« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月19日 (月)

150117 Sat. T-REEF D03 #03

P1050610

P1050611

BUSHMAN 9’6 TRION

13:00pm to 15:00pm

Head and more

Strong Side Wind

DEUCE: 3/5mm, Boots, Grove & Cap

 

昨日湘南で調子が良かったテイクオフが決まらない。細いガン、5mmブーツ、強すぎる風とラフフェース、そして冷たい水。すぱっと立てない。ニースタンディングになってしまう。エントリーのためにビーチを歩いていると、ヒデ、ケイスケ、谷くん、きんちゃんが上がってきて、みんな渋い表情。ピークにはロンガーが一人。奥のピークをメイクしている。使い慣れた7’10の方がベターだったろうが、スキルの低さに気が滅入る。さらに左手グローブの手のひら側に穴があいてしまい、フルパドルすると水が入ってきて集中力が低下する。終盤にはジモティーのエクセレントなロンガーが入ってきて、ロングランを連発した。こんな日もあるさとあきらめてビーチに向かった。耐えて来たるべき日を待とう。

P1050600 P1050619 P1050608

P1050633 P1050614 P1050646

| | コメント (0)

150116 Fri. 西浜 D02 #02

P1050559

P1050571

 

Legen 6’8 QUAD

13:30pm to 15:00pm

Shoulder and more

Side Breeze to Side Wind

DEUCE: 3/5mm, Boots, Grove & FCS Cap

 

午前中の来客ミーティングを終えて圏央道に乗った。南岸低気圧の置き土産は、期待していた以上のサイズで形も良い。真冬に使う7’10ではなく、なぜか使い込んだ6’8を持ってきた。パワーのあるビーチブレイクではロングパドルでウネリを追いかけるのではなく、ポジションを合わせてタイミングでテイクオフする。やはりやり慣れている波なのでまずまず乗れた。正面右ゾーンのライトは綺麗に割れるがブレイクが速くて手こずる。見慣れたスキンヘッドのエクセレントな彼は、波のセレクションが的確だ。結局テイクオフだけで突き抜けたロングライドはメイク出来なかった。横風が強まりインサイドから抜け出せずにギブアップした。そしてもう一人のサーファーも同じゾーンからビーチに上がってきた。気温13度で春の波だと思った。

P1050563 P1050565 P1050573

P1050576 P1050580 P1050582


今週、2009年9月以来のバリに行く。K子を連れての還暦ツアー。
バランガンに2泊、ロンボクに4泊。
KOZO 6'85のニューボードを持参する。

| | コメント (0)

2015年1月 6日 (火)

150103 和田白渚 D01 #01

P1050440

P1050423_2

 

Legen 7’10 TRI

09:30am to 11:00am

Small

Offshore wind

DEUCE: 3/5mm, Boots, Grove & FCS Cap

With Genta

 

6時に元太が新車のデリカでやってきた。彼にとっては4か月ぶりの海行きだ。ビーチ到着が9時半。やはり千葉は遠い。スモールだがクリーンでチュービーな波が割れている。正面は激混みなので河口を越えて南に500mほど離れたマッシーなブレイクにエントリーした。小波へのテイクオフは難しく最初の2本はニースタンディングになってしまった。しばらくじたばたと波数を稼いでいると、潮が動いてサイズアップした。インサイド手前で波が厚くなるゾーンをメイクするとビーチまで乗り込めた。ポイントの端っこで次々とピークをつかまえたが誰も寄ってこない。さばさばとサーフしていると良い時間帯はいきなり終わってしまった。ラストウェーブで渚まで乗り込むと元太がビーチで待っていた。それからミッキーのショップに寄って7’4ボードをオーダーした。明治サーフの仲間たちとランチ新年会をして家路についた。

P1050417 P1050443 P1050448

| | コメント (0)

141230 T-REEF D69 #84

P1050328

P1050352

 

Legen 7’10 TRI

08:15am to 12:15pm

Head and more

Offshore wind

DEUCE: 3/5mm Semi Dry, Boots & FCS Cap

 

南うねりでサイズが上がらないと思ったが、風が良いし、一年の〆はホームビーチへ行こうと思った。丘の上から見るスウェルは素晴らしかった。サイズも充分で気持ちが高揚した。ピークには6名。知った顔ばかりだ。12/26に勝どきの大橋院で整体を受けて、腰から背中にかけての違和感が抜けた。3/5mmのセミドライも今シーズン4回目で体になじんできた。テイクオフが上向いてニースタンディングすることも無かった。途中レギュラーPへ移動して3本乗ったが、ゲッティングアウトでパワーを消耗するので、レフトPに戻った。終盤には手塚さん、そしてヤッサン、マッチャン、佐藤くん、斉藤くん達が次々に現れた。2014年のラストウェーブは最奥のピークで粘ってつかんだグッドウェーブだった。

P1050331 P1050346 P1050360

| | コメント (0)

141223 T-REEF D68 #83

SuperFlog 7’4 QUAD

14:00pm to 15:30pm

Minimum Small

Offshore wind

DEUCE: 3/5mm Semi Dry, Boots & FCS Cap

 

60代最初のサーフは極小の波だった。予想してファンボードを持参したが想像をはるかに超えてフラットな海だった。灯台公園では梅澤くんが娘さんとのどかに遊んでいた。思い切って16pmの満潮への上げ込みを狙ってエントリーした。ほんの15分くらいライダブルな波がブレイクしたが、テイクオフは僕には至難の技だった。それでも冬の海は満ち足りた気持ちを与えてくれた。

P1050179

P1050192

| | コメント (0)

141220 T-REEF D67 #82

P1050069

P1050074

P1050079


Legen 7’10 TRI

10:30am to 14:00pm

Head and more

Offshore wind

DEUCE: 3/5mm Semi Dry, Boots & FCS Cap

 

50代最後の日。江橋仁と俊とエントリーした。ピークには今夜の灯台BBS忘年会に参加する仲間達がラインナップしていた。辻堂のShop My Crewで入手したウェット用柔軟剤の効果でラバーが柔らかい。腰から背中にかけての微妙な違和感の為にテイクオフが窮屈だが、まずまずの数と距離をメイクした。

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »