« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月22日 (金)

160416 Sat. CHIKURA D20 #18

 

KOZO 6’8 Tri

15:30pm - 17:00pm

腰腹胸

Offshore Breeze

DEUCE: 4mm Full Suit & FCS Cap

With Aki

 

金曜日の夜9時半に安芸のセカンドハウスに到着した。翌朝は茨城鹿島から、内装工事の打合せのために山中くんがやってきた。バランガンのタクローのCHBコテージで結婚式を挙げたのが山中くんと知れた。波は午後の引きに向けてオフショアーに変わる予報だった。ランチは安芸と二人で近くのSAND CAFÉで美味しいカレーを食べた。エントリーするとダンパー系の難解な波だった。リーフ側に移動したが僕にとってのライダブルな波は最後まで見つからなかった。夜はトンカツ屋でコップ酒を飲んだ。翌朝は風が強く、それでも早朝からサーファーがエントリーしていく。しかし誰一人乗れていない。早朝6時に帰宅の途に就いた。館山道まで15km。強風で閉鎖される前のアクアラインを抜けて自宅に着いたのは8時半だった。

| | コメント (0)

160414 Th. UB-REEF D19 #17

P1100999


P1110014


P1110042


KOZO 6’8 Tri

13:30pm - 17:00pm

腰腹胸

Offshore Breeze

DEUCE: 4mm Full Suit & FCS Cap

With Uttz

 

羽田(ハタ)くんは明治サーフ後輩の茅ヶ崎ロコ。PSCボードを展開している。バイブを共有しているのか、波チェックのシーンでよく遭遇する。今回は西浜の正面を一緒にチェックした。ファーストブレイクは最高だがショルダーが張らない。今日のベストポイントはチサンと知れ渡っていたが気が向かない。7’10ボードをウッツガレージに修理のために持ち込んだ。久しぶりにウッツと二人で鎌倉遠征に行くことにした。だめもとで大崎まで行ったがツースモールだった。僕達は姥ヶ谷リーフでサーフすることにした。顔見知りが上がってきて、今朝が最高だったと言った。サーファーにとってエントリー出来るその瞬間がいつでもベストタイムだ。クリーンなスウェルはパワーとスピードが物足らない。久しぶりの6’8がたどたどしい。インサイドのラインに的を絞って調子を上げた。中盤にデッドローのメインピークに入った。ボトムが丸見えで気持ちが悪い。終盤には長沼さんと中村さんの重鎮コンビがエントリーしてきた。橋前でウォームアップしてからメインゾーンに移動してきた。僕は長沼さんにご挨拶して、インサイドに移動した。不完全燃焼なラウンドだったけれど、メローな空気感をウッツと共有して、夕暮れの光の中で満たされた気分だった。帰りしな、ガイダースに寄り濱田さんと談笑した。7080年代を川崎の“ネプチューン”で過ごしたことが判明して、さらにフレンドリーさが増した。

P1100991 P1100992 P1100994

P1100997 P1110017 P1110018

P1110019 P1110021 P1110022

P1110027 P1110032 P1110035

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

160410 T-REEF D18 #16

Img_0523

 

Mickey 7’4 Tri

06:30am - 09:15am

腰腹胸

No Wind to Side On Wind

DEUCE: 4mm Dry Full Suit, Groves & FCS Cap

With Genta

 

元太のKOZO 6’0 ニューボードの初乗りに行った。水温は10度で冷たいが気温が温かい。中盤、元太のライディングを3本ほど見た。スムーズにテイクオフしてターンも軽快だ。本人の印象も上々だ。さすがに昨年のボーイズ全日本チャンプと同じモデルだ。僕はというと、パワーの無い波にてこずってテイクオフがきっちりと決まらずに最後まで気持ちが悪かった。最近、ヨガをさぼって、テイクオフ動作の反復練習も怠っているせいだ。気持ちを入れ替えてトレーニングしよう。10時半に刺身定食とビールをいただいて、元太の運転で帰宅したのが12時半だった。

Img_0522 Img_0529

| | コメント (0)

160408 KAMOGAWA D17 #15

Img_0436

Img_0425

Img_0422

 

Mickey 7’4 Tri

09:00am - 09:30am

Junk

On shore wind

DEUCE: 4mm Full Suit

With Mickey Kawai

 

STONE BREAK リメイクの打合せで、8時にシーサイドにミッキーさん、井澤さん、鈴木パルオくんと僕の4人が集まった。シーサイドはワイドダンパーで、二見もNG、グランド下のレギュラーがフェイスラフだけれど乗れそうなので、ミッキーさんと二人でエントリーした。直後からオンショアーが強まりクローズコンディションとなってしまった。僕は2本乗ってそうそうにビーチに上がった。ミッキーさんは粘ってさすがの4本に乗った。その後、デニーズで作品とクラウドファンディングによる資金集めの打合せ。ショップに移動して、ミッキーさんのキックオフ宣言を撮影した。

Img_0389 Img_0413 Img_0430


Img_0431 Img_0434 Img_0443

| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

160403 NISHIHAMA D16 #14

Img_0090

Img_0092

SuperFlog 6’4

08:00am - 10:00am

Small

No Wind

DEUCE: 4/5mm Semi Dry & Boots

With Genta

 

6時半に出発して7時半に到着した。小雨の中、チェックすると小波が綺麗にラインナップしている。センターのバンクは失われて、柳島側にサーファーが集まっている。南東ウネリということで鎌倉はサイズが無いと思った。エントリーしてみるとパワーの無い難しいコンディションだった。ロングボードであれば楽しめただろうが、ショートでは波数に乗れず不完全燃焼のラウンドとなった。今日のメインの目的は稲村サーフで元太用の5’11をピックアップすることだ。七里から稲村にかけて良い波がブレイクしていて、ちょっとガッカリした。

Img_0105 Img_0104 Img_0101


Img_0095 Img_0093 Img_0094

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »