« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

2012 MENTAWAI Meido Tour by Lumix TZ7

CHAPTER 2

18倍光学ズームのLumix FZ38とコンパクトなTZ7を持ち込んだ。
行く先々でパーフェゥトウェーブが立ち現われて体力的にも精神的にもワイルドトリップだった。
余裕を失いながらも世界中のサーファーが夢見る場所での日常を切り取った。

P1130518 P1130519 P1130539 P1130540


P1130555 P1130559 P1130570 P1130576

P1130577 P1130594 P1130608 P1130610


P1130623 P1130630 P1130644 P1130645


P1130662 P1130669 P1130674 P1130708

| | コメント (0)

2012年10月30日 (火)

121013-26 MENTAWAI D56-65 #61-80 by Lumix FZ38

P1070124

  • KOZO 6’6 TRI
  • Legen 6’8 TRI
  • Wave Size: 1 to 6’
  • T & Trunks, DEUCE Short John & Boots
  • With Shige Iida, Ikkyu, Eri, Yotto, Hide,
    Tommy Tomiyama, Nobu Otaki & T’s Nakagawa

10日間のサーフデーを終えてボートはパダンを目指して走る。夜半過ぎに目が覚めてデッキから海と空を見つめた。水平線に何隻もの漁船の灯りが薄くにじむ。ニュームーンから始まったトリップ。中天に半月を過ぎた10番目の月が明るい。オリオン座も月も時計方向に90度寝ている。2009年3月に初めて訪れたメンタワイ諸島。その旅は最初から最後まで夢の中に漂っているようだった。今回の旅はほんのちょっとだけ現実感を引きずっていたかもしれない。旅の印象は残した画像とともに鮮烈だが、それも泡沫(うたかた)。終わってしまえば夢の中の出来事のようだ。またいつの日かこの場所を訪れるためには、現実を踏みしめて、波乗りとトレーニングを欠かさずガッツを心に持ち続けよう。

CHAPTER 1
自分で撮影した画像のみを使用して個人的な印象を綴る。名ガイドのアキがボートから、ユウが水中から撮影した素晴らしい画像達は、追って掲載する。

続きを読む "121013-26 MENTAWAI D56-65 #61-80 by Lumix FZ38"

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

121007 SUP@鎌形堰 D55 #60

  • Pleasant 9’00 QUAD
  • 08:30am to 09:00am
  • Rainy & Clear Water
  • DEUCE 3/4mm Full Suit
  • With Arihei

アリヘイが雨中パドルの為に鎌形堰にやってきた。起き抜けでエントリーする気は無かったが、電話での会話中に気が変わった。朝ストレッチも朝食もぬきでボード2枚とパドル2本を積んで堰に向かった。水温が下がり水の透明度はさらに増している。鯉達も元気に泳ぎ回っている。水量が豊かで斑渓寺橋に向かってかなり上っていける。山からは霧が立ち上っている。ナイスなサンデーモーニングだ!

P1130394 P1130397

| | コメント (0)

121006 TSUJIDO 1.5P D54 #59

  • Legen 5’10 QUAD
  • 05:30am to 07:15am
  • Size: 腰
  • Off Shore Clean Face
  • ADRENALIN 2/2mm Spring
  • With Genta

昨日の金曜日は湘南全域でグッドコンディションだったらしい。サイズダウンを承知で出かけた。ゲンが10時スタートの皇居10kmレースに出場するが、夜明けサーフも決行するとのことで同行した。橋前は深く1.5Pが人を集めている。潮が上げに向かうと胸サイズのグッドセットが入りだしたが、すべてビハインドからロンガーに持っていかれた。インサイドの小波に必死に乗ると5’10がクルクル動いて楽しい。波打ち際がドン深なのでビーチまで乗り込める。ラストウェーブはセットセットのピークから行けた。ボトムに降りるまでもテールが動く。たまにはこんな波乗りもいいネ!

P1130353 P1130356

| | コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

121004 NISHIHAMA D53 #58 by T19

P1060264

  • Legen 6’8 TRI
  • 13:30pm to 15:00pm
  • Onshore Wind
  • Head Over and more
  • ADRENALIN 2/2mm Spring

最良のコンディションを切り取るのは難しい。強いオフショアーからオンショアーに変わる無風の一時間をつかもうと思った。サイクリングロードでオシオくんから声をかけられた。懐かしい再会だった。そしてエントリーする瞬間に南風が吹き込み始めた。長かったセット間隔からいきなり波数が増して、ハードなゲッティングアウトを強いられた。ようやく正面Pのアウトに出たが、セットピークからボードが出ずに、インサイドに引っ張られた。ギブアップして漁港側へ歩いた。特大セットははるか沖でブレイクする。フェイスはどんどんラフになっていく。70年代によく経験したコンディションで懐かしさがこみ上げる。それから3本の波に乗った。サイズの割にはパワーが感じられなかった。たった3本、でも3本乗れて良かった。帰りしな七里の丘に住む中富宅でKOZO 6’6ニューボードをピックアップした。

P1060240 P1060245 P1060248 P1060249

P1060251 P1060252 P1060253 P1060259

| | コメント (2)

2012年10月 1日 (月)

120930 SUP@鎌形堰 D52 #57

545825_291342227646176_1233355438_n

  • Pleasant 9’0 QUAD
  • 10:30am to 11:30am
  • Clean Surface & Super Clean Water
  • Short John
  • With Arihei Aoyama

霧雨で定峰アタックをギブアップしたアリヘイのFBウォールに“SUPやるよ!“と打ち込んだ。先週の豪雨で下がったままだったゴム堰も一昨日に復帰している。川の水はびっくりするぐらい透明で水温は22度位か?鯉を狙う釣り師二人とフレンドリーに言葉をかわして上流に向かった。水量が豊富で赤い斑渓寺橋に向かって上っていける。グレーの巨大な鷺が飛び立ち、その後を追うように鴨が二羽テイクオフした。鯉たちは元気で錦鯉までいる。数往復ガチパドルした。リョウマから教えられた”水を引っ張るのではなくパドルへ体幹を寄せる“感覚を探った。上流の浅瀬に揺蕩揺って(たゆたゆって)季節外れの蝉の音を聞いた。秋の虫の音が交じる。アリヘイがやってきて取りとめのない話はいつまでも続いた。

| | コメント (1)

120927&8 MINE & CLASSIC REEF D50&1 #55&6 by T18

         プロフォトグラファー 市川紀元氏撮影

561504_230808593711917_546093723_n

P1060220

  • Legen 6’8 TRI
  • 16:30pm to 18:00pm with Hide
  • 09:00am to 11:00am
  • Offshore wind
  • Spring & Seagull

9/27 リョウマをリョウマ堂でピックアップして“BILLABONG”へ小物類を買いに行った。北東のオフショアーが強すぎて波数も少ない。鵠沼のカフェでまったりしているとヒデから電話が入った。七里のパーキングで待ち合わせた。サンタ佐々木さんと久しぶりの再会をした。正面に入るセットはマッシー(厚い)過ぎる。コンディションに自信が無いままMINEまで歩いた。エントリーするまでゼロも有りだなと思っていた。ピークに入るといきなりセットのピークからライトへロングランだった。TRUE SURFERが何人もステーしていたがプレッシャーは感じられなかった。風が心もち弱まりコンスタントにセット波がやって来る。ヒデと僕はセットをそれぞれ10本ほど乗った。マッシーでショルダーは張らないがパワーが有って、ライトもレフトもビーチまで乗り込めた。そして、この日の夕焼けはとんでもなく雄大で壮大でドラマチックで綺麗だった。パーキングで着替えているとプロフォトグの市川紀元さんが歩いてきた。良い写真が撮れたとスマイルだった。

続きを読む "120927&8 MINE & CLASSIC REEF D50&1 #55&6 by T18"

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »