« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月17日 (金)

220616 Th. T-REED D14 #13

No Surf

SW Side Off Breeze

Head and more

 

オッチンと鳩山ハウスに朝5時集合と約束していたが、彼の膝に違和感が発生しソロトリップとなった。サイズが有りそうなのでLegen7’10を積み込んだ。T-REEFアウトには6名ほどステーしていたが、底掘れするパワーブレイクで誰も乗れていない。ギブアップしてサンビーチを目指して移動した。途中思いついて阿字ヶ浦をチェックした。立入禁止の北浜に楽しそうなパーフェクトブレイクを発見したが、しばらく逡巡して自重した。サンビーチの駐車場はサーファーと釣り師と貝拾いの人々でにぎわっていた。基本ワイドダンパーでエントリーポイントまで遠く、まったくモチベーションが湧かない。今日はノーサーフと決心して、涸沼の西側を北上して、岩間ICから常磐道に乗った。

Img_0916

Img_0917 Img_0918

| | コメント (0)

2022年6月 6日 (月)

220604-5 Sat. TOYOMA D12-3 #12-3

Img_0838 Img_0842

Img_0845 Img_0849

Img_0850 Img_0855

AB7’4 Tri

16:30pm to 18:00pm

08:45am to 09:45am

NE Side Off Wind

East Onshore Wind

Head and more

Deuce: 3/4mm & 3/3mm Full

 

合磯カットPは無人だった。アウトサイドピークはヘッドオーバーで、ソロエントリーするのがちょっと怖かった。海水温は茨城より冷たい。さらにヤマセの北東風も冷たい。ボードが出ない感覚は昔と変わらず、テイクオフが難解だ。北側のセンターピークまで数十メートルが遠い。精神的にやられてしまい、パワーブレイクに近づけない。こんな時にはバディーがいて欲しい。ラウンド中、集中力が湧かずにゴーフォーイットな気持ちになれなかった。久しぶりのポインテッドノーズの板は不安定だった。ラストウェーブでどうにかスタンディングしてビーチまで乗り込んだ。

翌朝は予報通りストレートオンショアの東風。曇り空の暗いビーチにサーファーが二人エントリーしていった。観察するとやはりトップが崩れるくらいのポジションからテイクオフしている。岬側のエントリールートでアウトサイドに出る。最大セットにボードを合わせたがスタンディング出来ずにワイプアウト。ミドルからはピークが厚くてボードが出ない。バタバタしている内にまたまた僕一人になった。昨日と同じようなラストウェーブでビーチまでメイクした。

いわきグリーンフィールドまでは12km。大学ラグビー春季大会明治対東海を観戦する。スタジアムには並木夫妻が待っていてくれた。越智さんも現れた。試合後に越智&木村の日本政策金融公庫チームをJR湯元駅まで送った。それから230km走って18時に帰宅した。

| | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »