« 140306 CLASSIC-REEF D009 #009 by T3 | トップページ | 140314 K-REEF D011 #011  »

2014年3月10日 (月)

140308 T-REEF D010 #010

P1090213

 

Super Flog 7’4 Tri

07:00am to 11:00am

Shoulder and More

Off shore wind to side wind

DEUCE: 3/5mm Full Suit, Boots, Glove & Cap

 

スイムコーチの市川くんが4時に鳩山ハウスにやってきた。6時半にいつもの丘からサーフチェック。ライトPがパーフェクトに割れている。フェイスクリーンでサイズは肩頭。気温はマイナスだが風が弱く陽射したっぷりのグッデーだ。エントリーするカズーを見送って急いで着替えた。アルメリック・ビスケットにワックスダウンしている市川くんをおいて、一足先にレフトPへ。3本ロングランしてからセンターPへ。灯台正面のブレイクは無人だが綺麗に割れている。サイズが足らないがラインは伸びる。お化けセットはリアルだがなかなかキャッチ出来ない。特大セットからの1本はビハインド過ぎてしかたなくレフトへ。もう1本はジャストなピークからのボトムターンが甘くてワイプアウト。やはりファンボードではなくガンボードが欲しかった。今日はRip Curl 7’6も持ってきたのに残念だった。正面のピークはよく掘れる。形の良いミドルサイズのテイクオフでパーリングもした。ポインテッドノーズであれば楽にメイク出来たはずだ。ビーチブレーカーの市川くんは5’6のビスケットで苦戦している。大雪のため1ヶ月のブランクと初めてのリーフには戸惑って当然だろう。

 

終盤にレフトPにもどると、ポイントにはヤッさん・キンちゃん・イノッチ・斉藤くん・トーコの5人だけだった。仲間だけのピークって冬の贈り物だ。これからの春シーズン、だんだんと人が増えていく。日帰りするヤッさんにランチを誘われ、土佐屋でアサリラーメンをいただき楽しい時間を過ごした。

P1090194 P1090199 P1090202

P1090208 P1090209 P1090215

|

« 140306 CLASSIC-REEF D009 #009 by T3 | トップページ | 140314 K-REEF D011 #011  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 140306 CLASSIC-REEF D009 #009 by T3 | トップページ | 140314 K-REEF D011 #011  »