« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月25日 (月)

130223 T-REEF D12 #14

P1070776

  • BIC 7’9 TRI
  • 07:50 to 11:50am
  • Size: Small to Shoulder
  • Offshore Wind
  • DEUCE 3/5mm, Boots, Grove & Cap

波乗りがしたくて週末が待ち遠しかった。そんな心もちが嬉しい。スモールな予感と予想でゲンのBIC7’9とLegen7’10&6’8を持参した。レフトPへのエントリーパドル中に目撃したセット波は素晴らしくパワフルなパーフェクションで、ボードチョイスをミスしたかもと思った。しかしセット間隔が長く焦らされる。撮影時にピークには5人ステーしていたが、30分後には僕一人になった。それから波回りに恵まれて波数に乗った。2時間を過ぎる頃に黄色いショートボーダーがやってきた。マイブログの読者ですと挨拶をいただいた。この地に住む古川さん。それから1時間、二人で交互にセット波に乗った。しみじみとした時間だった。古川さんがサクっと出てしまうと入れ替わりに、キンちゃん、斉藤くん、イノッチ、ニョマンが現れた。キンちゃんはロングボードを持ち出していた。僕は疲れからボードが出なくなっていった。ラストウェーブをつかまえてリーフゾーンでは腹ばいになってビーチを目指した。ビーチにはカジメが沢山打ち上げられて、強い海の香りを放っていた。今日で2月の波乗りが終わる。水はまだまだ冷たさを増すだろうが、陽射しと大気は春を迎えている。

P1070774 P1070783 P1070788

| | コメント (2)

2013年2月18日 (月)

130216 T-REEF D11 #13

P1070766

  • AL MERRICK 7’2 SGS TRI
  • 07:00 to 11:45am
  • Size: Head
  • Strong Offshore Wind
  • DEUCE 3/5mm, Boots, Grove & Cap

エントリーゾーンに向かう途中、シバタくんとスケくんとヤングの3人が寒そうに波をチェックしている。風が強いから入りませんとのこと。贅沢者と言って手を振った。その後スケくんだけがライトPに入ったらしい。

レフトPには先客が二人。僕と入れ替わりにビーチに向かった。それから小一時間のソロサーフ。久しぶりに持ち出した7’2にちょっと苦労した。カズゥとフーがやってきた。二人ともビッグセットを上手に捕まえる。フーは笠間のクライミングボードに行くと言ってセットを4本乗って出て行った。トーコがアースカラーレールのジョエル7’2で入ってきた。バンビ先輩がタンカンのロングで現れた。僕はボードの感覚を思い出してだんだん波回りが良くなってきた。突風が吹いて、風が息をつく時間帯にはフェイスクリーンとなる。最大セットが入って奥のポジションからバンビ先輩のボードが出ないのを見極めてテイクオフした。ショルダーは強烈には張らないがグッドウェーブだ。風がどんどん強くなってくる。斉藤くん、キンちゃん、イノッチ、ニョマンのコアメンバーがエントリーしてきた。ラスト1本を決めようと頑張ったが、結局中途半端なサイズの波を捕まえてビーチに向かった。ちょっと満ち足りた!

P1070723 P1070726 P1070751

P1070753 P1070758 P1070768

| | コメント (0)

2013年2月12日 (火)

130208-11 TACOS ISLE D7-10 #7-12

P1150924

  • KOZO 6’6 TRI
  • Legen 6’4 TRI
  • Size: Small to Head Over
  • DEUCE 3/4mm & Boots
  • With 石井聡

2/8金  1R C-Point 1500-1630pm
2/9土  2R C-Point 0900-1100am
2/10日 3R T-Point 0900-1200pm
          4R T-Point 1500-1700pm
2/11月 5R T-Point 0800-0900am
           6R C-Point 1200-1300pm by 6’4

寒いトリップだった。強風の為、初日は第一便が着陸出来ずに第二便で島に渡ることができた。その日の午後は弱い霰(あられ)が舞う中、石井ちゃんと二人きりでサーフした。二日目、まずまずのコンディションでレギュラー波のインサイドまで乗り過ぎて、尾骶骨を玉石にヒットしてしまった。午後は休養に努めた。気温が低く、強いサイドオフを食らい疲労感が募った。三日目は素晴らしい一日となった。風が弱まりサイズアップした。別便で来島したヒデ、ケイスケ、トミー富山くん、さらには石井秀明仙人とセッションした。午後はT-Pointで仲間内5人だけのラウンドとなった。ただし同じ時間帯のS-Pointは最高な状態でロングラインが出現していた。波乗りを終えて滝の下から見る波達は素晴らしかった。最終日はサイズダウンして風も強まった。午後のラウンドは島在住の緑川くんと三人でサーフした。元プロの緑川くんの波へのアプローチはとても参考になった。寒さ、羽田への引き返し、玉石ヒット、エントリー時の隠れ岩でのボードクラッシュ、ボードのミスチョイス、ポイントのミスチョイスと僕にとってはリズムが上がらないトリップだった。それでもメンタ&TACOS ISLEへのトリップを通じて気心が通じた石井ちゃんとの旅は楽しかった。同宿の二川、手塚、田代くんの三人組はシークレットガーデンの大原遊つながりで愉快な出会いだった。

P1150902 P1150912 P1150929


P1150947 P1150926

| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

130203 T-REEF D6 #6

  • KOZO 6’6 TRI
  • 07:15am to 12:15pm
  • No Wind to On Shore Wind
  • Size: Set Head, Rough Face
  • DEUCE 3/5mm, Boots, Groves & Cap

ビーチでエントリーの準備をしているとサーファーが二人上がってきた。きっと夜明け前に入ったのだろう。無人のレフトPへ太陽に向かってパドルした。風はごく弱いがフェイスはラフでピークも定まらない。結局最後まで翻弄された。それよりも久しぶりの6’6にきちんと立てない。スタンスが決まらずラインを走れない。最高のセットを何本もミスってしまい、まともなライディングは数本しかなかった。試練のラウンドとなってしまった。朝一はカズゥと110くんと一緒だった。二人とも一時間くらいの間にグッドウェーブをゲットして引き上げてしまった。陽が高くなるとピークメンバーが続々と現れた。ハリ、タク、アキ、キン、イノッチ、フー and more!日曜日のポイントはにぎやかだ。オンショアーの風が吹き込んでも納得のテイクオフを求めて粘ったが、結局叶わなかった。また次のラウンドでがんばろう!

P1070690 P1070692_2

P1070696 P1070710

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »