブレイクにエントリーした。

BBQ15pmからスタートし、37名の参加者を得て和気藹々と楽しい時間を過ごした。翌日は鴨川のマルキの混雑を目にしてヤル気が失せ、JR川崎駅で真鍋くんを降ろして、多摩川沿いを走り環七から帰宅した。13時半だった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧