« 220916-8 Fri. 西浜 稲村 岩井D33-5 #28-30 by T14 | トップページ | 221016 Sun. 鴨川マルキD38 #33 »

2022年9月30日 (金)

220928-9 Wed. K-REEF 辻堂D36-7 #31-2 by T17

P1160294 P1160297

P1160298 P1160301

P1160306 P1160309

P1160314 P1160316

P1160321

AB 7’4 Tri

15:00pm to 17:00pm

09:15am to 10:45am

Face Clean

Small to Head

Deuce: Short John

 

カブネ 逗子マリ7号館に初チェックイン。アウトの波はまとまりが無くテイクオフポジションがままならない。夕方のハイタイドに向けて整うことを祈ったが、今日は昼前後がベストタイムだったのだろう。2時間粘ったが突き抜けたライディングは無かった。シャワーを浴びて記念の一人ディナーをMalibu Farmでいただいた。たまに飲むカリフォルニアワインが美味かった。

 

辻堂  朝8時半に出発。ハイタイドの七里は全域フラット。急激なサイズダウンだった。辻堂橋前Pは静かだが、たまに入るセットはライダブルだった。連絡を取り合っていたアケ柄澤にエントリーする旨伝えた。橋正面より東側のサンドバーに良いスウェルがヒットする。ロンガーとバトルしてもしょうがないので、ちょっと西側に外してセットセットを待つ。1本目はレフトウェーブを自然な感じでライドした。その後もノーストレスで波数を集めることが出来た。

良いライトウェーブでファンボードの彼の前乗りをした。ビーチエンドで謝ると笑顔だった。終盤東風が入る頃、ウッツがエントリーしてきた。僕は11本目くらいの波に乗りビーチに上がった。アランバーンの7’4は小波でも充分機能する。来月のコンペで少なくてもノーライドということは無さそうだ。

|

« 220916-8 Fri. 西浜 稲村 岩井D33-5 #28-30 by T14 | トップページ | 221016 Sun. 鴨川マルキD38 #33 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 220916-8 Fri. 西浜 稲村 岩井D33-5 #28-30 by T14 | トップページ | 221016 Sun. 鴨川マルキD38 #33 »