« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

161029 Sat. NISHIHAMA D61 #82&3

P1020192

P1020200

Hokulea 6’6 TRI

Rip Curl 7’6 TRION

07:30am – 10:30am

胸肩Set Head Over

Offshore Wind

 

北東風が冷たい。何年かぶりのホクレアボードをチョイスした。久しぶりの台風では無い、低気圧からのスウェルはマッシー(厚く)でブレイクは早くチュービーだった。1時間ほど格闘したがまったく乗れない。あきらめてかつてのマジックボード7’6へチェンジするために駐車場へ引き返した。ロングランはなかったが良いテイクオフを何本かメイクした。トップからの超レイトテイクオフでもロッカーマジックでパーリングをまぬがれたりもした。バックサイドで半身チューブの中で左足が滑ってワイプアウトした。ベースワックスが劣化して、新しく塗ったワックスも不十分だった。さらにライト波のボトムで左足が滑り、右膝が内側に引っ張られて痛みがはしった。ビーチに上がりゆっくりと歩くうちに痛みは消えたが、違和感が残った。毎朝のストレッチとヨガをしていなかったら大怪我をしていたのかもしれない。自宅に帰ってからワックスダウンして、デッキにベースワックスを丁寧に塗った。これから始まる西高東低のシーズン。北のビーチでこのボードに乗ろうと思った。

P1020175 P1020176 P1020204


P1020205 P1020206 P1020207


P1020208 P1020212

| | コメント (0)

2016年10月25日 (火)

161023 Sun. 秋季全日本学生選手権@白浜 D60 #80&1

Dsc_1797

Mickey 9’2

胸肩 Over

Side On Strong Wind

 

北東風がさらに強くなった。50 Over Long Board Class。ラウンド1はまたしても池奥さんと同ヒート。一年ぶりにぶつけ本番で乗るロングボードは矢口理事長からお借りした。とめどなく盛り上がるピークから5本テイクオフしたが、すべてボトムでパーリング。疲労困憊でぼろぼろになった。敗退必至と着替えていると2位通過のコール。セミファイナルまで時間がないので、濡れたシーガルを着るかわりに、ショートジョンをチョイスした。池田泰平、友成健吾、北川一大と、僕以外は全員日大OB。ゲットが厳しい辛い12分だった。それでも2本メイクして3位敗退。実力相応の結果だった。決勝はモルジメイトの健吾がみごと優勝。嬉しかった。画像は50 Over Short Board Class Finalist。池口、日高、友重、青木。優勝は日高太郎(獨協OB)。連覇おめでとう。このステージははるか遠いけど希望をもってKeep Surfingかな。

| | コメント (0)

161022 Sat. 秋季全日本学生選手権@白浜 D59 #78&9

Dsc_1793

KOZO 6’3 TRI

Legen 6’8 TRI

胸肩 Over

Side On Wind

 

北東の風が冷たいが海水は温かい。ヒート前の練習ラウンドでまるで乗れなかった。ボードを6’8に変えてようやく乗れた。しかし結果はラウンド1敗退。池奥さん(日大農獣医OB)にまったく葉が立たなかった。

| | コメント (0)

2016年10月24日 (月)

161021 Fri. TSUJIDO D58 #77 by T22

KOZO 6’3 TRI

15:00pm - 15:30pm

胸肩 Over

Side Off Wind

Oniell: Sea Gull

 

昨日は辻堂サーフの後、銀座英国屋でスーツ仮縫いだった。その後、日高市の宮地くんの工場に寄って、修理上がりのKOZO6’3をピックアップした。そして今日の午後に伊豆下田に向けて出発した。途中、辻堂の橋前でボードの試乗をした。波はサイズアップしてパワフルブレイクだった。最大セットのピークからボトムワイプアウトしてボードが左足にヒットした。怪我につながらずに良かった。30分で切り上げて下田を目指した。白浜・福助にはNSSA役員の前泊組が先着していて、18時から夕食だ。伊豆スカイライン経由で1810分に到着した。

| | コメント (0)

2016年10月21日 (金)

161020 Th. TSUJIDO D57 #76 by T22

P1020052

 

Legen 6’4 TRI

10:45pm - 11:15pm

腹胸肩

No Wind Clean Face

DEUCE: Short John, T & FCS Cap

 

昨夜の深酒の頭痛をかかえてエントリーした。陽射しが戻ってきて気温も上がった。シーガルを着る気にならずにショートジョンをチョイスした。昨日と同じ橋前右側でサーフした。波とボードにフィットしてきて波回りが良かった。ピークには田中シゲとマサヤがいた。正午過ぎのハイタイドに向けてサイズアップ。セットセットの波はワイドに入ってくる。立て続けに2本、セットの切れ目からライトの波をキャッチした。昨日とはうって変ってロングランが決まる。たった30分で濃いラウンドとなった。ビーチに上がるとウッツがエントリーするところだった。僕の蛍光グリーンのTシャツを見つけてビーチに戻って来てくれた。この場所はフレンドリーでコンビニエントで僕にとってもお気に入りのビーチだ。

P1020055 P1020056 P1020057


P1020058 P1020063 P1020066

| | コメント (0)

161019 Wed. TSUJIDO D56 #75 by T22

P1020045

 

Legen 6’4 TRI

15:45pm - 17:00pm

腰腹胸

Side On Wind

DEUCE: Spring

 

東の風が入りざわついていたが小さな台風スウェルはコンスタントだった。橋前右側から1.5P側に流されながらサーフした。人は少なくファンボードの若者が笑顔で挨拶してきた。エクセレントなヤングが3回ほどトップターンを決める波に、僕は対応出来ずにボトムでジュースにつかまった。ノーズワイドなボードだと斜めテイクオフがシャープさに欠ける。ばたばたしている内にハイタイドの時間帯でブレイクが消えた。河口だけがライダブルだったがビーチにあがった。今夜は藤沢ホテルに泊まり、メンタワイガイドの内垣裕を囲む会に参加する。

P1020011 P1020014 P1020016


P1020018 P1020029 P1020031_2


P1020036 P1020041 P1020043

| | コメント (0)

2016年10月13日 (木)

161012 Wed. NISHIHAMA D55 #74 by T20

P1010563

 

Legen 6’4 TRI

11:30am - 13:00pm

腹胸

No Wind Clear Water

DEUCE: Spring & FCS Cap

 

水温が下がり海水の透明度が上がった。気温は爽やかだが陽射しが強くてキャップをかぶった。漁港側は混雑していてセンターに向かうほどスウェルがワイドで人が少なかった。正午過ぎがハイタイドの時間帯でバックウオッシュが入り、波のピークが盛り上がるタイミングを見計らってテイクオフする。ボトムに落ちる感覚を耐えてラインを走る。ショートタイムだったが集中してサーフ出来た。ラストウェーブをメイクしてビーチに上がると、これからエントリーするサーファーが挨拶をしてくれた。ちょっと嬉しい気分になる。遊歩道を歩くと何千匹という赤蜻蛉(とんぼ)が乱舞している。40年前から変わらぬ秋の景色だった。

P1010564 P1010566 P1010571

| | コメント (0)

2016年10月 6日 (木)

161005 Wed. NISHIHAMA D54 #73 by T18

P1010437

P1010438

P1010440

KOZO 6’8 TRI

11:45am - 12:45pm

Shoulder Size

Off shore wind

DEUCE: Short John & FCS Cap

 

デッドローの直前にエントリーした。インサイドの掘れ波にフォーカスして、12 x 4Rのシュミレーションサーフだった。きちんとテイクオフしてもブレイクが速く、ラインを走るのに精いっぱいでムーブ無しだった。それでも1R平均2~3本をキャッチした。ラストウェーブはジャストピークから、ショルダー乗りのサーファーのラインをトレースしてエンドゾーンまでメイクした。時間の余裕はあったが早前に切り上げた。15時半にJR中山駅でのビジネスアポ。1時間前に到着して駅前のデニーズでランチした。仕事を終えて相模原愛川から圏央道に乗り、帰宅は2015分だった。

P1010445 P1010449 P1010456


P1010459 P1010462 P1010466

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »