« 150204 J’S D11 #11 | トップページ | 150217-9 TACOS ISLE D13-5 #13-5 »

2015年2月12日 (木)

150210 T-REEF D12 #12

P1060087

 

Mickey 7’4 TRI

14:30pm - 16:45pm

Set Shoulder

Offshore Wind

3/5mm Full, Boot, Glove & Cap

P1060081 P1060096 P1060089

P1060061 P1060060 P1060108

 

1時間の茅ヶ崎と2時間のT-REEFとちょっと迷った。波質を考えて北上することにした。エントリーはデッドロー、タイド46cm。ビーチがとても広い。丘の上からはフェザーのように見えるフェイスも、実際は強いオフショアーにあおられている。ノーバディーピークにはパーフェクトウェーブが割れている。サイズ足らずだが時折入るセット波はグッドウェーブだ。ミッキーシェープの7’4はパドリングが早く感じられる。ブーツもグローブも真冬用の厚手のモノでラバーキャップも装着。さすがに窮屈だが寒さは感じない。気温9度はこの季節としてはとても温かい。陽射しもたっぷりで僕が一番好きなシーズンだ。スカッとしたテイクオフはなかなか実現しない。昨日見たパルオくん撮影の東海村ビーチでの小野嘉男くんのテイクオフとライディングをイメージした。バタバタしながらも波数を集めた。セクションで細かくトリミングすると右でも左でもニューボードはなんなくセクションをクリアーする。数本ゲットしたセット波ではきわどいゾーンを突き抜けてボードが走った。さらに長さの割にドルフィンの抜けが良い。ノーズエリアが細めの効果だと思った。ワイデストポイントが後ろ目なのでスウェルのキャッチィングも良好だ。陽が傾くと風が弱まった。期待していたサイズアップは叶わず、逆にサイズダウンが進む。今日出動して正解だった。明日の休日はきっとツースモールだろう。ビーチに上がり着替えを終えて、ボードのデッキに触るとヌルヌルしている。海草のカジメのヌメかと思ったが、ふりかけた真水がシャーベット状になっていた。こんな季節が好きだ。毎年3月になり春めくと、ゆく冬が惜しい気持ちになる。

|

« 150204 J’S D11 #11 | トップページ | 150217-9 TACOS ISLE D13-5 #13-5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 150204 J’S D11 #11 | トップページ | 150217-9 TACOS ISLE D13-5 #13-5 »