« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月27日 (木)

210526 Tue. NISHIHAMA D25 #25

SIC 6’4 Twin

09:30am to 11:00am

NE Side Off to Side On

Set Shoulder Over

Deuce: 3/3 Full Suit

 

ちょっと寝坊して7時半に出発した。大潮のデッドーローは10時半。鉄砲道から直接県営駐車場に入った。ロータイドの西浜は全域でブレイクしている。風の影響も弱くグッドウィーブだ。センターまで歩いてライト波を狙った。マッシーに入ってくるスウェルはボードが出づらく、ピークからブレイクを被り気味にパドルする。やっと捕まえた1本目はボトムのサーファーが気になったけれど、どうにかスタンディングしてラインを走った。久しぶりのツィンフィンはスピードが出てあっという間にエンドゾーンまで走った。その後、センターの奥までパドルするも波回りが悪く。何本かキャッチしても突き抜けたライディングは得られなかった。おまけにテイクオフからのワイプアウトでボードが左足の太もも前側にヒットして痛みが走った。気持ちは残っていたがコンディションがダウンしたのでビーチに上がった。上げ潮に向かう時間帯に再び良くなるかもしれないが、気持ちが続かなかった。

気温は25~27度だが5月の紫外線は強く、思いのほかビーチの砂が熱くなっていて往生した。デニーズで一人ランチしてから帰路についた。

| | コメント (0)

2021年5月24日 (月)

210522 Sat. T-REEF D24 #24

Katsu 7’3 SINGLE Primo

06:00am to 07:00am

NE Side Off Wind

Small and Junk

Deuce: 3/5 Full Suit

 

南西風の予報が実際は北東風でフェイスラフだった。エントリーすると丘の上からのチェックで感じた印象よりずっとジャンクだった。時節柄、いつものパーキングエリアよりセンターに駐車した。ちょっと気を使うシチュエーションだ。半七さんも気のせいか素っ気ない。結局、小一時間で僕一人となってしまった。クリーンなテイクオフが決まらないままビーチに上がった。帰りは常磐道三郷スマートICからレイクタウン・アウトレットモールでキクリン・シマさんと落ち合った。ドトールで2時間ほどバイク話しをして、キャノンデール・シナプスのオリジナルホイールを渡した。それから一人でY’s Roadとムラスポに寄ってから帰宅した。

P1140269 P1140270

| | コメント (0)

2021年5月17日 (月)

210514 Fri. NISHIHAMA D23 #23

P1140255 P1140256

P1140257 P1140258

P1140265 P1140266

 

SIC 6’4 TRI

07:00am to 09:15am

NE Offshore Wind

Small and more

Deuce: 3/3 Full Suit
With Occhin

 

南岸低気圧のウネリのピークは昨日の夕方だった。オフショアーが吹き続けてサイズダウンが進んだ。大潮のハイタイドが5時でデッドーローは12時。潮位はマイナス7cmまで下がる。石神井のオッチン宅に4時半。まっすぐに茅ケ崎の県営駐車場を目指した。西浜をチェックしてエントリーを決めた。ボードチョイスはKatsu7’3 PrimoではなくSIC6’4を選んだ。ツインフィンをセットするつもりが自然にトライフィンを取り付けていた。スモールだがよく掘れる波にフィットした。ビーチをセンターに向かって歩き、最初は漁港寄りのレフトバンクに入った。バックウオッシュを読み込んでテイクオフする。波回りが悪く、右手のライトバンクゾーンへ移動した。こちらの方が素直に割れて乗りやすい。ドロンが現れてちょっと話をした。5本ほど乗ってからオッチンを迎えにいった。ところが彼は波にフィットしているようで、しばらくセッションした。奥のピークをふさいでいる4人が気になって、良い波に乗れない。おまけにセットピークからのドロップでまたまた前足が滑り、危うく膝とハムストリングを痛めるところだった。後半、二人でライトバンクへ移動した。コンペ系のサーファーガールが3人ほどチャージしていて場が熱い。僕はさらにセンターへ移動した。急に波回りが良くなって波数をどんどん集めた。そこに今度はダブ猪俣くんが現れた。相変わらずカッコいい波乗りをしていた。潮がぐっと動いた時間帯に素晴らしいレフトのセット波が入り出した。僕は2本ほどキャッチしたがラインに入れずにボトムでつぶされた。一番いい波はボディーボーダーがさらっていった。オッチンは全然波に乗らない。雰囲気に飲まれたのかと思ったら、左肩を痛めたようだ。そこで試合終了。デニーズモーニングしてお昼ごろにオッチン宅に到着した。イッキュウから午後に辻堂に行くとラインが入った。帰宅後、暑い日差しの下でSICとKatsuのワックスダウンをして、ボトムをカーワックスでコーティングした。デッキにトロピカルからクールまで4種類のワックスを入念に塗り重ねた。これ以上左足のハムストリングを痛めては大変だ。早くグッドウェーブに乗りたい。

| | コメント (0)

2021年5月11日 (火)

210510 Mon. NISHIHAMA D22 #22

Ben Wei 7’2 TRI

13:30pm to 14:00pm

SW Onshore Wind

Junk Surf

Deuce: 3/3 Full Suit

 

Giant Suitto クロスバイクを整備して湘南サイクリングロードを移動する。そんなイメージでいたが5/1からノーサーフだった。月曜日、Cannondale Synapseで会社を往復して11時半に出発した。ジャンク波での波乗りでも構わない。辻堂くらいまではチェックしようと思っていたが、西浜全域でライダブルなオンショア波が割れている。バイクをロックして裸足でビーチを歩くと砂が熱い。海水は温度が上がり快適だ。あの下水臭い海の香も懐かしい。波は取りとめなく割れて難解だ。10本くらいキャッチして何本かはスタンディングしたが、力は無く、張らなくてぐずぐずだ。あっという間に周りのサーファーは消えて、ビギナーと二人きりになった。南西の風で東に流されるので西に向かって常にパドリングした。トレーニングと割り切っているので苦にはならない。必ずやってくるグッデーを待とう。

Dsc_1483 Dsc_1486

| | コメント (0)

2021年5月 6日 (木)

210501 Sat. SHICHIRI D21 #19-21

P1140233 P1140235

P1140238 P1140240

P1140241 P1140243

AB 7’4 QUAD

05:00am to 09:00am

No Wind

Set Chest

Deuce: 3/3 Full Suit

 

石神井のオッチン宅に3時15分に着いた。4時半で峰P前のパーキングは満車。

 

1R  姥ケ谷P前の海の家パーキングへきわどく入場した。稲村インサイド、姥はサイズが無いと判断して、七里のプリンス駐車場を超えてロアPにエントリーした。満潮は6時半で潮がパンパンでセット波にしか乗れない。ロングボードであれば楽しい波だ。それでも頑張って波数を集めた。オッチンは僕から奪ったKOZO6’6でコンスタントに波をキャッチしている。

2R  潮止まりの時間帯を迎えて、沖で潮の動くのを待つより移動した方が得策と思い、ゲンコツPへ移動した。波数は多いが人もひしめき合っている。たまに入るセット波は綺麗にピールしてソフトで乗りやすい。僕は波回りに恵まれて短時間で6本位キャッチした。その内の2本はセットセットだった。オッチンはというと、人込みに飲まれて全然乗れていない。そこで声をかけて再再度移動することにした。

3R KOZOボードのホームポイントである姥ケ谷Pにエントリーした。秩序は保たれているが相変わらずの癖波だ。最初は稲村側にステーしてメインブレイクを観察した。最高なライディングしているサーファーはやはりKOZOボードだ。メインピークはあきらめてインサイドブレイクに集中した。上手く乗るとラインが出て楽しいグッドウェーブだ。

期待したほどのサイズは上がらなかったが、GW初日の土曜日の湘南デーを何とかメイクした。西鎌倉ロイホでモーニングして、オッチン宅で昼寝してから帰宅した。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »