« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月14日 (月)

140712 NISHIHAMA D32 #44 by T8 

1405165750018

 

Rip Curl 7’6 Trion

05:45am to 08:30am

Shoulder and more

Offshore breeze

Deuce Short John

With Genta

 

期待した以上のサイズが残っていた。ハイタイドのため綺麗に切れた波が入ってくる。6’4 & 7’6を持参したが迷わず7’6をチョイスした。ゲンは6’1のアルメリックだ。手ごわいショアブレイクを突き抜けて無人のセンターPにエントリーした。波回り良くライドを重ね、ライトに1本、レフトに1本、特大のセットをメイクした。ゲンも波数を集めている。ジャストピークからのテイクオフはパーリングするかと思い見守ると、きっちりボトムをクリアーした。大混雑している柳島P側に流されると良いブレイクに見放された。フルパドルでスピーカーを目指してポジションを戻した。潮が引きに動くとテイクオフが難関になり、連続3本ピークから降った。気合を入れ直して波に対峙した。弱い風が入りサイズダウンが始まった。トランクスとTシャツで体を冷やしたゲンはビーチに上がっている。ラスト1本はミドルセクションの掘波だった。ラインをつなぎビーチを目指した。お約束のように数回転がされて砂まみれになった。デニーズで朝食してJR茅ヶ崎駅に送ってもらい大船に移動した。13時より中富ミサさん主催の”E OLA” ハウラ・フラ・オ・ナー・カマリィ・オ・カ・ラー発表会を鑑賞した。素晴らしいショーだった。

1405165756768

1405165644775

1405165677549_2

1405165790173

| | コメント (0)

2014年7月10日 (木)

140707&8 TSUJIDO & K-REEF D30&1 #42&3 by T8 

P1020324


P1020333


P1020336


Super Flog 6’8 Tri

Rip Curl 7’6 Trion

17:00pm to 18:30pm

07:00am to 11:00am

Overhead and more

Side on Tsujido

Offshore breeze K-Reef

Deuce New Seagull
With Uttz

 

辻堂正面からSF6’8でエントリーした。急にサイズアップして波数多く、ゲッティングアウトは試練だった。フルパドルのウッツを横目に見て折れそうになる心を抑えてやっとアウトにでた。フェイスラフでまとまらずピークワイドな波にてこずった。強引にボトムにおりると、オーバーフロートのボードはコントロールが難しくワイプアウトを繰り返した。それでも明日のリーフブレイクの前日に心拍数を上げておくことはナイスだと思った。その夜は藤沢の居心地の良い居酒屋で久しぶりのウッツとのディープトークだった。

 

翌日はオフショアーで天気は真夏のようなグッドデーとなった。ガレージでウッツをピックアップして約束の場所に急いだ。OH-REEFはとんでもなくアウトで割れていた。お目当てのK-REEFもグッドウェーブだが波数が少ないと感じた。エントリー直後の一本目はベストポジションからのロングライドだった。ラインは完璧に伸びてハイラインからボトムへのムーブに胸が震えた。結果としてこの波以上の波には乗れなかった。時間を追うごとに人が増えてポイントパニックとなった。林師匠、ゴローさん、下條くん、エリさん、北見くん、川真田くん、富山さん、カツさん、その他の顔見知りが次々にやってきた。台風シーズンがやってきたんだ!

P1020320 P1020326 P1020323

P1020322 P1020321 P1020337




| | コメント (0)

2014年7月 1日 (火)

140628&9 CHIBA D28&9 #40&1

 

KOZO 6’6 Quad

12:30pm to 13:00pm

13:45pm to 14:00pm

腰腹胸

Offshore Breeze or No wind

Seagull

 

6/28土曜日は“梅雨の晴れ間の部原BBQ”@海がめに50人以上の仲間が集まった。翌日は部原のナイスウェーブを横目に千倉に向かった。春季全日本学生選手権&NSA学連支部予選に参加した。1955年以前生まれの59歳以上のカフナクラスに同じ明治サーフの吉田信一さんとエントリーした。8月の全日本サーフィン選手権@宮崎へのスロットルは2枠。順位確定の為の試合だった。当初、参加は考えていなかったが、学連支部が保有するスロットル確保のために出場すべきと考えをあらためた。波と天気に恵まれて素晴らしい一日となった。夜は和田の鰻陣で、打ち上げと来たる“明治サーフ40周年記念式典”の最終打合せを行った。帰宅は23時だった。

P1020096 P1020089 P1020097

P1020109 P1020158

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »