« 160808 Mon. CLASSIC-REEF & 西浜D44 #57-8 | トップページ | 160821 Sun. 西浜 by T9 D46 #60 »

2016年8月17日 (水)

160816 Tue. 西浜 by T7 D45 #59

Dscf0734

Dscf0739

Dscf0738

Dscf0740

Mickey 7’4 TRI

16:30pm – 18:30pm

Head & Half and more

Strong NE Offshore Wind

DEUCE: Short John & FCS Cap

 

終盤、センター寄りのお化けセットの真下に潜り込んだ。一瞬でボードが股下からさらわれボトムに引き込まれた。やっと海面にでて全力でパドルアウト。冷静になるとお気に入りのFCSキャップが無い。インサイドのジュースに浮かぶキャップが見えた。祈るように鬼パドルでレスキュー。回収出来た。

Dscf0715 Dscf0717 Dscf0720


Dscf0725 Dscf0726 Dscf0727


Dscf0728 Dscf0731 Dscf0732

Dscf0733 Dscf0737 Dscf0741

今日で3週間、鳩山ハウスにステーしていた櫂と航を河童橋のマンションに送った。上野の駅前から首都高に乗り朝比奈からOK-REEFをチェック。ほぼフラット。稲村はファンウェーブだが夕方のハイタイドに向けて期待が持てない。R134の渋滞に負けて七里の駐車場に入ったが、波数の少なさとサーファーの多さに気持ちがめげて車を出した。駐車料金はゼロ。ハイタイドは17時半。上げ際の1時間をキャッチしようと決めた。プライベートパーキングに到着したのが16時。Fuji XPで撮影してからエントリーした。セットセットは迫力のブレイクだ。最初の30分でグッドウェーブ4本に乗った。センターに移動するとピークワイドで難易度が高い。5本目をキャッチするのに時間がかかった。じれてクロージーな波に乗った。ボトムからジュースにつかまりながらインサイドセクションに入ると、物凄いパワーとスピードを感じた。エンドセクションからはゲッティングアウト出来ない。いったんビーチに上がり、漁港側からリエントリー。6本目は最大セットのベストポジションからボードが出た。ボトムのクローズセクションをかろうじてクリアーすると、ラインがビーチまでつながった。気持ちがあがり7本目を狙った。素晴らしいセットが入りボードをセットしたが、5M奥のヤングなショートボーダーがパドルを始めたので板を引いた。やはり彼のボードは出なかった。ちょっとリズムが乱れてセンター寄りに流された。7本目はピークで板を横に飛ばして回避。8本目はデカさにビビッてスタンディングが早すぎ置いていかれた。あたりが暗くなり、ラスト1本のプレッシャーが湧きあがる。気持ちインサイド寄りでミディアムピークを待った。何本かスルーし、やっとライダブルなオープンウェーブがやって来た。ポジショニングが良く、ぎりぎりでテイクオフ。ショルダーから乗り込んだサーファーがワイプアウト。そのボードを回り込んでビーチを目指した。満たされて振り返ると、40年前と変わらないブレイクがそこにあった。

|

« 160808 Mon. CLASSIC-REEF & 西浜D44 #57-8 | トップページ | 160821 Sun. 西浜 by T9 D46 #60 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 160808 Mon. CLASSIC-REEF & 西浜D44 #57-8 | トップページ | 160821 Sun. 西浜 by T9 D46 #60 »