« 141017 T-REEF D59 #73 by T19 | トップページ | 141106 K-REEF D62 #77 by T20 »

2014年10月27日 (月)

141024&5 千倉合宿 D60&1 #74&6

P1040164

KOZO 6’3 Tri&Quad

1st Day at Accion

15:30pm to 17:00pm

2nd Day at 白渚&Accion

09:00am to 11:00am

14:45pm to 16:45pm

Overhead and more

Off, Side and no wind

DEUCE: 3/4mm Full suit

P1040172 P1040176 P1040177

環七から安芸をピックアップして彼の千倉別荘へ。7階から見下ろすポイントはラフでクローズアウト。風をかわす巴Pはツースモール。スウェルダイレクションが南東なので平砂のウエストエンドにはウネリが届いているだろうと願い、車を走らせた。狙い通りのコンディションで即エントリー。17時には暗くなる。時折入るお化けセットは素晴らしくサイズがあり、ピークからのテイクオフは底掘れして手が出なかった。ワイドなピークからボトムにおりると、ジュースセクションでも斜面が張っていてビーチエンドまで走れる。Max. 8ウェーブと勝手に決めて波数を重ねた。ゲッティングアウトが厳しくて疲労した。陽が傾くと風が止み、フェイスはスーパークリーンになった。海鳥が飛び回り、大島が間近く見える。太陽は伊豆半島に隠れて、美しいトワイライトタイムが訪れた。7本目まではノーミスでライドしたが、ラストウェーブがなかなかキャッチ出来なかった。ハイタイドを迎えて波を取りに行くとアウトサイドのセットを食らった。小さ目のピークをつかまえるとボトムで今日初めてのワイプアウトだった。スマホで波を撮影していたサーファーガールに挨拶した。

夕食には仁とベーが合流した。明日の波を想い話とお酒がすすんだ。安芸の部屋に戻り、ジョエルのLONGERと、FREE RIDEを見た。4人は8年ほど前に初めて集まった。僕以外は広告業界で忙しく活躍している。4人の最初のトリップは八丈だった。その後、ベーとはG-LAND&Mentawai、仁とは今年5月にMentawaiに行った。

 

翌日は白渚Pでサーフした。フェイスはちょっとラフだけど形の良いセットが入ってくる。エントリー直前に森幸一さんに声をかけられた。リーシュを切って上がってきたところだった。自転車仲間で定峰峠から白石峠へのヒルクライムを一緒にした仲だ。アウトサイドのセットをつかまえるのは難しかった。エントリー直後にレフトウェーブをつかまえたが、その後波回りに見放された。仁が左ゾーンから寄ってきて、波数に乗った。河口へのレフトはミドルセクションがたるいけれど距離が出る。僕は1本だけロングライドを決めた。昼食後に安芸の部屋で休憩を取り、ベーが帰っていった。13時半に平砂に向かった。確信は無かったがウエストエンドに期待をかけた。波は多少サイズダウンしていたが時折、歯ごたえの有りそうなセットがブレイクしていた。1&2本目のグッドウェーブはテイクオフミスでワイプアウト。3本目はライトへ綺麗にメイクした。雨がやってくると東風が強まりコンディションが悪化した。雨が上がるとゴルフ場の上に180度の完璧なレインボーアーチがかかった。僕達は東側に数百メートル移動して波数を求めた。6名ほどがサーフしているゾーンでレフトに開いている。僕は疲労感がつのり波に乗れなくなった。いいセットがやってきて仁がメイクするが、僕は対応出来なかった。6’3でのサーフはちょっときつい。トレーニングして体重を落とさなければ、4回目のメンタウィは遠いなと思った。

|

« 141017 T-REEF D59 #73 by T19 | トップページ | 141106 K-REEF D62 #77 by T20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 141017 T-REEF D59 #73 by T19 | トップページ | 141106 K-REEF D62 #77 by T20 »