« 160618 Sat. T-REEF D36 #46 | トップページ | 160713 Thur. KAWARAGO D38 #50-1 »

2016年7月12日 (火)

160709 Sat. T-REEF D37 #47-9

Dsc_1157

 

KOZO 6’3 TRI & MICKEY 7’4 TRI

04:45am – 06:00am

06:30am – 08:30am

16:00pm – 18:00pm

胸肩and more

No Wind to Side Offshore to No Wind

DEUCE: 3/4mm Seagull Suit

 

夜明けのピークはハイタイドでサイズもまずまず。6’3のボードではキャッチ出来ずに、車に戻って7’4に交換した。沖に戻る頃にサイドの西風が吹き込んできた。レフトで3本ほどメイクしてからセンターに移動してライトウェーブを狙ったが、ポジションが取れずに苦戦した。たまのグッドセットは芝田くんが乗り込んでいく。ラストウェーブは中途半端なサイズでボトムからショルダーに向かってトリミングしている内に終わってしまった。駐車場に向かうと、斉藤くんと植田くんがエントリーするところだった。潮がロータイドに向かうタイミングを計っていたようだ。先に上がったヤッサンに迎えられ、イッキュ&フーがウェットに着替えている。今日は終日サーフデーと決めていたので、チェアーを持ち出してヤッサンと沖を眺めた。そこにキューピー中澤くんが上がってきた。追っかけマルキュウ野田さんも黄色のニーボードを持って現れた。波の状態はプアーで、キンちゃんも上がってきた。その後、改装中の栃木チームのベース部屋に寄って、一人で湯楽の里に行った。河原子には面ピタの胸サイズがブレイクしていた。右奥のリーフも綺麗にラインナップしているが無人だった。一風呂浴びて、メンチカツ定食・目光唐揚げ・ハイボールのランチをいただいた。2時間仮眠して15分間のマッサージチェアーを終えてビーチに戻った。カズゥ・イッキュウ・フー・田澤さん・栃木チーム3名が先行して、ゴルフ帰りの110くんと僕が遅れてレフトピークに入った。ポイントは貸し切りでグラッシーな胸サイズのセットがやって来る。和気藹々とした楽しいセッションになった。僕は波回りに恵まれて、奥々、センター、乙女のセットに沢山乗った。帰りの常磐道友部SAでは西の空が綺麗に色づいていた。

Img_0174 Img_0175 Img_0176

|

« 160618 Sat. T-REEF D36 #46 | トップページ | 160713 Thur. KAWARAGO D38 #50-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 160618 Sat. T-REEF D36 #46 | トップページ | 160713 Thur. KAWARAGO D38 #50-1 »