« 210706-8 Tue. TACOS ISLE D30-2 #30-3 | トップページ | 210730-31 Fri. T-REEF D34 #35 »

2021年7月27日 (火)

210726 Mon. NISHIHAMA D33 #34 by T8

224681654_10159360696889754_460061211831

AB 7’4 TRI

ENE Side Off shore wind

Head and More

Deuce: Trunks & T

 

7/27火曜日。

千葉志田下五輪会場で行われている男子セミファイナルをタブレットで観戦している。ガブ・メーディーナを相手に追い詰められたカノア五十嵐は残り7分で大きく、高く、長いエアーリバースを決めて9.33のハイエストスコアーをマークして逆転勝利をあげた。台風8号からの東北東スウェルは力強い。

昨日の午後、ワンチャンスと見定めて15時に西浜にエントリーした。大潮のロータイドは正午、ハイタイドは19時。ベストタイミングだ。ゲッティングアウトゾーンを探してビーチセンターへ歩いた。スウェルはワイドなパワーウェーブだがライダブルだ。地元のサーファーガールが右奥からライトウェーブに乗り骨太のラインを描いた。5本パドルインして1本、ライトウェーブをキャッチした。サーファーガールが遠くから同じ波にパドルインしたが、充分な距離があり、テイクオフした。ボトムターンからフェイスを走りアイランドプルアウトとなった。今日のフィンセッテングはいつものクアッドではなくトライをチョイスした。深いターンに安定感を感じた。ゲットハードであっという間に疲労した。北東風に乗ってスピーカー前から柳島方面に流される。いったんビーチに上がり漁港側へウォークバックした。少し体を休めてからリエントリーした。センターほどのお化けセットはあまり入らず、セットがやむとい比較的イージーに沖に出られる。テイクオフのインパクトもほんのちょっとフレンドリーで数本連続してレフトウェーブをキャッチした。そして形の良いピークからライトへ乗った。ボトムでトライフィンらしいターンが伸びてラインに入った。ジュースとの競争で細かくトリミングして捕まらないようにポケットゾーンに出てそのままエンドゾーンまで走るロングライドとなった。その後は良い波でボードが滑りだしても奥を取られてリズムに乗れなかった。ベストライディングに満足してハングリーな気持ちが失せたのだろう。波は有り余るほどだがビーチに上がった。

帰宅直後に五輪柔道73Kg級決勝が始まった。大野将平が9分24秒にジョージアのライバルから技ありを決めて優勝した。

|

« 210706-8 Tue. TACOS ISLE D30-2 #30-3 | トップページ | 210730-31 Fri. T-REEF D34 #35 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 210706-8 Tue. TACOS ISLE D30-2 #30-3 | トップページ | 210730-31 Fri. T-REEF D34 #35 »