« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月29日 (金)

130329 SHICHIRI D18 #20

P1170261_2

P1170266_3

Legen 6’8 TRI 

07:15am to 09:15am

Size: Small

Offshore Wind

DEUCE 3/4mm Full & No Boots

ジャーフル、ノーブーツは最初寒かったがやがて慣れた。それよりテイクオフは劇的に改善されて嬉しかった。MINE-ROAにエントリーしたが、波は期待していなかった分、楽しめた。Katsuサーファーが良いレフトをメイクした。ピークでナイスと声をかけると、西浜物語の読者だという。逗子に住むという浜田くん。それからフレンドリーで楽しいセッションだった。ピークがロングボードに独占されると、ロア側に移動した。たまに入るワイドセットはマズマズでビーチまで乗り込めた。七里は素晴らしい。駐車場に戻る頃、朝には機能していなかった正面Pが大潮の引き潮に向けてどんどん良くなっていった。僕は辻堂のUTTZ SURF STATIONに修理ボードの引き取りと、新たに2本の持ち込みの為に向かった。帰りしなT’S HOUSINGの中川隊長と四方山話をした。

P1170267 P1170276 P1170278

P1170279 P1170280_2 P1170281

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

130323 T-REEF D17 #19

P1070946

P1070950

AL MERRICK 7’2 TRI
07:00am to 09:00am
Size: Small
No Wind to Side On Wind
DEUCE 3/5mm, Boot & Grove

予想と期待に反してスモールデーだった。先日の七里でテイクオフが不安定だった7’2をチョイスした。フロントにはクアッドのバックフィンを入れた。練習と割り切ってテイクオフを繰り返したが、スモールでパワーの無い波に綺麗に乗るのは僕には難しい。いつもはライトにいるロブとは久しぶりの再会だった。カズゥや森くんやフーがサッサと上がっていった。そして僕、ロブ根本、イチロー石川といつものヤングロンガーの4人になった。ごく弱い北風が入った。無風だったフェイスが風に掃かれてクリーンになった。デッドロー直前の15分位サイズアップしたセットが入った。乙女P側でイチローくんと交互に乗った。彼のボードは浅草NEW EVOLUTION SURFの大瀧くんから購入したクリステンソンのツインフィンで、楽しそうなバックサイドサーフィンを披露していた。そして北東風が吹き込みフェイスラフとなった。パーキングには久しぶりにお会いする手塚正延さんがいた。いったんボードを取り出したが結局ノーエントリーだった。ハナはエントリーポイントに向かった。キンちゃんも小波用のボードでエントリーした。斉藤くんはボードのメンテナンス。イノッチは大洗に向かった。早朝に丘の上で会ったマッちゃんは結局登場しなかった。僕がパーキングを去る時間になってもロブはピークにへばりついていた。

P1070955 P1070958_2 P1070967 P1070968

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

130321 SHICHIRI D16 #18

P1070845

P1070859_2

P1070899_2

AL MERRICK 7’2 TRI
08:00am to 11:30am
Size: Set Shoulder Over
Straight Offshore Clean Face
DEUCE 3/5mm & Boots

夜半、関東北西部を寒冷前線が通過し大風が吹き荒れた。ロータイドの正面Pはサーファーがまばらでチャンスと思った。が、ピークシフトが激しくて波数に乗れないと思い直した。それよりLOAからMINEのライトが素晴らしい。峰横のメインにはロンガーが集中しているので、ピークを外してステーした。たまにシフトして入ってくるライトウェーブは極上の波だった。まずまずのライディングを重ねたが、ここぞのセット波でボトムワイプアウトを繰り返してしまった。ゲッティングアウトの繰り返しで消耗した。もう少し短くて浮力の少ないボードにすべきだった。終盤は峰裏に移動した。ブレイクがマッシーで距離を乗れる。ハイタイドを迎えてもウネリは元気だが、ヘトヘトになってビーチに上がった。

P1070848 P1070860 P1070863

P1070867 P1070871_2 P1070874

| | コメント (0)

2013年3月20日 (水)

130316 T-REEF D15 #17

SMALL SHINING FUN SURF DAY

P1070821

P1070838

Legen 7’10 QUAD
12:00pm to 14:00pm
Size: Small
Offshore to Side On Wind
DEUCE 3/5mm, Boots & Grove

昨夜はお江戸めぐりからの帰宅が遅くなった。ゆっくり起きて海行きの準備をした。丘上からの撮影時にはクリーンだったフェイスが、エントリー直後から乱れ始めた。僕と入れ替わりにアキシマくんがラスト1本であがった。レフトピークにはショートの男女が一人ずつ。ローテーションでデッドローのセット波に乗った。久しぶりのクアッドは小波のジュースセクションで不安定だった。サーファーボーイがあがって、サーファーガールとのセッションになった。彼女のボードは薄くて短くて、パドルでうねりをつかまえるのが厳しそうだった。ブレイクしたトップからボトムでのスタンダップを繰り返していた。デッドローの波はショボくてパワーが無く、風が入り、集中力が切れそうになった。僕は最奥のピークへ移動した。たまのセットをつかまえるとまずまずの距離を乗れた。ただしリーフヒットに気を使わされた。終盤、潮が動きだし、カリっとしたセット波が入りだした。風も弱まり気分が上がった。良い時間は30分くらい続いた。ノーグローブのサーファーガールはガッツでステーしている。ショートライドの連続だが波数を集めたので疲労感が増した。南西の風も再び強くなった。夜19時の満潮に向けて夕方にはコンディションが回復するのだろう。

P1070815_2 P1070837 P1070842_8

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

130309 西浜 D14 #16

P1070809

 

Legen 7’2 TRI   

08:00am to 10:00am

Size: Shoulder

Offshore to Side on Wind

DEUCE 3/4mm Full & Boots

 

ゲンと二人で湘南に向かった。西浜はサイズが足りないと思っていたが、ライダブルなブレイクを見つけた。オンショアーの翌日は沖出しの潮が入って水温が下がる。それでも春の陽気で気温が高いのでジャージフルを着た。漁港側Pにエントリーすると水は飛び切り冷たかった。ブレイクはパワフルショアブレイクでグリングリンに巻いてくる。たまにアウトサイドで割れる波を捕まえると気持ちが上がった。インサイドにはまるとゲッティングアウトがシビアで、僕はいったんビーチに上がって西側のゾーンからピークに入った。インサイド狙いとアウトサイド狙いのサーファーが重なって、ポイントが窮屈になってきた。それからビーチを歩いてセンターPにエントリーした。マッシーブレイクで乗れる確信は無かった。柳島側に寄るとナイスウェーブだった。ショルダーからは乗れないが、インパクトゾーンからテイクオフするとインサイドまで距離を乗れる。デッドローの時間帯になると波数が減った。風も入った。久しぶりのビーチブレイクで疲労感もつのった。西浜の砂浜は素晴らしい。波を振り返り振り返りしながらトボトボと歩いた。

P1070806 P1070811

| | コメント (0)

2013年3月 4日 (月)

130302 K-REEF D13 #15

P1070800

  • Legen 7’10 TRI
  • 08:30 to 11:30am
  • Size: Small to Shoulder
  • Offshore Wind
  • DEUCE 3/5mm, Boots & Grove

春一番が吹いた翌朝。堤防から撮影した波は満潮間際のスーパーセットだった。アウトサイドのピークゾーンでしばらく波待ちしたがライダブルなセットがやってこない。仕方なくインサイドへ移動するとショートボーダーが一人。川俣くんは荒川区から鎌倉へ移住した湘南サーファー。笑顔が大野薫似のナイスガイだ。結局最初から最後までサーファーは僕達二人きりで、楽しいセッションとなった。その間SUPPERが入れ替わり立ち代わりやって来た。サイズも距離もそこそこだが波数が多くサクサクと乗った。スウェルはワイドでゲッティングアウトでしごかれた。もっと浮力の無い短い板の方が快適だったろう。タイドが引きに入るとインサイドの波が消えてアウトとミドルセクションからのブレイクとなった。その頃になるとSUPPERが集団でエントリーしてきたが、波数は減ってきた。風が止みフェイスクリーンになった。さらに春の海草がそこかしこに浮かびフェイスをならすが、パドルの邪魔をしてくれる。終盤西ウネリのピークをつかまえた。ボトムでパーリングしそうになったがどうにかメイクするとクリクリのロングラインが立ち現われた。たった一本だが本来のこの場所のテイストの波だった。2013年最初のK-REEFでのサーフはファンだった。

P1070798 P1070799_2 P1070802

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »