« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月22日 (金)

220720-1 Wed. T-REEF D15-6 #14-5

Img_1076 Img_1083

Img_1084 Img_1086

Img_1095 Img_1088

Legen7’10 Tri

16:30pm to 18:45pm

04:00am to 07:00am

No Wind

Small to Head

Deuce: Short John

 

13時から第6回会社説明会で6名の学生に対してスピーチした。帰宅して自宅発は14時半だった。6/5の合磯P以来の波乗り。6/16は灯台Pの波が底ぼれしていてNO SURFだった。それからあっと言う間に真夏になってしまい、海への気持ちが高まらずにラグビー&自転車の日々。先日、ようやくスノーボードと秋冬のサーフグッズの整理を終え、やっと波乗りしたい気持ちが湧いてきた。

7/20は14時が干潮で20時が満潮。夕方、風が西に変わる予報でチャンスだと感じた。16時過ぎに到着し無人のピークにエントリーした。たまに入るセットは肩サイズでパーフェクトにブレイクする。久しぶりの7’10と軽いショートジョンのお陰で、スムーズにテイクオフ出来る。後半に4名ほどエントリーしてきた。タイドが上がると波数が減った。それまでに10本ほどキャッチして何本かはナイスライドだった。茨城のソウルフードと言われているスタミナラーメンを食べてから、ホテルクレインにチェックインした。

7/21は朝3時15分に起床。ストレッチを終えてまだ暗い内に出発した。昨夜約束していた石井ちゃんと同時に駐車場に着いた。生乾きのショートジョンでエントリーした。気温24度だが海水温は冷たくない。干潮が3時で満潮が9時。最初は波数が少なくじりじりとした時間を過ごした。明るくなるとまずはヤナイさん、小川さん、そして半七さん、マッチャンの順で入ってきた。潮が動くとコンディションが良くなり、セットセットの波は最高なクオリティーだった。昨日は調子が良いと感じたが、リアルウェーブに対峙するとミスばかりだった。1本だけセンターからレギュラーに走った波が印象に残った。たまに現れる僕に地元ローカルの面々は温かく接してくれるのが嬉しい。後半は酷使した右肩が痛くなりインサイドブレイクをキャッチしてビーチに上がった。

| | コメント (0)

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »