« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月21日 (火)

180821 Tue. INAMURA D38 #35 by T19

P1080396

KOZO 6’8 TRI

05:00am - 09:00am

肩頭

No Wind

Swim short, T & FCS Cap

 

寝苦しい夜だった。ドミトリータイプはNGだ。ノイズが気になるしストレッチするスペースも無い。夏が深まり4時でも暗い。どうやらサイズアップはしていないらしい。稲村の切通しの手前から見える岸壁Pのブレイクで心が決まった。公営駐車場に車を入れて迷わずにインサイドPにエントリーした。ボードは昨日からフィンを抜かずにおいた6’8。正面からピークを目指したが結局西側からのいつものルートでアウトに出た。今日もゲッティングはイージーではない。最初の1本を乗ってから次の波をキャッチするのに小一時間かかった。今日は4時間粘って10本だった。波回りは悪くなかったが何しろ奥を取られまくった。前乗りになってしまったレフトのピークからのレイトテイクオフは万事休すだったが、KOZOボードの性能が良く難なくボトムをクリアした。奥のサーファーはボトムで飛ばされた。それでも長い時間乗れなくて無理をしてしまった。西側のライトPにはヨットとキンちゃんがいた。嬉しい再会だった。ライトのセット波をキャッチし、それからヨットと二人で最奥ゾーンでセット波を待った。ヨットが最良のセットのピークをつかんでロングラン。満面の笑みで戻ってきた。アウトサイドPが良い状態だが気後れして入っていく気になれなかった。ラストウェーブはライトに走りジュース滑りで河口の左側から上がった。今日は13時から新卒採用のための会社説明会が有る。急いで家路についた。

P1080400 P1080404 P1080406


P1080409 P1080415 P1080419


P1080421 P1080422 P1080424

| | コメント (0)

180820 Mon. NISHIHAMA D37 #34 by T19

P1080390

 

KOZO 6’8 TRI

16:00pm - 17:45pm

肩頭

No Wind

Swim short, T & FCS Cap

 

西浜を撮影してから七里まで行った。混んでいるしサイズも無い。急いでUターンして茅ヶ崎に戻った。ボードは7’10 7’4 6’8 から一番短い板をチョイスした。105分間で15本テイクオフして10本メイクした。波回りに恵まれたし、なにより板がジャストフィットした。昨年の10月にニアスで使って以来だったが、レイトテイクオフに対応してターンも軽快だった。先日の大崎で7’10で波数には乗れたけど、重った苦しくて楽しくなかった。ブレイクはパワーがありスピードもあった。いつもよりパドルの開始を早めてスピードを付けて波をキャッチした。海水温が高く、ウエットを着ていなくても汗が出る。ゲッティングアウトはちょっとシビアだが、軽い装備に助けられてパドルを頑張れた。今夜は由比ヶ浜のゲストハウス WeBase 鎌倉に泊まる。由比ヶ浜駅至近のコインパーキングは夜間最大300円だった。大浴場で汗を流して夕飯は中華にした。肉野菜炒め定食、餃子、生中、八海山で3040円だった。

P1080379 P1080385 P1080386


P1080387 P1080392 P1080394

| | コメント (0)

2018年8月17日 (金)

180811 Sat. CHIBA SOUTH D34&6 #32&3

P1080289

P1080290

P1080294 P1080299 P1080301

Dscf2207


KOZO 6’6 QUAD

千歳12:30pm - 14:00pm

和田09:00am - 10:00am

肩頭

No Wind

Deuce: Short John & FCS Cap

With Genta

 

初日11日は6時半に出て12時にCoCo Parking 到着。加藤オーナーのリビングで和んでからエントリーした。K子はリフレを受ける。正面右側の無人のピークでさばさばと乗っていると、次第に正面のサーファー達が移動してきて、

乗れなくなった。それではと左側のリーフゾーンに移動すると、午前中に沖ノ島で海水浴をしてきた元太がいた。しかし波は掘れて乗れない。ビーチを目指すとボトムの砂が洗われてむき出しになっていた。砂浜に上がるのに難儀した。

その夜は息子家族と大人4人、子供3人でゲストハウス美よしに泊まった。夕方、池田泰平くんの移住先の古民家を訪ねた。

翌朝はJ’sと墓下の中間の河口Pにエントリーした。ちょっと手こずったが素晴らしいレフトに恵まれた。サイズも形も良く楽しかった。ゲストハウスオーナーの吉田友久くん、辻堂の丸茂さん(後で判明)、さらには池田泰平と友成健吾も現れた。みんな本気モードで気後れしたが、最良最大セットのピークからライトのラインをメイクした。

Dscf2216 Dscf2277 Dscf2288

| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

180807 Tue. K&O-REEF D33 #30&1

P1080279


P1080280 P1080283 P1080287

Legen 7’10 TRI

15:00pm - 15:45pm

16:00pm - 18:45pm

Set頭オーバー

Strong Off Shore Wind

Deuce: Spring & FCS Cap

With Uttz & ハックン

 

ハックンとの再会は10年以上ぶりだった。だめ元で無人のK-REEFにエントリーした。強風とバックウオッシュでテイクオフ出来なかった。最大セットのインサイドで僕の奥からウッツがラインを走った。一度堤防に上がり、ゆっくりとO-REEF レフトに向かった。ジュニアが上がってきて手首のGO-PROで嬉しそうな僕を撮影した。ピークには雄三や沖津くんがいた。奥のピークに最大セットが入り、そのオープンフェイスをメイクした。岬の崖下まで乗り込んだ。沖を目指すと僕を呼ぶ声が聞こえた。赤井くんだった。DEUCEチームだ。今日3度目のエントリーだとか。波回りに恵まれ10本クローズ、10本ロングランな印象だった。ゲットするウッツ目がけてのカールに背中をたたかれての1本は強烈だった。陽が傾き、ピークには4人になった。江ノ島とシルエット富士山、夕焼けが素晴らしかった。素晴らしい一日だった。

| | コメント (0)

180731-2 IZU OHAMA D30-2 #27-9

Dscf1194

Dscf1157 Dscf1188 Dscf1189

 

家族旅行

With K子、マホ、オサム、カイ、コウ

 

30年前に泊まった“民宿とうふや”に今回は孫たちと訪れた。シトロエンC4 Picasoにソフトラックが対応せず、ボードは持参しなかった。大浜には台風12号の残り波が割れていて、楽しい海水浴になった。最終日は弓ヶ浜にエントリーした。孫のケアーとボディー&ボディーボードサーフィンは思いのほかヘビーだった。

| | コメント (0)

180728 Sat. NO SURF D29 #26 by T12

Dsc_0454

 

With オッチン

 

台風12号は相模湾のすぐ近くにいる。早朝4時にオッチンの自宅へ。西浜はスパーフラット。茅ヶ崎デニーズで朝食を取り、その後ウッツ宅に上がり込んだ。波の上がる気配はない。リョーマ金光を呼び出してうだうだと時間を過ごした。昼食に評判店に出向き、汁無し担担麺を食べた。結局15時過ぎにギブアップして石神井のオッチン宅に戻った。80年代中心のLPレコードを棚卸して、気に入ったり、気になったりしたLP盤を譲り受けた。帰りの関越道は豪雨だった。結局日が暮れる頃に湘南に台風ウェーブが入りだしたそうだ。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »