« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月16日 (月)

150314 Sat. NISHIIHAMA D18 #18

P1060601

P1060608

Mickey 7’4 TRI

08:00am - 09:30am

Small

No Wind

3/5mm Full, Boot, Glove & FCS Cap
With Genta

 

ツースモールだが開通した圏央道海老名~寒川北を初乗りして茅ヶ崎へ。10時半の上げ際に期待してエントリーした。波数はどんどん減ってゆき、厳しいサーフとなった。7本テイクオフして4本立てた。内1本だけだがラインを走った。

フルパドルでのスモールウェーブは辛いけどグッドなトレーニングになる。小さすぎる波への恐怖心を克服すると、ノーマル以上の波への感謝の気持ちが培かわれる。ゲンは漁港側で10本ほどテイクオフしたそうだ。中海岸で40年前から車を停めさせていただいている、関さんに“宝山”を進呈した。その後辻堂へ移動して、Uttz Surf Garageで修理上がりのKOZO 6’6をピックアップした。T’Sでコーヒーを飲み、Shop My CrewYAMAHA FG200の弦を張り替えた。横田くんからお礼にお洒落なトートバッグをいただいた。ゲンはSB 5’4を試乗用に受け取った。ランチはT’S 中川さんとイタリアン。柳島から鳩山ハウスまで92km 60分で帰宅した。

P1060600 P1060603 P1060604

| | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

150302 Mon. NISHIHAMA D17 #17

P1060535

P1060500

P1060511

Legen 7’10 TRI

14:00pm - 16:00pm

Set Overhead

Offshore to Side On Wind

3/5mm Full, Boot & FCS Cap

 

週末をはさんで再びサーフアップ。右の首筋に痛みがある。週初めのジョブを終えて自宅に戻った。念入りに太陽礼拝ヨガを施してから出発した。圏央道の海老名と新湘南バイパス寒川北を結ぶ欠落部分は3/8日曜日21時に開通する。鳩山ハウスから茅ヶ崎南湖交差点まで94km 75分だが、さらにショートカットされる。サイズが有りそうなので鎌倉方面に向かう心づもりでいたが、西浜にはパーフェクトなスウェルが押し寄せていた。デカすぎるビーチブレイクはやっかいなので散々迷ったが、やはりホームブレイクでやることにした。久しぶりに使う7’10は浮力たっぷりでドルフィンで腕力を使わされる。2本目でセットのピークからスムーズにテイクオフが決まった。エンドゾーンまであっという間に乗り込んだ。サイズもパワーもスピードもフレンドリーでライダブルだった。ただしグローブを着用しない素手に海水がびっくりするほど冷たかった。ほどなくして東のサイドオンの風が入った。撮影時のクリーンなフェイスは失われてしまった。15時半のハイタイドに向けて逆にサイズダウンが進み、歯ごたえのあるセットが減った。右と左と交互にセットがやってくる。もう一時間早くエントリーしたかったが、この場所でサーフする幸せを噛みしめた。

P1060527 P1060526 P1060520

P1060504 P1060510 P1060524

P1060532 P1060533 P1060536

| | コメント (0)

150227 Fri. NISHIHAMA D16 #16

P1060442

 

Mickey 7’4 TRI

14:00pm - 16:30pm

Set Shoulder Size

Side onshore Wind

3/5mm Full, Boot, Glove& FCS Cap

 

春の南岸低気圧が抜けてスウェルアップ。午後から圏央道で茅ヶ崎に向かった。ロータイドと風が弱まるレイトアフタヌーンにエントリーしようと思った。アイルグリーンで軽くレールをクラッシュしたKOZO6’85を辻堂のUTTZS SURF GARAGEに持ち込んだ。ハイタイドの橋前にはクリーンなスウェルが入ってきていたがボトムが深くてブレイクしない。正面Pにサーファーが集まっていた。撮影した時にはラフだった西浜も整っていると期待した。中海岸の路地でアサヤン浅野くんと出会った。久しぶりの笑顔だった。4歳の長男を連れている。センターからエントリーするといきなりインサイドにはまった。サイズは無いが波数に襲われて疲労した。ところがアウトにはライダブルなピークがやって来ない。柳島方向に移動してやっとサーフスタートとなった。このボードをビーチブレイクで使用するのは今日が初めて。走り出しが早くてラインでのターンも軽快だ。相変わらずテイクオフのタイミングが不調だがボトムをメイクするとビーチフロントまで距離を乗れた。まずまず波数を集めた。春シーズンの始まりだ。

P1060434 P1060440 P1060443

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »