« 150210 T-REEF D12 #12 | トップページ | 150227 Fri. NISHIHAMA D16 #16 »

2015年2月20日 (金)

150217-9 TACOS ISLE D13-5 #13-5

P1060308_2

P1060312_2


KOZO 6’85 TRI

Mickey 7’4 TRI

2/17 10:30am - 12:45pm

2/18 12:00pm - 14:00pm

2/19 09:30am - 11:30am

At Tacos Point

Shoulder to Double Over

Side and Offshore Wind

3/5mm Full, Boot & FCS Cap

 

大潮の三日間を島で過ごした。1988年の夏に初めて家族を連れて訪れてから長い月日が流れた。80年代に2回、2007年の4月と12月、2010年の4月、2011年の10月、2013年の2月と12月、そして今回で9回目の訪問となる。メンタメイトの石井聡くんは茨城生まれのエクセレントサーファーで、僕とこの島を訪れるのは3度目だ。彼の後輩で川尻育ちの緑川プロが漁師として島に住みついている。初日はセット頭で風が弱く乗り易かったがなかなかグッドウェーブをつかめなかった。クローズアウトセクションでのトップターンと小一時間かけてつかまえサイズのあるラストウェーブが印象に残った。午後は石井秀明さんと井上馨くんと4人で中之郷の温泉に出かけた。帰りがけに寄った八丈ミニストアーで後輪のパンクに見舞われた。予備タイヤは装備されていたが工具類が無く往生した。店のご主人のヘルプで事なきを得た。それから波浪庵でお酒を飲みながら楽しい時間を過ごした。石井聡くんからサプライズで還暦祝いのマウント・ゲーブランドのラム酒をプレゼントされた。メンタワイで仲間と飲んだ想い出のラム酒だった。二日目は朝から強いオフショアーが吹き込んだ。夜半過ぎに南岸低気圧が通過したのだ。お昼までウェイティングした。ピークには12名。石井秀明さん、馨くん、緑川くん、ローカルのチカラ&カズシ、その他の常連さんたちだ。エントリーして間もない頃に良いセットにぎりぎりのポジションからテイクオフした。ボトムでバランスを崩したがかろうじて耐えてラインを走った。それからそれ以上の波に乗ることは叶わなかった。ラスト1本でミドルサイズの波に乗るとラインがエンドゾーンまで伸びた。最終日はビッグデーとなった。明け方晴れ渡った空が朝食を食べ終わる頃には豪雨になった。雷が響き渡り雹がふった。10時頃に晴れ間が広がったので出発した。カイザーでは緑川くんが待機していて北うねりの北風でサイズも上がって最高だと満面の笑みだった。無人のピークを目指すとビッグウェーブのヴァイブレーションが心に響いた。石井くんはメインピークに向かっってパドルするが、僕はというとビッグセットに3本巻かれて心が折れそうになってしまった。奥に入らずにインサイドゾーンのアウトでステーした。しかしここに入るセットもサイズはメインと変わらない。さらにテイクオフはメインよりえぐいと言われている。緑川くんは水を得た魚のごとく素晴らしい波乗りを披露した。6’AIPAのツウィンフィン。力強いパドルでビッグセットの真心から乗り込む。遅れて現れた馨くんも5’9TRUEで良いライディングを連発した。こうなると自分が乗れる気がしない。4本いってすべてワイプアウト。ラスト1本だけがボトムをメイクしてラインを走った。今回のトリップは僕も石井くんも体調が万全でなく疲労を溜めてしまった。充実感は得られなかったが、もっと精進してまたこの場所に戻って来ようという想いがつのった。

P1060244 P1060252 P1060302

P1060269 P1060272 P1060279

|

« 150210 T-REEF D12 #12 | トップページ | 150227 Fri. NISHIHAMA D16 #16 »

コメント

BOBBY

次回のタコス行きの際にはお声掛けしますね。
千葉南でサーフしましょう!

投稿: レジェ | 2015年3月 4日 (水) 11:45

旅してますね!

どうもレジェンドとはシンクロしております

実は私も去年ぶら子とタコスアイランドに
お邪魔しました
この時期タコスアイランドは波もギャランティですが
やはり私も自分のサイクルが重要と思いました

そろそろどこかでお会いしたいです

BOBBY

投稿: BOBBY | 2015年2月20日 (金) 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 150210 T-REEF D12 #12 | トップページ | 150227 Fri. NISHIHAMA D16 #16 »