« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月19日 (火)

160716&7 Sat. CHITOSE D40&1 #53&4

Img_0319

13707778_1064711636949004_887198324

“梅雨の晴れ間のBBQ”@部原海がめ

 

DROP OUT 6’6 FUN QUAD

08:45am - 10:45am

06:45am - 08:30am

腰胸肩

No Wind

DEUCE: Short John & T & FCS Cap

With Uttz

 

柿の木坂でウッツと朝6時に待ち合わせた。久しぶりの相乗りでのショートトリップに気持ちが浮き上がる。千歳Pはまずまずのブレイクで、風が吹かぬ内にと急いでエントリーした。ウッツは波回り良くセットのピークをキャッチする。僕はインサイド寄りのグッドウェーブを何本もメイクした。幸いに風は弱くてフェイスクリーンだ。日焼け止めを塗りメンタワイと同じウェアーでサーフした。この場所は本当にファンだ。僕が主催のBBQにはミッキー川井さん、蛸操さんを含めて35名のサーフレンズが集まった。目の前の部原Pはスモールで気にならなかった。

翌朝、ビーチにはたまに腰くらいのセットが入るがライダブルなコンディションではない。再び千歳Pにエントリーしたが大潮のデッドローで、サイズが下がり、それでもたまに素晴らしいセットが入った。ただしサーファー達はインサイドにステーしているのでそのセットをキャッチ出来ない。昨日の半分も波数に乗れなかった。僕は早めに上がり、9時から予約していた加藤もも子さんのリフトロジーマッサージを受けた。加藤ご夫妻にはいつも大変にお世話様です。

今日は早々に風が入り2ラウンド目はパスして、SAND CAFÉでシーフードカレーを食べてからアクアラインを目指した。

Img_0320 Img_0324 Img_0326

| | コメント (0)

2016年7月15日 (金)

160714 Thur. TUJIDO D39 #52

Img_0318

DROP OUT 6’4 FUN QUAD

12:30pm – 13:30pm

腰胸肩

On shore Junk

DEUCE: Short John & T

 

前線低気圧からの南東うねりで小波アップ。10時半に自宅を出た。西浜はハイタイドでブレイクが甘い。ビッグスウェルにはホールドする予感がした。辻堂の橋前にエントリー。スウェルが東系のためか右に行くほどサイズが大きいような印象だった。オンショアダンパーの中、数本走ることが出来た。昨日のサーフレッスンでインスパイアーされた目線の角度を意識した。真夏日でメンタワイと同じ装備でサーフした。日焼け止めも塗った。オンショアーに乗って真夏の湘南の匂いがした。

Img_0304 Img_0307 Img_0309

| | コメント (0)

160713 Thur. KAWARAGO D38 #50-1

Img_0218

 

小野嘉夫サーフレッスン

 

KOZO 6’8 TRI & DROP OUT FUN QUAD

08:30am – 09:30am

09:45am – 10:15am with 小野プロ

腰胸肩

No Wind Clean Face with small rain

DEUCE: 3/4mm Seagull Suit
With
小林達志氏

 

東海村ビーチに7時集合。T-REEFをチェックして河原子へ。エントリーするとダンパーっぽいが良い波だった。小野プロは傘をさして僕たちのライディングをひたすら撮影。ビーチに上がり、小林さんのショートファンボードに変えて、小野プロと再びエントリーした。プロの1本目は様々なムーブを織り交ぜたロングランだった。右側のローカルゾーンに気を使いながら、ファンボードで何本か楽しいライディングをメイクした。

ショップに移動して画像を見ながらアドヴァイスをいただいた。テイクオフ時の視線の角度の大切さを教わった。その後、小林さんとハンバーグランチをして、サンサーフファクトリーを訪問して小野功シェーパーにご挨拶した。充実した時が流れた。

Img_0292 Img_0300 Img_0121

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

160709 Sat. T-REEF D37 #47-9

Dsc_1157

 

KOZO 6’3 TRI & MICKEY 7’4 TRI

04:45am – 06:00am

06:30am – 08:30am

16:00pm – 18:00pm

胸肩and more

No Wind to Side Offshore to No Wind

DEUCE: 3/4mm Seagull Suit

 

夜明けのピークはハイタイドでサイズもまずまず。6’3のボードではキャッチ出来ずに、車に戻って7’4に交換した。沖に戻る頃にサイドの西風が吹き込んできた。レフトで3本ほどメイクしてからセンターに移動してライトウェーブを狙ったが、ポジションが取れずに苦戦した。たまのグッドセットは芝田くんが乗り込んでいく。ラストウェーブは中途半端なサイズでボトムからショルダーに向かってトリミングしている内に終わってしまった。駐車場に向かうと、斉藤くんと植田くんがエントリーするところだった。潮がロータイドに向かうタイミングを計っていたようだ。先に上がったヤッサンに迎えられ、イッキュ&フーがウェットに着替えている。今日は終日サーフデーと決めていたので、チェアーを持ち出してヤッサンと沖を眺めた。そこにキューピー中澤くんが上がってきた。追っかけマルキュウ野田さんも黄色のニーボードを持って現れた。波の状態はプアーで、キンちゃんも上がってきた。その後、改装中の栃木チームのベース部屋に寄って、一人で湯楽の里に行った。河原子には面ピタの胸サイズがブレイクしていた。右奥のリーフも綺麗にラインナップしているが無人だった。一風呂浴びて、メンチカツ定食・目光唐揚げ・ハイボールのランチをいただいた。2時間仮眠して15分間のマッサージチェアーを終えてビーチに戻った。カズゥ・イッキュウ・フー・田澤さん・栃木チーム3名が先行して、ゴルフ帰りの110くんと僕が遅れてレフトピークに入った。ポイントは貸し切りでグラッシーな胸サイズのセットがやって来る。和気藹々とした楽しいセッションになった。僕は波回りに恵まれて、奥々、センター、乙女のセットに沢山乗った。帰りの常磐道友部SAでは西の空が綺麗に色づいていた。

Img_0174 Img_0175 Img_0176

| | コメント (0)

2016年7月 5日 (火)

160618 Sat. T-REEF D36 #46

P1110987

P1110988

DHD 6’2 TRI

12:45pm – 14:30pm

胸肩and more

Offshore to Side On Breeze

DEUCE: 3/3mm Full Suit

 

海水は温かかった。久しぶりのフルスーツが窮屈でテイクオフが窮屈で、まったくダメだった。ライトから上がってきた柴田くんが久しぶりに良かったと満面の笑みだった。レフトでやったのを後悔した。浮力オーバーのDHDもフィットしなかった。また来よう!

P1110977 P1110989 P1110990

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »