« 170107 Sat. T-REEF D01 #01 | トップページ | 170114 Sat. T-REEF D03 #03 »

2017年1月12日 (木)

170111 Wed. T-REEF D02 #02

P1030697

P1030698

P1030699

 

AIPA 8’6 TRI

12:30pm - 14:00pm

Huge Waves

Offshore Wind

DEUCE: 3/5mm Full Suit, 3mm Boots, Gloves & Cap

With 石井ちゃん

 

強すぎる北東ウネリは衰えを見せない。レギュラーポイントに見知らぬサーファーが一人淡々とエントリーした。栃木の渡辺さんがやってきて、やはりエントリーするという。僕と石井ちゃんは丘の上から波を観察した。レフトよりクリーンで完璧なブレイクでサイズがでかい。カフェでコーヒーを飲んでから気持ちを決めた。テトラ脇からのゲッティングアウトはシビアだった。石井ちゃんにはるか引き離されてアウトに出た。何回も遭遇したシツエーションだが、ずいぶんと久しぶりのスケールだ。メインピークには怖くて近づけない。セーフティーゾーンであまり波を狙ったが腹で滑ったりニースタンディングになったりでダメダメだった。石井ちゃんの1本目は素晴らしかった。サイズのあるセット波のピークからのテイクオフは迫力満点だ。5’10のシングルフィンがフィットせずに、暴れるテールを抑え込んでラインをメイクして来る。石井ちゃんの2本目はミドルサイズだった。僕も同じ場所から同じような波をキャッチしようとポジションを移動した。その波はライダブルだと思いフルパドルしたがブレイクが速すぎて無理だと感じて板を引いた。そのままボトムに引きずり込まれた。無茶苦茶に巻かれながら新品のキャップを飛ばされないように抑えた。幸いに板は折れなかったが簡単に心を折られた。ビーチに向かうと石井ちゃんが寄ってきて、一人でアウトに出るのはイヤですと言った。僕のふがいなさを謝った。トレーニングしてダイエットするぞと心に誓った。

P1030640 P1030645 P1030650


P1030653 P1030660 P1030671


P1030675 P1030702 P1030717

|

« 170107 Sat. T-REEF D01 #01 | トップページ | 170114 Sat. T-REEF D03 #03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 170107 Sat. T-REEF D01 #01 | トップページ | 170114 Sat. T-REEF D03 #03 »