« 140528 Member of Mission May Storm | トップページ | 140531 T-REEF D24 #34  »

2014年5月28日 (水)

140506 Mission May Storm Day10

Img_6742

Day10 Mac’s by KOZO6’6Quad

 

Last Dayがやってきた。僕たちは一日中入れ替わり立ち代わりエントリーした。ピークにはOasia号のメンバーがいた。ボスが僕のおかげでJin-Landのテイクオフポジションが分かったという。それは彼なりのお礼の言葉だ。老けてみえるが54歳。僕の方が年上だと知ると目を丸くしてサーフ歴は何年だと聞いてくる。40年と答えると自分と同じだと満足げに笑った。ここにも永遠の少年がいた。ニッポン人にセットの波を乗られ声を荒げたサーファー。空気が沈む。ボスが俺のフレンズだといなす。すぐに活気が戻った。僕はセットの波をあきらめて、ピーク奥のほんのちょっとインサイドから波数を集めた。ボトムは浅くてリスキーだがショルダーに出ればエンドゾーンまでロングランだ。パドルバックすると今度はミドルセクションにステーして、セットのピークからセクションでミスが起こるのを待ち構える。何本かグッドウェーブをキャッチした。1R目を終えて小一時間ほど休憩した。エアーポケットのような時間がやってきてピークが空いた。裕がチャンスやというのでカズとフージーと三人でエントリーした。しばらくするとエクアドルのサーファーが少年3人とエントリーしてきた。すごくフレンドリーなナイスなサーファーだ。何本か乗るとリゾートボートのスタッフから交代の時間だと言われた。すぐにニュアンスが分かった。裕が彼らを相手にしないことにイラついているのだろう。無用なフリクション(摩擦)だ。僕はあと1本乗ったら上がると伝えた。スピードボードに戻るとフージーが超ロングランを決めた。メンタウィはどんどんと変化していく。マカロニは終わったわけでもなんでもない。シーズンを選べば僕たちだけでサーフすることだって出来る。

最後の夜、May Stormがやってきた。強い雨が降り、風が吹き、船がゆれた。翌朝5時にパダン港に上陸。8時半のAir Asiaでクアラへ。午後の便に乗り羽田には23時前に到着。25時に帰宅。夢のようなトリップは泡沫(うたかた)のように終わった。いつの日かまたあの場所に戻ろう。

P1000968 P1000981 P1000997

P1000998 P1000999 P1010001

P1010015 P1010006 P1090294

|

« 140528 Member of Mission May Storm | トップページ | 140531 T-REEF D24 #34  »

コメント

アキ!

裕はナイスなガイドに成長しました。
アキの努力の賜物だね。
6/12から船上ですか?
体調に気を付けてグッドラックなジョブを!!!

投稿: レジェ | 2014年6月13日 (金) 09:18

会長、Mission May Storm拝見しました。 最高の旅の様でしたねでしたね!いつかあの場所に戻る時は是非、僕も参加させて頂きますね。
お疲れ様でした。keep the surf mate!

投稿: aki fujita | 2014年6月13日 (金) 02:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 140528 Member of Mission May Storm | トップページ | 140531 T-REEF D24 #34  »