« 150809 NISHIHAMA D40 #40 by T14 | トップページ | 150826 HOME BEACH D43 #44 by T15 »

2015年8月24日 (月)

150821 K-REEF & CLASSIC REEF D42 #42&3 by T15&16

P1070873

11938977_840662326047741_1529745664

P1070878

 

KOZO 6’8 TRI

07:30am - 10:30am

16:30pm - 18:00pm

Small to Head and more

Off shore wind to side on

Swim short & T & Cap

 

お盆前に湘南で台風13号のスウェルを4日間連続サーフした。夏休みは自宅で孫たちと過ごした。台風15&16号はワンチャンスに恵まれた。金曜日の早朝、西浜はクローズアウトだったが、OK-REEFはスモールだけれど形の良いブレイクを見せていた。ヒデがOH-REEFのライトに向かったので、久しぶりにピークメンバーたちに会いたいとも思ったが、自然に足はK-REEFに向いた。トップにはお約束の川島さんがトランクスだけの姿でステーしていた。インターバルはとても長くて、待ちきれないと食らってしまう。KOZO 6’8での1本目はコーナーでクローズ。ボードの感触はとても良い。南東うねりだとミドルセクションから先が閉じてしまう。そして得士くんが現れた。選球眼が素晴らしく、オープンな波をセレクトする。彼はしばらくトップで我慢して、結局最大セットのベストポジションをキャッチした。僕も次のセットに恵まれてエンドゾーンまで乗り込み、二人でパドルバックした。そこにエンプティーセットが入り、得士くんが板を返した。その波は防波堤までラインが出たらしく、はるか彼方からパドルバックする姿が見えた。9時半の満潮を過ぎるとリアルセットが姿を消した。そこに突然、印丸さんが登場した。八王子SHOP FREEの御大とは20年前に川尻で、10年前にショップでお会いして以来の再会だった。若いチーム員を連れていて溌剌と波に乗っていた。ご友人のカメラマンが防波堤からシュートしていて、その夜、1枚の画像を送信していただいた。風が入り始めて波数も極端に減ってしまったところで、インサイドの波に乗ってテトラを目指した。

P1070865 P1070872 P1070866

P1070876 P1070881 P1070882

P1070883 P1070885 P1070897

P1070888 P1070892 P1070894

 

七里の丘の上の中富宅まで通常15分の道のりに45分かかった。来たる11/14土曜日のタイガー・エスペリ10周忌、マノ・カマクラ号応援Hula & Live の打合せをした。鎌倉食堂でフレンチランチをいただき、湘南、ハワイ、ゴルフの話しで時が過ぎて行った。

 

16時に稲村の海の家駐車場に入った。フェイスラフで時折サイズの有るセットが入る。気持ちが定まらずちょっと迷った。逗子まで移動するとタイムロスが大きい。結局人ごみのピークを目指した。インサイドP右側のレフトにテイクオフしていきなりパーリングした。6’8のボードのせいではないナと思った。メインピークに移動してピークから乗ると、フェイスが段掘れしてボードを斜めに蹴り出してフェイスに体を押し込んだ。ボトムに下りられない波だと理解した。段掘れする前にボードをフェイスにセットしてラインをメイクしないとライディングにならない。ミドルサイズのピークでも難しかった。サーファーたちが次から次へとパーリングする。ラストウェーブはメインピークのライトにトライした。やはり底掘れして、かろうじてボトムをメイクしたが、そこで気持ちが切れてビーチを目指した。ファンウェーブばっかりやってんなよと、誰かが僕に囁いたようだ。

|

« 150809 NISHIHAMA D40 #40 by T14 | トップページ | 150826 HOME BEACH D43 #44 by T15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 150809 NISHIHAMA D40 #40 by T14 | トップページ | 150826 HOME BEACH D43 #44 by T15 »