« 140524 T-REEF D23 #33 | トップページ | 140528 Member of Mission May Storm »

2014年5月27日 (火)

140503 Mission May Storm Day7

Yu_229_282

Yu_204_282

Yu_211_282

Wonder Zone

 

このゾーンでサーフ出来る最後の日がやってきた。明日は水補給のために中継港に向かうのだ。僕はJin-Landの波にまだ1本も乗っていない。またいつの日か戻ってくることがあるのだろうか? 

 

Day6 Jin-Land Left by KOZO6’6Quad

 

気持ちは平穏だった。スウェルは整いブレイクも風も光も素晴らしい。夢中でピークを追いかけた。リアルウェーブで初めて使うKOZOシェープのクアッドはスムーズだった。ターンがかろやかで乗っていて心が華やぐ。裕がボートから僕たちのライディングをシュートしてくれた。1R目の終盤にOasia号がやってきた。ピークにはいつのまにか僕と仁の二人きりだった。いかつい白人のサーファーが一人でエントリーしてきた。ちょっと緊張している。僕がスマイルを送ると、安心したのかデッキで見守る仲間に手を上げた。彼らはカリフォルニアからやってきたチームだった。マカロニで再会し、なかよくピークをシェアーすることになる。その頃、サザンクロス号の投錨ポイントの反対側のインサイドライトブレイクで仲間たちがサーフしていた。僕も試してみたが、速くて掘れて浅くてすぐにギブアップした。

 

午後遅く、仁とフージーと三人でエントリーした。もうカリフォルニアチームとの交代時間だ。ボートでピークに入って振り返えると、二人は遠慮気味にインサイドにステーしている。午前中のラウンドでの、僕と白人リーダーのアイコンタクトのニュアンスを知らないのだ。そして僕たちだけの時間が再びやってきた。波数を集めたが印象は薄い。集中してサーフすると記憶があやふやになる。オンショアの波に乗る僕の画像が残っている。最後に特大のセットを待ったが願いは叶わなかった。スピードボードに戻ると仁がビンタンを差し出した。この場所が名残惜しくてちょっと淋しかった。

Yu_190_282 P1000846 P1000842

Yu_273_282 Img_6674 Img_6693

|

« 140524 T-REEF D23 #33 | トップページ | 140528 Member of Mission May Storm »

コメント

ナカムラさん!
すっかりご無沙汰しています。
七里で波乗りしていますか?
またお声掛け下さいね。
そして温かいコメントをお寄せいただき
ありがとう!
またいつの日かトリップに行けるように
精進します!

投稿: レジェ | 2014年5月28日 (水) 08:34

素晴らしいです!
感動です。
ボートトリップでのルール、マナー
また日々の自分との戦い。
トリップを決めた、目標を立ててから
皆さんの努力。
自分が体験しているように読ませて頂きました。
ありがとうございました。

yellow brewer nakamura

投稿: ナカムラ | 2014年5月27日 (火) 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 140524 T-REEF D23 #33 | トップページ | 140528 Member of Mission May Storm »