« 160210 Wed. NISHIHAMA D04 #04 | トップページ | 160215 Mon. NISHIHAMA D06 #06 »

2016年2月16日 (火)

160212 Fri. T-REEF D05 #05

Dsc_0698

P1100636

Legen 7’10 TRI

09:00am - 12:30pm

Head and more

No wind to Side On

DEUCE: Dry 4mm Suit, Boots, Glove & Cap

 

週末は風が入るのでワンチャンスと思った。そして初めてのドライスーツを着てエントリーした。背中のチャックはカズーがやっていたように、紐を車に結んで体をひねって締めることが出来た。下半身がルーズだが水中に入ると水圧で締め付けられる。渚で水に浸かり、スーツ内のエアーを首からリリースした。ピークには柳井&ばんペアーたち3人。ライトPに一人が入っていた。ファーストテイクオフはスムーズだった。ドライスーツは温かく快適だったが、ブーツ部分が緩くスタンスが決まらない時がある。さらには背中のチャックの違和感が不快だった。波回りはまずまずで数多く乗った。セットピークから2回パーリングして激しく巻かれたが、水のウェットへの進入はさほどではなかった。何本かラインをメイクしてエンドゾーンまで走った。バンビさんが現れて、ブーツに百均レモン店で購入出来るベルクロテープを巻くと良いと教えてくれた。後半に手塚正延さんと、同じくアイパ8’6に乗るお友達がやってきた。手塚さんは奥奥のピークを狙っていたがなかなか乗れずに、波を捕まえにいくとビハインドからジュースにつかまった。彼のラストウェーブは巨大セットからスタンディング出来ずにボトムまで腹で滑って、それでも立ち上がってジュースセクションをビーチに向かっていった。僕は最後までピークにへばりついていたが良いラスイチウェーブをつかめずに、中途半端な波に乗りビーチに上がった。駐車場ではドライスーツの性能について手塚さんと色々と情報交換をした。そして、今日は良い波に乗れなかったという言葉が師匠の口からこぼれた。彼にしてそんな日が有るんだと、思った。帰りしな土佐屋でメンチカツ&小ラーメンのランチ定食を食べた。

P1100625 P1100632

P1100637 P1100639

|

« 160210 Wed. NISHIHAMA D04 #04 | トップページ | 160215 Mon. NISHIHAMA D06 #06 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 160210 Wed. NISHIHAMA D04 #04 | トップページ | 160215 Mon. NISHIHAMA D06 #06 »