« 141005 K&OH REEF D56 #69&70 by T18 | トップページ | 141012 NISHIHAMA D58 #72 by T19 »

2014年10月14日 (火)

141012 NISHIHAMA D57 #71 by T19

P1040090_3

P1040093_3

 

Legen 7’10 Tri

11:00am to 16:30pm

Head over and more

Offshore wind or no wind

DEUCE: 3mm Seagull

 

昨日11日はサイズが上がらないと判断して熊谷ラグビー場へ。アリヘイが合流して法流&慶筑戦を観戦した。夜明け前の情報を見て、ビーチでやろうと思った。干潮は13 (+85cm)9時にゆっくり出発した。ボードは6’6 7’6 7’10を積んだ。定点観測ポイントから見る波はマッシーでサイズが有る。ちょっと迷って7’10を選んだ。サイズアップしてもチャレンジ出来る。オープンサイドにステーしてライトのブレイクを観察した。波数を求めると柳島方向にポジションを取りたくなる。それでもセンターに入るビッグセットが最高だと感じた。5時間半、無我夢中で波を追いかけた。パーフェクトなファンウェーブだった。みよちゃんカップルがピークにいた。いつものセンターと漁港の中間にステーしている。そのポジションは10年間、変わらない。中盤に最大セットのピークからパーリングしてフィンが左足にヒットした。しばらく激痛が続いたが擦り傷で済んだ。ラグビープレーヤーはもっと痛いのだろうなと思った。オフショアーは弱く、サイドに振れたり無風になったりした。雲の切れ間からの陽射しが美しい。富士山がかすむ。小魚の群れが走る。カモメが水面に着水する。ワンライドは100mくらいか?数えきれないほどの波に乗った。ワイプアウトは数えるほど。ライディングの距離は5kmを越えたと思う。セットの真下で巻かれた時には海底に抑え込まれ、息が限界で思い切りボトムをけって海面に出た。G-LANDを思い出した。このビーチは僕にとっての原点。20歳の6月から通っている。圏央道が開通して、鳩山から浜見平入口まで93km。より一層ご縁が深まった。

P1040095 P1040097

P1040101 P1040102

|

« 141005 K&OH REEF D56 #69&70 by T18 | トップページ | 141012 NISHIHAMA D58 #72 by T19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 141005 K&OH REEF D56 #69&70 by T18 | トップページ | 141012 NISHIHAMA D58 #72 by T19 »