« 150925 仙台新港 D49 #48 by T18 | トップページ | 151010 sat. T-REEF D51 #50 »

2015年10月 8日 (木)

151007 西浜 D50 #49 by T23

P1090497

P1090501

KOZO 6’8 TRI

11:30am - 13:15pm

set

Strong Offshore wind

DEUCE: 3/4 Seagull

With Satoshi Ishi

 

スウェルは強すぎる北東風に抑えられ、ハイタイドに向かう時間帯で、ブレイクはショアーブレイクだった。それでもこの場所がベストと信じてエントリーした。センターPで僕も石井ちゃんも苦戦したが、そこそこの波数を乗った。一時間ほどで波数がさらに減ったところでビーチに上がった。漁港側に歩いて行くと、エンプティーなパーフェクトスモールなインサイドレフトを見つけた。沖にはセット狙いのサーファーが20人。マッシーなピークからボードが出ない。そしてインサイドからビーチまでノーバディーラインがブレイクする。僕達はピンポイントでインサイドピークを狙った。ちょっとしたファンサーフだった。セットセットのピークからテイクオフしたサーファーはボトムでつぶされて、インサイドまで抜けてこない。最大セットのショルダーを追いかけて乗った波は素晴らしかった。ボトムまでトリミングしながら下りて、ライン上からスピードにのってスムーズなリッピングが決まった。僕としてはめったに飛び出さないムーブだった。さらにゲッティングアウト中に板を返してスモールピークをつかまえた。エンドゾーンまで左腰のあたりで綺麗にカールして、ビーチまで乗り上げるパーフェクションだった。

その日の波乗りはやってみないと分からない。ミニマム3本、マキシマム8本な気分でエントリーしたが、終わってみれば数えきれない波に乗り、心に残る波を何本かメイクした。

駐車場に戻り、石井ちゃんとランチしようと思っていたところにラインメッセージが。K子がバイクでこけて病院に搬送された。脳震盪でCT検査異常無しの情報が入るまでの30分間、人生の良き伴侶を失う可能性に囚われた。一寸先は闇、そして光だ。

P1090492 P1090494 P1090493


P1090496 P1090498 P1090499_2

|

« 150925 仙台新港 D49 #48 by T18 | トップページ | 151010 sat. T-REEF D51 #50 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 150925 仙台新港 D49 #48 by T18 | トップページ | 151010 sat. T-REEF D51 #50 »