« 161128 Mon. NISHIHAMA D64 #86 | トップページ | 161206-9 Tue. TACOS ISLE D66-9 #87-91 »

2016年12月 4日 (日)

161202 Fri. T-REEF D65 #87

P1020758


P1020791


P1020834


Mickey 7’4 from

11:00am to 13:45pm

Offshore West Wind

Size: Head to Head Over and more

DEUCE: 3/5mm Semi Dry Suit & FCS Cap

P1020768 P1020769 P1020775

P1020790 P1020803 P1020827

P1020828 P1020829 P1020835

湘南に行くつもりでいたがサイズが上がらずフェイスもラフのようだ。

T-REEFは終日西風の予報。チャンスだと思った。丘の上から見るレギュラーウェーブは美しくブレイクしていた。マッシーなスウェルがパワフルでサーファー3人はなかなか乗れない。レフトのピークにエントリーすると小鹿先輩や宇都宮カップルが笑顔で迎えてくれた。それから3時間最大8人で波をシェアーした。サイズ、シェイプ、フェイス、風、太陽がすべて素晴らしかった。水温は15度で今シーズン初のセミドライスーツもあまり気にならずにテイクオフ出来た。朝ヨガの最後に行うテイクオフ動作5回の効果だ。奥のピークはオープンな波が少なく難解だった。それでも1本、セット最初のピークからエンドゾーンまで延々と抜けたライディングがあった。裏にさらに大きいセットが入っていたがその波を選んでいたらボトムで捕まっていたのかもしれない。乙女Pのアウトサイドセットも最高だった。テイクオフはヴァーチカルできついがボトムをメイクすればロングウォールが続く。波のパワーは力強く前へ前へ押し出される。

終盤には3人となり、そこへ柳井さんがパドルインしてきた。朝はレギュラーが良くてレフトは決まっていなかったそうだ。上げの時間帯を見計らってのエントリーだった。12時半の大潮の干潮を迎えるころは若干サイズが落ち着いたが、すぐに回復した。64歳のバンビ先輩はまだアウトで特大セットを狙っている。僕は手前の頭サイズの波数を重ねた。ラストウェーブは突然やってきた。ミドルサイズだったがファインウェーブでしつこくインサイドまで乗り込むと、コーナーから波がレギュラー方向に向きを変える。ジュースセクションで腹ばいになってフルパドルすると素晴らしいスピードでビーチに運ばれる。

14時半に駐車場を出て17時前に帰宅した。夕焼けが素晴らしく富士山のシルエットが心に迫ってきた。19時から会社主催の忘年会だ。シャワーを浴びて髭をそった。

|

« 161128 Mon. NISHIHAMA D64 #86 | トップページ | 161206-9 Tue. TACOS ISLE D66-9 #87-91 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 161128 Mon. NISHIHAMA D64 #86 | トップページ | 161206-9 Tue. TACOS ISLE D66-9 #87-91 »