« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木)

151230 Wed. T-REEF D63 #63

P1100397

P1100396

P1100405

 

Super Flog 7’4 QUAD   

11:00am to 12:00pm

Size: Too Small

Clean Face

DEUCE 3/5mm Full, Boots, Glove & Cap

With Ishii Chan

 

早朝5時前の気温はマイナス2℃。関越川越IC付近の事故のために高速道路上で50分間スタック。丘の上から見るT-REEFは年間に数日あるかないかのスモールコンディション。待ち合わせの石井ちゃんと河原子をチェックし、懐かしの川尻へ。20113月の震災後、初めての再訪となった。タイドハイのビーチに美しいスウェルがゆったりと押し寄せる。石井ちゃんとエントリーしたのは5年くらい前か。切通しの向こうから水色のWV Type Oneが走ってくるのが見えた。僕はあわてて国道に走って手を振った。斎藤高くんとは初対面だが、来年4月のビッグトリップの仲間だ。ハンセンのシングルフィンをカートップに、Katsuのボンザーを社内にちょこんと乗せている。楽しい邂逅だった。僕と石井ちゃんはT-REEFにもどり2015年の乗り納めをした。ピークには一人。僕たちに続いて二人のロンガーがエントリーしてきた。波は極限まで小さくてスタンディングは至難の業だった。10本トライして5本立った。気温は8℃だが風が無く日差しが強く温かいインディアンサマーだ。石井ちゃんがウニを取ってスケッグで割って僕にくれた。実はプアーだが味は濃厚で海水の塩味と相まって後味がひいた。ラストウェーブはこの日の最大セットだった。ビーチまで海水の透明度を楽しみながらパドリングした。石井ちゃんは地元の大みか町の生まれ育ち。高校生の時にはT-REEFのショアーブレイクレギュラーで腕を磨いた。どこか上手いところでランチしようと提案すると、“ちんや”という釜飯屋に連れていってくれた。五目釜飯定食800円は本当に上手かった。

P1100399 P1100403 P1100421

P1100407 P1100411 P1100414

P1100415 P1100416 P1100417

| | コメント (0)

2015年12月25日 (金)

151225 Fri. T-REEF D62 #62

P1100281

 

Legen 7’10 TRI

08:00am - 10:00am

Shoulder and more

No Wind or Offshore breeze

DEUCE: 3/5mm Full suit, Cap & Boots

 

風が収まりサイズも残ると信じて向かった。フェイスクリーンのピークにはマッチャンと三谷さんともう一人。僕に続いて高岡くんもエントリーした。マッシーなスウェルはなかなか乗せてくれない。僕はなるべく乙女Pのアウトセットを狙った。センター奥に移動してもファンなピークには恵まれなかった。水温は14度位でノーグローブではちょっと辛い。久しぶりの7’10は乗りやすいがセミドライの下半身が重くてクリーンなテイクオフが出来ない。それでも波回りに恵まれて中途半端なサイズの波数を重ねた。たまに入るお化けセットは美しくブレイクしてスピッツを吐き出す。ショルダーからはボードが出ない。ジャストポジションからはクイックなスタンディングを強いられる。エクセレントサーファーのマッチャンも何度もFireWire TOMOボードをピークから引いていた。パドル力が落ちてきてテイクオフが不安定になってきたところでラストウェーブをキャッチした。ライト方向に走ってジュースセクションで腹ばいになりテトラ方向に乗り込んだ。ビーチまでの距離の半分ほどを稼いだ。駐車場に向かうと柳井さんが現れた。サイズも風もまだまだOKだ。メリークリスマス。サンタウェーブをありがとう。

P1100282 P1100299 P1100309


P1100310 P1100315 P1100291

| | コメント (0)

2015年12月14日 (月)

151212 Sat. NISHIHAMA D61 #61

P1100149_2

P1100150




 

Mickey 7’4 TRI

08:30am - 11:30am

Head and more

Offshore breeze

DEUCE: 3/5mm Full suit
With Ikkyu & Genta

 

6時半にイッキュウとスピーカー前Pをチェックした。スウェルは力強くサイズもある。大潮のデッドローが1115分。デニーズで朝食して8時半にエントリーした。元太も自転車で合流した。ショアーブレイクのパスが緊張させられる。ゲッティングアウトも厳しい。ファーストテイクオフはセットピークからだった。綺麗にスタンディング出来ずにボトムでもたついたが、持ちこたえてラインに乗った。ターンを重ねカットバックを入れてビーチまで乗り込んだ。波数は集められなかった。セットセットのセンターからは巻きがえぐくて乗れなかった。1本ボトムまで直滑降してかろうじてパーリングをまぬがれた。中海岸に住むハナが現れた。T-REEF仲間のナイスなボディーボーダーだ。スウェルはマッシーでオフショアーがきつすぎてボードがなかなか出てくれない。後半はセンターPのレフトに乗った。最大セットは素晴らしい巻き方で手が出ない。終盤はライトのセットを狙った。セットの1本目に乗れずに振り向くとお化けセットが迫ってくる。ボードを右側に投げてボトムに潜り込んだが、まるでGランドのように巻かれた。ボトムをけって水面を目指すが体が浮かない。やっとの思いで水面に上がると次の波に巻き込まれた。今年最大の試練だった。それでもめげずに沖に向かう。体力がそがれてゲッティングアウトが辛い。この日、いったい何百本ドルフィンスルーを強いられたことだろう。ザ・デーだったがファンではなかった。トレーニングとダイエットが必要だ。着替えを終えてから辻堂海浜公園に孫の颯太と百恵に会いにいった。サウザリーで一緒にランチして、ウッツ宅に向かい、ヤマハFG034の弦交換をした。修理上がりのKOZO6’8をピックアップして19時に帰宅した。

P1100151

| | コメント (0)

151210 Thur. T-REEF D60 #60

P1100132

 

Mickey 7’4 TRI

14:30pm - 16:15pm

Shoulder and more

Offshore breeze

DEUCE: 3/5mm Full suit & Boots

 

マノ・カマクラ号応援Hula & Live、茅ヶ崎Live、内輪のSurfer’s Talk忘年会をメイクして気持ちが楽になった。午前中のジョブを終えて、11時半に自宅を出発した。丘の上からみる無人のラインナップは美しく、そして寒々しい景色だ。今シーズン初めてのブーツをはいてレギュラーPへエントリーした。3週間ぶりの海水温は気温と同じ14度位か。ノーグローブの手が冷たい。形の良いライトウェーブはブレイクが速く、キャッチするのが難しい。テイクオフがもたつくと置いていかれる。後半はレフトPへ移動した。初ブーツは毎年てこずる。スタンディングが出来なかったり、ニーライドになってしまったり、ボトムでこけたり。たまにスムーズに乗れたり七転八倒だった。陽が暮れかかる頃にショートボーダーが入ってきた。セットピークから良い波に乗り、その彼とラインですれ違ったが顔見知りではなかった。センター奥のピークに向かい最大セットを狙っているようだった。ラストウェーブはミドルサイズでまずまずの波だった。インサイドからライト方向にしつこく乗り込み、腹ばいになってジュースの上でフルパドルした。素晴らしスピードに乗りビーチに向かった。

P1100118 P1100134 P1100135


P1100139 P1100146 P1100147

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »