« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月19日 (月)

161214 Wed. NISHIHAMA D70 #92

P1030110

P1030131

MICKEY 7’4 TRI

11:00am – 12:30pm

Head and more

Offshore Wind

DEUCE: 3/5mm Full Suit, 3mm Boots & FCS Cap

 

予報に反して雨は上がらない。気温9度で冷たい北東風が吹き込む。スウェルはパワフルでブレイクはホローでメイク出来ない。何度も何度もトライしてボトムに下りられたのは4本だった。トップから降ってボトムに押しこめられたり、カールから巻き上げられたり、全然楽しくない。同じビーチでもゾーンの選択を間違えた。まわりのサーファーは乗れていなかった。ま、こんな日もあるさと、あきらめてビーチに上がった。

P1030111 P1030113 P1030116

P1030120_2 P1030132 P1030139

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

161206-9 Tue. TACOS ISLE D66-9 #87-91

P1020927

P1020940

P1020951

P1020961


P1020995

KOZO 6’8 TRI

MICKEY 7’4 TRI

Small to Head Over

Strong Winds

DEUCE: 3/3mm Full Suit & FCS Cap

With; 石井、乙黒、大熊、鈴木 & 森本麻夜

P1020928 P1020937 P1020939

P1020943 P1020952 P1020955

P1020958 P1020966 P1020967

P1020976 P1020977 P1020981

P1020984 P1020989 P1020999

P1030012 P1030032 P1030039








 

12/06 Tacos

12/07 Tacos & Kaizer

12/08 Tacos & 三原山

12/09 Tacos

タコスへの玉砂利の道を無性に歩きたくなる。2年ぶりの八丈島。海水は24度で温かったが風は相変わらず強い。マッシーに立ち上がるピークからのテイクオフは僕には難解だ。仲間の4名はエクセレントにメイクする。初日はいきなりのロングラウンドでオッチンが脹脛を痛めた。ピークで大熊さんが地元出身のプロロングボーダーの森本さんと親しくなった。3日目には早朝セッションの後に島めぐりと三原山頂上へのガイドをしていただいた。底抜けに明るくスレンダーな麻夜さん。タコスのお化けセットのどピークから超レイトテイクオフを決めて見せた。今回初めて泊まったガーデン荘は快適だった。エイコおばあちゃんの夕食は豪華で美味しかった。最終日は早朝から石井ちゃんと僕だけのセッションとなった。彼はRUSTYのシングルフィンで奥奥のピークから何本もビッグライドをメイクした。僕はセーフティーゾーンのセット波をようやくつかんでトリップで一番のロングライドに恵まれた。ローカルの男女が入ってきてマックス8人となった。潮が上げると波が無くなった。ビーチにパドルバックしながら次はいつ来ようかと考えていた。

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

161202 Fri. T-REEF D65 #87

P1020758


P1020791


P1020834


Mickey 7’4 from

11:00am to 13:45pm

Offshore West Wind

Size: Head to Head Over and more

DEUCE: 3/5mm Semi Dry Suit & FCS Cap

P1020768 P1020769 P1020775

P1020790 P1020803 P1020827

P1020828 P1020829 P1020835

湘南に行くつもりでいたがサイズが上がらずフェイスもラフのようだ。

T-REEFは終日西風の予報。チャンスだと思った。丘の上から見るレギュラーウェーブは美しくブレイクしていた。マッシーなスウェルがパワフルでサーファー3人はなかなか乗れない。レフトのピークにエントリーすると小鹿先輩や宇都宮カップルが笑顔で迎えてくれた。それから3時間最大8人で波をシェアーした。サイズ、シェイプ、フェイス、風、太陽がすべて素晴らしかった。水温は15度で今シーズン初のセミドライスーツもあまり気にならずにテイクオフ出来た。朝ヨガの最後に行うテイクオフ動作5回の効果だ。奥のピークはオープンな波が少なく難解だった。それでも1本、セット最初のピークからエンドゾーンまで延々と抜けたライディングがあった。裏にさらに大きいセットが入っていたがその波を選んでいたらボトムで捕まっていたのかもしれない。乙女Pのアウトサイドセットも最高だった。テイクオフはヴァーチカルできついがボトムをメイクすればロングウォールが続く。波のパワーは力強く前へ前へ押し出される。

終盤には3人となり、そこへ柳井さんがパドルインしてきた。朝はレギュラーが良くてレフトは決まっていなかったそうだ。上げの時間帯を見計らってのエントリーだった。12時半の大潮の干潮を迎えるころは若干サイズが落ち着いたが、すぐに回復した。64歳のバンビ先輩はまだアウトで特大セットを狙っている。僕は手前の頭サイズの波数を重ねた。ラストウェーブは突然やってきた。ミドルサイズだったがファインウェーブでしつこくインサイドまで乗り込むと、コーナーから波がレギュラー方向に向きを変える。ジュースセクションで腹ばいになってフルパドルすると素晴らしいスピードでビーチに運ばれる。

14時半に駐車場を出て17時前に帰宅した。夕焼けが素晴らしく富士山のシルエットが心に迫ってきた。19時から会社主催の忘年会だ。シャワーを浴びて髭をそった。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »