« 180422&24 Sun. DA NANG D15&6 #13&4 | トップページ | 180508 Tue. SHICHIRI D19 #17 »

2018年5月 2日 (水)

180430-01 Mon. T-REEF D17&8 #15&6

P1080014

P1080015

 

Earth 6’8 Bonzer

Small to Shoulder

Side on to No wind

Deuce: 3/3mm Suit & FCS Cap

With オッチン&石井ちゃん

 

4/30 4時にオッチンが鳩山ハウスについてすぐに出発した。6時に丘の上から見たラインナップは整っていた。しかしエントリーすると風が入りジャンクになった。それでも2時間ほどサーフし、それから川尻までドライブした。湯楽の里の露天風呂から河原子Pを眺め、ランチして昼寝した。午後遅くに梅澤くんの自宅によりT-Reefの全容を眺めた。オーガニックCaféで珈琲しても風は収まらずにビジネスホテル大甕にチェックインした。JR大甕駅前の居酒屋で2時間飲んで20時半に就寝。翌朝は4時に集合して4時半にエントリーした。ハイタイドで厚いブレイクだがナイスウェーブだった。波に徐々にフィットしてきて浮力の有るボンザーが機能した。6時前には石井ちゃんも現れた。ラステーのシングルフィンに新品のスターフィンを装着している。僕はライトとレフトのロングランに恵まれて気持ちが上がった。水温は16度でノーブーツでは足が冷えた。パーキングに戻ると7時だった。針谷くん、タク、猪俣くん、ハナ達がエントリーしていった。オッチンにとっては初めてのT-Reef。くせのある波に手こずりはしたが、その魅力に触れたことと思う。

P1080016 P1080025 P1080027

|

« 180422&24 Sun. DA NANG D15&6 #13&4 | トップページ | 180508 Tue. SHICHIRI D19 #17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 180422&24 Sun. DA NANG D15&6 #13&4 | トップページ | 180508 Tue. SHICHIRI D19 #17 »