« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月30日 (金)

160929 Th. TSUIDO & KUSOSHITA D53 #71&2 by T17

P1010356

P1010372

KOZO 6’6 TRI

10:15am - 12:00pm@Tsujido

14:15pm - 17:15pm@Kusoshita

Shoulder Size

Side off to off shore wind

DEUCE: Spring & Short John

With Uttz & ミッチー・フージー

 

8時半に風がオフに回ったようだが、西浜はラフで七里へ移動するとオンショアーコンディションだった。辻堂に戻るとウッツ達が海を見つめて盛り上がっていた。お互いに気持ちは乗らなかったが取りあえずのワンラウンドとなった。ピークが定まらず不規則なブレイクに翻弄されてまるで乗れない。右往左往してセットの波のトップから降ったりした。インサイドの波でやっと走れた頃には心のエナジーが果ててしまった。それでもラストウェーブはピークから難しいテイクオフをメイクしてラインを走りビーチまで乗り込んだ。ウッツとパスタランチしてから、今度はイイダデンタルクリニックへ。ミッチー飯田と自転車で汐見台小前(クソ下)へ。フェイスはパーフェクトに整いファンウェーブだ。エントリーするとフージー佐藤が迎えてくれた。前半は楽しくサーフしたが、疲労で後半は乗れなかった。フージーは自宅下のビーチで新しい5’6が絶好調だった。ミッチーも波数を集めている。僕たち3人のセッションは20145月のメンタワイ以来だった。心底、充実した気持ちを味わった。

P1010348 P1010352 P1010359

P1010364 P1010367 P1010368

| | コメント (0)

2016年9月28日 (水)

160927 Tue. NISHIHAMA D52 #70 by T17

P1010326 P1010328 P1010329 P1010330

P1010331

P1010314

Mickey 7’4 TRI

13:15pm - 15:00pm

Head Over

On shore breeze

DEUCE: Short John & FCS Cap

 

風が入るのは分かっていたが早出は叶わず、16pmのハイタイド前の時間帯でサーフしようと決めた。久しぶりのLegen 6’4をチョイスして、バックアップで7’4を積んだ。センターPにはサイズのあるスウェルがブレイクしていた。定点からの撮影でヤングサーファーの粋の良いトップターンをシュートした。駐車場で、ちょっと迷って7’4を選んだ。久しぶりの夏日で砂浜が熱く、渚まで走った。フェイスラフで乗り易そうに感じたが、ポジション取りが難しく、いきなり割れる波はパワフルだった。15本テイクオフして10本ボトムをクリアーした。ピークまわりのスペースはたっぷりあって、ビーチ全体でも30名ほどのサーファーがエントリーしていた。ミドルサイズのピークから底ぼれするボトムへのテイクオフはH. T. のようだった。

P1010311 P1010313 P1010315

| | コメント (0)

2016年9月23日 (金)

160921 Wed. TSUJIDO D51 #69 by T16

P1010228

KOZO 6’6 TRI

11:00am – 12:30pm

腰腹胸

Offshore wind

DEUCE: Spring Suit

 

台風16号が抜けてサーフアップ。早起きが出来なかった。体が重い。西浜の漁港側はサーファーを集めていて波数に乗れるイメージが湧かない。今日はWidth 19&3/4KOZOボードをチョイスした。スモールでも辻堂で波数を集めようと思った。早いブレイクにてこずりムーブもアクションも決まらない。9/19の明治杯での4ヒート分のダメージが残り、右腰に若干違和感がある。敗北感を感じながら早めに切り上げた。サウザリーでランチして圏央道を目指した。

P1010229 P1010234 P1010237


P1010243 P1010254 P1010259


P1010263 P1010264 P1010268

P1010270 P1010272 P1010275


P1010277 P1010278 P1010279

| | コメント (0)

160919 Sat. MARUKI D50 #65&8

14292474_1113300728756761_425412938

 

明治杯

 

KOZO 6’3 TRI

06:30am – 16:00PM

腰腹胸

Offshore to Side on wind

Swim Short

 

前日の夕方4時半に到着したがハイタイドを迎えてノーブレイク。当日は11時のロータイドに向けてスモールグッドウェーブ、そして好天となった。Tomorrow Cup Round1: 池口くんにやられて敗退。Grand Master Round1: 日大の池田くんを抑えて1位通過 Round2: シード選手のノンキー・ハルさん1位通過、ヤジ高橋くんを抑えて2位通過。波回りが良く6本ほど乗った。Semi Final: 試合中に勝てない感覚が湧いてきて敗退。優勝した日高太郎くんが1位通過。宮崎から参加の斉藤英三くんも敗退した。Semi Finalは次元が違う戦いだった。波数を重ねてもムーブもメイクも出来なかった。疲労にもやられて、上を目指すにはもっとパワーが必要だと痛感した。12分間の集中力と緊張感が楽しかった。

14368750_1133676023389130_113141063 14355058_1133675480055851_706802274 14368922_1113299885423512_822284816

| | コメント (0)

2016年9月16日 (金)

160915 Th. TSUJIDO by T14 D49 #64

P1010217_2

 

KOZO 6’3 TRI

14:30pm - 16:30pm

腰腹胸

Offshore Wind

DEUCE: Short John & T

With Uttz

 

西浜はサイドの風を受けてピークワイドだった。辻堂はクリーンフェイスでまずまずのコンディションだった。着替えていると自転車に乗ったウッツが現れた。午前中は峰が原でファンだったとか。河口右側からエントリーしてP1.5あたりでサーフした。セットセットは肩オーバーだがダンパーで使えない。明後日のマルキをイメージして、ショルダーの残るスモールウェーブにフォーカスした。台風シーズンは稲村、西浜、カブネ、大崎で7’オーバーのガンばかりを使用していたので、久しぶりのショートボードだった。それでも16時半の満潮に向けて潮が動く時間帯で若干の押しもあり、たまにムーブが決まった。ウッツとのセッションはほとんどグッドウェーブだ。サーフし過ぎて疲れを残さないようにビーチに上がった。Uttz Surf Stationでホットコーヒーをいただいてから、家路についた。

P1010196 P1010203 P1010215

P1010219 P1010220 P1010222

P1010224 P1010226 P1010225_2

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

160909 Fri. NISHIHAMA by T13 D48 #63

P1080967

 

Mickey 7’4 Fun Gun TRI

07:00am - 09:00am

Head and more

No Wind Rough Face

DEUCE: Spring & FCS Cap

 

ロシアンルーレットのような波だった。11本トライして7本乗った。まずまずの数字だ。レフトウェーブは1本だけだったがグッドウェーブだった。テイクオフがスムース&ナチュラルで、ボトムターンからトップへ、そこからフェイスが張りエンドゾーンでボードを蹴り上げた。睡眠が浅く息が上がった。早朝5時に犬たちと散歩して5時半に出発した。K子は姉妹旅行で信州にいる。お化けセットは4本ほど板を引いた。フルパドルしてもテイクオフゾーンでボトムが底掘れして乗れない。もっと始動を早くしてGO FOR ITだろう。ラストウェーブはミドルサイズだが渚まで乗り込んだ。帰宅は11時。一休みして出社した。

P1080953 P1080954 P1080955


P1080956 P1080960 P1080964

| | コメント (0)

2016年9月 5日 (月)

160829 Mon. K&OH-REEF by T10 D47 #61&2

P1080917_2

P1080932

Legen 7’10 TRI

13:00pm - 15:00pm

15:30pm - 17:00pm

Middle Size

Offshore wind

DEUCE: Spring & FCS Cap

 

土曜日は菅平で明治AB・東海ABのラグビー練習試合を観戦した。日曜日は息子家族と松ケ谷から航くんが参加して上野の科博で“海のハンター展”を見た。Uターン台風10号はあきらめていたが月曜日にワンチャンスが巡ってきた。出社してルーティーンを終えて11時に高速に乗った。西浜はライダブルで人も少なかったが、気持ちがOK-REEFに向いていた。エントリー前に撮影するとインターバルは長いが、セットが入ると波数も形も良い。駐車場でゴローさん、キンちゃんたちに挨拶して防波堤に向かった。林利夫師匠が上がってところで、太っちゃダメと脇腹をつままれた。そこに押尾くん、高地くんも上がってきた。インサイドで山田絵里さん、川真田くん、塩見くん、アウトで近江さんに挨拶した。結局、サイズダウンが進み、波数も減り、5本乗ったがリアルウェーブには恵まれなかった。大崎Pを望む防波堤には富山くんがいた。近況交換をしながら波を眺めている内に2ラウンド目へのモチベーションが湧いてきた。同じ時間に上がってきたカタヤマくんに声をかけてエントリーゾーンに向かった。ジョージたちは波乗りを終えたらしく、波を見ながら盛り上がっている。ポイントには友成くん、北見くん、塩見くん、雄三くんたちがいた。最奥のピークには久しぶりの古澤徹くんが7’5G-LAND Gunでステーしていた。ピークから左右3本ずつ良い波をメイクした。ラストウェーブはビハインドからレフトに滑り、インサイドからライト方向へジュースセクションを延々と崖の手前までつないだ。右往左往したけど、台風10号の波に乗ることが出来た

P1080883 P1080888 P1080891


P1080904 P1080908 P1080914


P1080921 P1080924 P1080925

P1080926 P1080931

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »