« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月26日 (火)

171225 Mon. NISHIHAMA D63 #70

P1070130

 

KOZO 6’6 Tri

15:00 - 16:30pm

Side on to Strong Offshore Wind

Size: Shoulder

Deuce: 3/3mm Full, Boots & FCS Cap

 

夕方の風の変わり目と16時半の干潮前の潮の動く時間帯をキャッチしようと思った。クロスバイクをトランクキャリアにぶら下げていった。白樺Pでやろうか迷ったが、風が南東のサイドオンだったので、それなら西浜の漁港側がフェイスが良いだろうと判断した。漁港側は乗れない感じのマッシーブレイクだった。徐々にセンターに向かってポジション移動するとサイズが増していった。気が付くと風が北東に回りフェイスクリーンなパワーウェーブとなっていた。まるで乗れずにノーライドを覚悟したが、セットセットのピークを1本メイクしてから何本かゲットした。太陽が伊豆半島に沈む前にラスト1本をライトに走り、ミドルセクションからレフトに走ってビーチエンドまで乗り込んだ。心残りだったが思い切ってビーチに上がった。沖に戻ってもさらに良い波には絶対乗れないだろうと思った。振り返りながら自転車に戻った。クリーンなブレイクは強いオフショアーでスプレーが舞い上がる。一面オレンジ色に染まりまるでカリフォルニアのポスターのようだった。

P1070131 P1070132

| | コメント (0)

2017年12月18日 (月)

171215 Fri. T-REEF D62 #69

P1070008

 

EARTH 6’8 Bonzer

15:00 - 16:30pm

Side off or No Wind

Size: 腰胸

Deuce: Semi Dry 3/5mm, Boots, Cap & Glove

 

正午に出発した。丘からの撮影をパスして駐車場へ直行した。満潮は13時半、干潮は20時半。タイドは125cmから50cmまで下がる。風は弱く北東ウネリが若干強まる予報だった。水温は17.5度とのことだったが、来たるシーズンに向けてフル装備でエントリーした。3mmフルジャーからいきなりのセミドライで首回りが重い。波はビーチからの印象よりソリッドで形良くブレイクする。灯台正面からのレフトは素晴らしいシェイプだった。20本くらいトライして10本くらいはボトムメイクしてラインを走れたのは数本だった。シーズンインのファーストラウンドはいつでも重ったるい。水温が高く汗をかきながらパドルを繰り返した。中盤潮止まりの時間帯があり、その後サイズが上がってきた。思い描いていたとおりのストーリーだった。グッドウェーブと自分。パーフェクトソロサーフ。得難い90分間だった。

P1070010 P1070014 P1070015

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »