« 141024&5 千倉合宿 D60&1 #74&6 | トップページ | 141109 学生選手権@伊豆白浜 D63 #78 »

2014年11月 7日 (金)

141106 K-REEF D62 #77 by T20

P1040357

P1040365_2

 

Rip Curl 7’6 TriOn

07:45am to 11:45am

Small to Head

Strong offshore wind

DEUCE: 3/4mm Full suit & FCS Cap

With Jin

 

エントリー時、水の冷たさが染みた。風は冷たい北東風。フルジャーでは太刀打ちできない。波数が有り数多く乗れるのであれば体温も上昇するのだが、セット間隔は長く、背中から寒さが忍び寄る。スウェルアングル、強風、前線の為かサイズが上がらない。OH-REEFの方が波数多く人を集めていた。10時の引き際にコンディションが変わるだろうと思い、K-REEFを躊躇なく選んだ。ピークには4人。そして最後まで6名以上にはならなかった。久しぶりのかつての愛機は慣れるのにちょっと手こずった。ばたばたした時間が過ぎてグッドウェーブに乗れない。だんだんと状況を把握してきたが、一人のグッドサーファーにすべてのグッドセットをさらわれた。そしてベストタイムがやってきた。サーマル効果で風が和らぎ、引き際のセットが続いた。フェイスがスムーズに変わりテイクオフがイージーになった。しかし小一時間で潮止まりの時間を迎えてセットが入らなくなった。そのタイミングでSUPライダーと仁がやってきた。レフトPのハードセッションから転進だ。気を取り直して集中力を取り戻した。30分ほどでコンディションが上向いた。ワイドなセットが入り、ショルダーから乗らないとボトムでつかまってしまう。終盤、本日のベストウェーブをキャッチした。テイクオフはパーリングぎりぎりでメイクし、ラインを走った。カットバックでインサイドに入り、たるいセクションを2カ所抜けてエンドゾーンまで乗り継いだ。仁が現れてくれたおかげでこの波に恵まれた。シーズン最後の台風としてはあまりにプアーなコンディションだった。今一度チャレンジの機会を迎えたい。

P1040367 P1040369

P1040360 P1040359

|

« 141024&5 千倉合宿 D60&1 #74&6 | トップページ | 141109 学生選手権@伊豆白浜 D63 #78 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 141024&5 千倉合宿 D60&1 #74&6 | トップページ | 141109 学生選手権@伊豆白浜 D63 #78 »