« 140322 T-REEF D012 #012  | トップページ | 140505 Mission May Storm Day9 »

2014年5月16日 (金)

140427 Mission May Storm Day1&8

P1000856

140425-0507 MENTAWAI D13-22 #13-32

Legen6’8Tri& KOZO6’6Tri&KOZO6’6Quad

 

04/25 D7 523 HND2355-KUL0635

04/26 AK405 KUL1325-PDG1330

 

04/27 1&2R Bintan/R by 6’6Quad

04/28 3&4R GB/L by 6’6Tri

04/29 5R LH/R 6R Muttu/L

7R Whale/R by 6’8Tri

04/30 8&9R Whale

05/01 XR Jin-Land/L by Jin&Yu

10R Whale Out Side/R 11R Whale by 6’6Quad

05/02 XR Jin-Land Right

12&13R Jin-Land by 6’6Tri and clushed

05/03 14&15R Jin-Land by 6’6Quad

05/04 16R Loxy/R

05/05 17R Hishinuma/R 18R Mac’s by 6’6Quad

05/06 19&20R Mac’s by 6’6Quad

 

05/07 AK402 PDG0830-KUL1040

D7 522 KUL1445-HND2300

 

Wave size: Small to Double Over

Off shore wind or Side off

DEUCE: Short John, Rush Guard, Cap & Boots

 

Day1 Bintan by KOZO6'6Quad

昨夜22時半にパダンを出港したサザンクロス号は、早朝にH.Tに到着した。フェイスクリーンで時折頭オーバーのセットが入る。ハイタイドのせいかチューブにはならない。先着の船が二艘。ラインアップにはすでに20名ほどのサーファーがステーしている。初日のウォームアップにはそぐわないと判断し、Bintanに向かった。Lane Leftは風が合わず、Bintanはサイドオフでファンな状態だ。ピークには白人たちが56名。SUPライダーが一人。僕たちは思い思いにこの場所でサーフした。時折入るヘッドオーバーの波は思いのほかパワフルで、インサイドまで乗り込むとロングランだ。前回201210月トリップの最終日でサーフしたBintanから、僕たちの冒険クルーズがスタートした。

 

Day8 Loxy by Legen6'8Tri with Lazy Sunday

まだまだワンダーゾーンにとどまっていたかったが、ボートに積み込んだ水が底をつきそうだ。錨を上げて補給港に向かわなければならない。南ウネリは下がってきてはいるが、それでもパンピングしている。昨夜は投錨ポイントで夕食をすませ、デッキで南半球の豪華な星空をながめた。僕は未知のゾーンでスコアーした波たち、そして決して乗れなかった波たちを想い、旅のハイライトの終焉(しゅうえん)を実感した。

夜明けにサザンクロス号はThundersに到着した。サンダースらしい波がブレイクしてはいるが数が来ない。遠いピークにはすでにサーファーが何人か確認できる。ボートが二艘、さらにこちらに向かってくるボートが一艘。ポイントパニックには心がついていけないと思った、その瞬間に裕は躊躇なく“やめときましょう”とつぶやき、Ragus Rightに停泊しているボートを左手に見てパガイ島へボートを進めた。

メジャーポイントLoxyは平和そのものだった。時折入る胸サイズの波を待ってローカルが一人二人メローにサーフしている。シュノーケリングに興じていたカズは、異形ノーズのアグリーなファイヤーワイヤーでエントリーするや、気を吐いたムーブを見せた。波はパワーが無く水深は激浅だ。僕は形だけエントリーして腰サイズの波を1本メイクしてボートに上がった。そこにアッシがローカルを連れてパドルでボートデッキまで戻ってきた。ピークで島サーファーが10名、ボードは5本と聞いて、持参したMAYHEMを差し出したのだ。きっと彼らは末永くそのボードを大切に扱うのだろう。時はメローに過ぎていった。石井くんは上陸して釣り。フージーとミッチーはビーチで貝拾い。僕はスイミングのトレーニングでビーチをクロールで往復した。

 

 

Wonder Zoneでヒートアップした心と体をリセットした僕たちは補給港に向かった。久しぶりに揺れない大地に下り立ち、街をぶらついた。夜景から想像していたのとはまるで違う質素な街だ。空には凧が飛び交いストリートには笑顔が溢れていた。陽射しが強く気温が高く汗が吹き出す。夕刻に投錨ポイントに移動した。

 

|

« 140322 T-REEF D012 #012  | トップページ | 140505 Mission May Storm Day9 »

コメント

いつもありがとう!

投稿: レジェ | 2014年5月21日 (水) 13:25

おかえりなさい

3度目のメンタワイはいかがでしたか?
波の画像を沢山見たいです

続編を楽しみにしています

投稿: BOBBY | 2014年5月18日 (日) 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 140322 T-REEF D012 #012  | トップページ | 140505 Mission May Storm Day9 »