« 140501 Mission May Storm Day5 | トップページ | 140524 T-REEF D23 #33 »

2014年5月23日 (金)

140502 Mission May Storm Day6

P1000702

 

Wonder Zone

 

カズ・フージー・イッシー・大観さん・ジュンの5人は裕に連れられてJin-Land Rightに向かった。その場所では巨大なスウェルが牙を剝き、全員が忘れられないセッションとなったそうだ。イッシーはリップが飛ぶリアルウェーブとしては生涯最大の波に飲み込まれ、生還したと教えてくれた。

 

Day6 Jin-Land Left by KOZO6’6Tri

 

僕にとっては辛い試練の一日となった。2012年のトリップ用に作ったKOZO6’6Triの方がニューボードより浮力が有るので躊躇無くチョイスした。スウェルは落ち着いてきたとはいえ、気を抜くとお化けセットを食らってしまう。結局1R目は1本も乗れずに終わり。意気込んで2R目にのぞんだ。中途半端なポジションで波数を稼ごうとする僕に、この場所のエキスパートである仁が、セットを食らわないようにと声をかけてくる。でも結局お約束のようにビッグセットの餌食になってインサイドに運ばれてしまう。気を取り直しゲッティングバックし、次のセットは余裕でドルフィンスルー出来るタイミングだった。ところが水中でレールをホールドする左右の指先からボトムにヒビが走るのを感じた。チェックするとノーズから30センチくらいの場所にクラックが入っている。ストリンガーは折れてはいないが心が痛んだ。2012年の初日のH.Tが初使用で素晴らしいムーブと画像を残してくれた、愛するボードだ。その夜に裕と相談して、ボートクルーのウィーリーにプレゼントすることにした。彼はとても喜んでくれてフィンもいいのと目を輝かせた。いつの日かまたサザンクロス号に乗るチャンスが巡って来た時に、このボードと再会したい。

 

水平線の彼方からIndie TraderⅡ号が現れた。キャプテンから裕に午後にこの場所でゲストにサーフさせて欲しいとオファーがあった。メンバーはポイントを空けて思い思いに休息を取った。

P1000707 P1000709 P1000737

P1000742 P1000747 P1000764

P1000768 P1000795 P1000798

P1000815 P1000820 P1000827

|

« 140501 Mission May Storm Day5 | トップページ | 140524 T-REEF D23 #33 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 140501 Mission May Storm Day5 | トップページ | 140524 T-REEF D23 #33 »