« 140131 OH-REEF D004 #004 | トップページ | 140221 T-REEF D007 #007 »

2014年2月20日 (木)

140210-11 HEBARA D005&6 #005&6

P1090077

P1090071 P1090072 P1090057

P1090075 P1090060 P1090078

Legen7’10 Tri

16:00pm to 17:00pm
08:00am to 09:00pm

Shoulder and More

Off Shore wind

DEUCE: 3/5mm Full Suit, Boots, Glove & Cap

 

大雪を降らせた南岸低気圧が三陸沖に抜けて、茨城は全域クローズ。サイズも風も良い部原に向かった。君津から下道で鴨川に出て北上した。“海がめ”で素泊まりを申し込んでからエントリー。波は昔と変わらないが異邦人のような気分で、チャージ出来ない。マッシーな波でショートボーダー達のボードは出ないのだが、その横からテイクオフするのは躊躇する。じたばたしている内にすぐに薄暗くなってしまった。民宿のご主人に教えられて“とんかつ山本”でヒレカツを食べた。一人飯一人酒ってちょっと乙なものだ。

 

翌朝目覚めて窓からブレイクを確認すると、しっかりしたスウェルが入っている。しかし予想に反して小雪が舞い、海面からは水蒸気が上がっている。エントリーすると降る雪はその強さを増してくる。帰りの山道が心配で全然集中力が湧かない。ギヴアップして急いで帰り支度をした。大多喜街道はまるで雪国のようだ。アクアラインを抜けると陽射しが戻った。どうやら房総半島だけがスノーゾーンだったらしい。またひとつショートソロトリップの想い出が積み重なった。

P1090083

P1090092 P1090093 P1090095

|

« 140131 OH-REEF D004 #004 | トップページ | 140221 T-REEF D007 #007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 140131 OH-REEF D004 #004 | トップページ | 140221 T-REEF D007 #007 »