« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月26日 (金)

220824-5 Wed. 西浜&辻堂 D28-9 #23-4

AB 7’4 Tri

14:00pm to 14:45pm

05:45am to 08:15am

Face Clean

Small to Chest Over

Deuce: T & T

 

西浜に向かっているとウッツからコール。ジョインしますと。コインパで集合してセンターPへ。上げ潮にバックウオッシュがはいるショアーブレイクサーフィンだった。ウッツは上手にキャッチするが僕はボードが出ずにダメダメだった。強い雨とオフショアーで終了した。その後、川南カツさんのプリモ7’4を受取り茅ケ崎デニーズへ。夜は藤沢の法華倶楽部にチェックインして大浴場に入り、中富さんと北口のJAMIN’でホッピー、カルパッチョ、チーズキーマカレーを食べた。

翌朝は4時に起きて辻堂に向かった。鎌倉ゾーンはサイズが上がらずに断念した。今回の台風10号の進路ではスウェルダイレクションが湘南は死角になる。辻堂正面をチェックすると一瞬フラットに見えた。しかしセットが入るとライダブルだ。デッドーローは10時なので西浜はまだブレイクしていない可能性が高い。さんざん迷ったが心を決めて橋前Pにエントリーした。乗れない。ビーチブレイクの小波は僕には本当に難しい。と、明治サーフの後輩の加藤くんが現れた。モリ武田もこれから来るという。スイッチが入ってだんだん乗れてきた。そこに1.5Pのリーダー、たっちゃんが登場。加藤くんを紹介すると、小宮衛が来るのだと。迷いに迷って入ったポイントに明治サーフの後輩3人が集まった。グレートデーとなった。それからの30分間がベストタイムで胸オーバーのセットセットを2本見逃し、2本キャッチした。もっと良くなるかと思ったが潮止まりの時間帯でスモールとなった。エントリーしてから2時間半が過ぎて右肩に痛みがでた。ビーチに上がると気持ちが静まった。サイズアップはしなかったが、濃い2ラウンドだった。

11時に帰宅し午後出社した。14時から62期の決算ミィーティングと定例取締役会だった。

20220824_131032 20220824_131022

20220824_191119 20220825_052342

20220825_052131 20220825_052344

| | コメント (0)

2022年8月22日 (月)

220818-9 Th. T-REEF D26-7 #21-2

P1160203 P1160204 P1160205

P1160207 P1160211 P1160212

P1160213 P1160217 P1160219

AB 7’4 Tri

16:30pm to 18:30pm

06:15am to 08:00am

Face Clean

So Small

Deuce: Short John

 

午前中の雨がやみ午後から晴れた。20pmのハイタイドにむけて上げ際のサイズアップを願ったが終始スモールだった。僕より10分早くエントリーしたロコはインサイドで波数を重ねていた。僕はテイクオフが無様で波の選択もダメダメだった。後半、彼のアウトからグッドウェーブをキャッチした。スタンディングはもたついたが、レフトへ数ターンしてからライト方向へトリミングを重ねて限界エリアまでロングランした。久しぶりのアランバーン黒川シェープはこんな小波でも軽快に反応してくれた。来月の中旬まではこのボードに集中して乗ろうと思った。終盤ショートボーダーが二人やってきた。4人は適度なエリアを確保してサーフした。30分間気持ちが持つかなと懸念したサイズだったが、2時間波乗りした。パーキングではカズオさんが、今日はアルトサックスの練習をしていた。クレインにチェックインして大風呂に入り、坂を下った。天下一ラーメン店でタンタンメン、餃子、半ライス、麒麟中瓶をいただいた。

翌日は5時に起きて6時すぎにエントリーした。昨日と同じショートジョンで最初は海水がピリッと冷たいがすぐに慣れた。9時のデッドローに向けてベストタイミングだった。ピークメンバーは誰も現れず、半七さんだけが僕と入れ替わりでビーチに上がった。ピークにはショートボーダーが7名。僕は相変わらずスパッとしたスタンディングが決まらない。終盤はピークに僕ともう一人だけになった。朝の挨拶がきちっと出来るサーファーだった。彼はインサイドに的を絞っていたが、センターにセットが入りだしてポジションを移動した。さらにアウトで粘る僕に向かって幻の胸肩セットがやってきた。テイクオフが決まりエンドゾーンまで乗り込んだ。ちょっと痛みのある右肩に疲労がたまったが、ロングパドルでピークバックした。今回、新品のDeuce 3/3mmフルジャーを持参したが、テイクオフ不調の今、着る気になれなかった。もう少しサイズがあるグッドデーで着てみよう。ビーチに上がるとまだ8時。ゆく夏を慈しむ人たちがそれぞれの海を楽しんでいる。午前中に帰宅して、庭の芝刈りと菜園の草刈をした。気持ちの良い大汗をかいた。

| | コメント (0)

2022年8月17日 (水)

220813-5 Sat. SHIMODA D23-5 #20

1660520963362

SIC 6’4 Tri

Face Clean

Small

Deuce: T-Shirt & Trunks

 

8/13 台風8号が伊豆を直撃した。午前中に出発すれば大丈夫とセルフジャッジして8時半に出発した。元太家は沼津のシーラカンスミュージアム経由で下田プリンスで合流した。チェックイン時刻まで時間があるので、鍋田海岸から下賀茂道の駅、弓ヶ浜を回った。幸い14時にチェックイン出来て、大浴場やトランプをして夕食を待った。眼下のホテル下Pには台風スウェルが押し寄せていた。翌朝は曇り空。ハイタイドの海はサイズダウンした波がブレイクしていた。イズー&カワズーを回るうちに陽射しが差してきた。午後にエントリーしたホテル下ビーチの海水は冷たかった。リーフミックスのボトムなのでブーツをはいた。颯太のボディーボードを何十回も押した。颯太は波を滑る感覚に夢中になった。サーファーの誕生だ。その後、ホテルのプールで遊び、近くの店で遅いランチをした。夕刻、ハイタイドに向かう時間帯に6’4でエントリーしたが、まったくのロング波で1本も乗れなかった。ロンガーたちは喜々としてパーフェクトウェーブと戯れていた。

翌朝は快晴で陽射しと蝉時雨に満ち溢れていた。元太家は白浜に歩いて海水浴とボディーボードとサーフィン。僕とK子は9時に家路についた。

| | コメント (0)

2022年8月 8日 (月)

220803-5 Wed. SHIMODA D20-2 #19

SIC 6’4 Tri

Face Clean

Small

Deuce: T-Shirt & Trunks

 

2泊3日で下田へ海水浴。8/3 午前中は沼津のシーラカンスミュージアム。午後に吉佐美大浜へ。天気が良く陽射しが強い。櫂&航はショアーブレイクと戯れて大喜び。潮が引いて南側の岩場ゾーンも砂浜伝いに行けた。水温はちょっと冷たくて身体が冷える。弓ヶ浜のオーシャンフロントの宿にチェックインして、子供たちに乞われてビーチへ。内海なので波は小さく、僕はビーチから小一時間ウォッチガード。

8/4 吉佐美多々戸。サイズのあるショアブレイクが入り。サーフゾーンで30分ほどサーフした。波はロング向きでショートで乗るのは至難の技だった。僕のウェイティングポジションに入り込んでパドルインする輩がいて閉口した。1本無理なテイクオフでワイプアウトしてレールが左耳にヒット。物凄く痛かった。

”小川“で鰻ランチして宿に戻った。ゆっくり休憩する間もなく、また子供たちとビーチへ。

8/5 吉佐美大浜へ。風が北に回りフェイスラフだがサイズアップ。櫂&航は喜々として波に巻かれている。理はボディーボードで繰り返し波をキャッチしている。1時間半ほど海に入りぱなしで、僕はビーチに座りウォッチし続けた。昼は鍋田ビーチの関西うどん民芸へ。とっても美味しかった。帰路は再び天城越えで新東名へ。圏央道相模原付近の通行止めのサインを見て、御殿場ICで降りて富士五湖周遊道路に入り中央道回りで帰宅したが、まずまずスムーズだった。鶴ヶ島の丸山家には19時半に着いた。事故無く旅行を終えた。

| | コメント (0)

2022年8月 2日 (火)

220801 Mon. NISHIHAMA D19 #18

SIC 6’4 Tri

15:00pm to 16:00pm

SW Onshore Wind

Chest High

Deuce: T-Shirt & Trunks

 

オンショア波だがちょっとファンだと思った。8月初日の西浜の砂浜は熱く焼けていて、渚近くまでビーチサンダルで歩いた。久しぶりのショートボードだが今日のコンディションには合っている。底ぼれするブレイクに手こずったが10本ほどキャッチして5本くらいスタンディングした。ボードコントロールが心もとないが、今週の伊豆下田で矯正調整をしようと思っている。

| | コメント (0)

2022年8月 1日 (月)

220728-9 Th. T-REEF D17-8 #16-7

P1160080

P1160079 P1160076

SIC 8’6 Tri

15:30pm to 16:45pm

04:30am to 07:00am

No Wind

Small and More

Deuce: Short John

 

7/28木曜日、14:30pmに到着したが雷雲発生中でノーサーフでとライフガードから言われた。15時過ぎには雷雲が行き過ぎる予報。15時半に横浜ナンバーのバンがパーキングエンドに車を停めて、ロングボーダーがエントリーしていった。17時にはハイタイドを迎えてしまうので、僕もセルフジャッジでエントリーした。波はスモールファンだが、ロンガーの動きがせわしない。8月の宮崎での全日本選手権にでも出場するのかもしれない。僕は彼とバッティングしないようにディープポジションにステーした。久しぶりのロングボードはパドリングの重心ポジションが悪いのか、テイクオフの滑り出しで波に置いていかれる。ハイタイド近くなると波数が減り、ライトウェーブで乗り込めるところまで粘ってビーチに上がった。ホテルクレインにチェックインして大浴場に入ってから、ホテル至近の大将鮨に向かった。僕は一見の客だったが、ノーストレスで美味い鮨と酒を頂いた。

7/29金曜日

朝霧でまったく波チェックが出来ない。暗い中、準備していると半七さんがやって来た。霧の中にエントリーするとピークには先客がいた。波は昨日よりサイズアップしてなかなか良い形でブレイクする。ただしロングボードの取り回しには苦労した。終盤にアオさんとキタさんが入ってきた。久しぶりの再会だった。長く続けていると色々な出会いがあるなぁと思った。

| | コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »