« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月28日 (月)

120527 OK-REEF D24 #27&8 by T2

P1050736

  • Legen7’10 TRI
  • Hokulea6’6TRI
  • 07:30pm to 09:00am
  • 10:00am to 11:00am
  • Size: Small
  • Off shore breeze
  • O’NEIL 3/3mm Seagull 

SWELL from HEAVEN

 

東に遠ざかる台風2号からの弱いスウェルが届いている。エントリービーチで顔見知りのナオくんと一緒になった。僕は左脹脛(ふくらはぎ)の痛みをだましだましOH-REEFの小波レフトに乗った。たまに入るセットセットのラインをフィッシュに乗るエキスパートサーファーがメイクする。ジャストのポジションにステーするのはストレスだったので、ビハインドからライトへ走った。クロージーだけど波数を集めた。一本だけエンドゾーンまでラインが伸びた。フェイスクリーンで水が透き通っていてナチュラルハイだった。ラストウェーブはミドルで割れるグッドウェーブだった。レフトのエンドからライトへカットバックするとジュースセクションがクリフ前まで運んでくれる。腹ばいになるとどんどん岸が近づいてくる!

 

大磯の坂田道氏をカブネのピークで見送るセレモニーが行われた。ご家族が乗る漁船の周りを数十人のサーファーが囲み、水しぶきを上げてその場を清めた。
 
散骨が行われ、全員が献花して黙とうした。その後何本かのライダブルなセットにそれぞれがパドルインした。

 ゴローさんが取り仕切ってくれた。ジュニアが“平等”“グッドウェーブ”“レスト”の坂田氏の教えをコラージュしたフォトパネルを用意した。ドロン、YU、林利夫師匠、ユウゾーくん、絵里さん、カツ川南さん、トシくん、近江さん、仁、ナオ&BOBBYチーム、桐生くん、古澤くん、谷口くん、ダイアナチーム、そしてT-REEFから手塚兄・石毛さん・やっさん・カズゥー・トーコ、S-Jo・きんちゃん、さらに顔見知りだけど名前を知らない沢山のサーファーが集まった。

P1050737 P1050738 P1050739

P1050740 P1050742 P1050743

P1050745 P1050746 P1050747

| | コメント (0)

2012年5月23日 (水)

120520 第20回渡良瀬遊水地ふれあいトライアスロン大会

 

2006 05/15@Honolulu Short 3:11:59 with Seki

2006 08/28@手賀沼  Short 3:00:00 with Nagaki

2006 10/01@村上国際 Short 3:23:49 with Nagaki

2007 05/20@渡良瀬  Short 3:01:43 with Nagaki

2007 09/02@佐渡国際 Midle 8:35:59 with Nagaki

2008 09/14@波崎  Short 3:06:30

2010 05/16@渡良瀬  Short 3:42:25

2011 05/16@渡良瀬  Short 3:48:43

2012 05/20@渡良瀬  Short 3:32:56

今年は1月から走りはじめた。結果去年より16分タイムが縮まったがそれでもベストタイムより30分遅い。スイムもバイクもランもだめだめだ。体重が1kg増えるとタイムは10分遅くなると言われている。現状78kg75kgにすればOKなのか?是非実現したい。苦手のランパートは一周目は快調だった。二周目の6km地点から両足に違和感が出た。右膝の外側側副靭帯と左足の脹脛。ペースをゆるめ歩幅を小さくして走り切った。まだまだ走り込みが足りない。幸いほんのちょっと走り癖がついたので、走り続けよう!

P1050656 P1050662 P1050702 P1050722

P1050723 P1050725 P1050727 P1050731

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

120512 T-REEF D23 #26

  • Legen7’10 TRI
  • 08:00pm to 10:30am
  • Size: Head over and more
  • Off shore wind
  • DEUCE 3/5mm Full & Boots

いつもクアッドで乗る7’10に今日は7”のセンターフィンを立てた。サイドフィンはクアッドのバックフィン。ハイタイドのマッシーウェーブに対応出来ずに小一時間乗れなかった。2ヶ月ぶりのT-REEFの力強いスウェルに気持ちが引けて、次々に奥のポジションから刺された。まっちゃん、カズー、バンビ先輩、森くん。そしてドアーをノックしてドアーをこじ開けるように、クロージーなポジションから無理やりテイクオフして、ジュースセクションのエンドまで乗り込んだ。乙女Pのミドルセクションに戻り、2本目は“かをる“さんのインサイドから強引に乗った。気持ちが切羽詰っていた。この場所からはイージーにラインをメイク出来る。さらに4本乗った。ミドルサイズといってもサイズが有り、ピークがサックする最高な波だ。フェイスクリーンで夢のようなウォールが続く。ガンボードとビッグセットに目が慣れていった。奥のポジションに移動してセットセットのピークからテイクオフした。レイトテイクオフで絶対降るようなフェイスにセンターフィンが食いついて、かろうじてボトムに降りた。

P1050570 P1050572 P1050576


P1050577 P1050580 P1050584


P1050591 P1050594 P1050596

続きを読む "120512 T-REEF D23 #26"

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

120506 BIKE RIDE & SUP@鎌形堰 D22 #25

P1100604 P1100605 P1100607 P1100611

P1100615_3 P1100619 P1100624 P1100627

 P1100634 P1100636 P1100637 P1100640

  • P1100615_2PLESANT 9’0TRI
  • 1000-1100am
  • No wind to side on breeze
  • DEUCE 3/5mm Full Suit

アリヘイ青山と嵐山農産物直売所の駐車場に7時半に集合。ピンポイント予報で午前中は曇りとのことで決行を決めた。CHERUBIMクロモリフレームのニューバイクとご対面した。遠山、玉川、鳩山、笛吹峠を回るマイルートを走った。27km 1H19min. @20.9km Max. 61kmだった。

それからマイゲレンデでSUP。辻堂ではBIC10’6に乗っているので、久しぶりの9’は不安定だ。目標10往復のところ6往復で疲れてしまった。水温は15度くらいか?アリヘイと二人で泳いだ。増水後の水質は緑色でクリーンだった。

| | コメント (0)

120504 NISHIHAMA D21 #24

  • HOKULEA 6’6TRI
  • 0730-1130am
  • Size: Shoulder high and more
  • No wind to side on breeze
  • DEUCE 3/4mm Full Suit

昨夜からホクレアのボードに乗ろうと決めていた。久しぶりのホーリービーチにはファンな波があった。ウエストサイドのサンドバーは人を集めているが、正面エリアはノーマークのワンマンピークだった。9時半の大潮の干潮に向かい波数もコンディションもどんどん良くなっていった。ミホちゃんカップルがいつものピークにいて笑顔で迎えてくれた。Daysの彼は果たしてウェットメーカー原田君の仲良しで南湖に住む北川君だった。メローでスマイルなセッションだった。正面左から割れるセットセットのレフトウェーブは昔と変わらないシェープとヴァイブレーションでパワフルだ。去年の8月の台風波の時には7’10で乗れたが、今日は3本トップから降った。3時間を過ぎるとパドルパワーが落ちてテイクオフの精度が低下した。ラストウェーブはピークからライトへラインが伸び、素晴らしいロングランとなった。満ち足りた気持ちでビーチにあがった。

P1050508 P1050509 P1050514

P1050517 P1050521 P1050522

| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

120426-29 NIIJIMA D17-20 #17-23

  • Legen 6’4QUAD&TRI
  • 4/26 1300-1400pm at Front beach
  • 4/27 1200-1300pm at Left beach
  •  1700-1830pm at Front beach
  • 4/28 0900-1200pm at Reef
  •  1400-1600pm at Reef
  • 4/29 0800-1200pm at Reef
  •  1300-1330pm at Reef
  • Size: Small to Head Over
  • On, Side, Off & No wind
  • DEUCE 3/4mm Full Suit
  • With Be

旅にでよう!自分だけの一本に出会えるかもしれない。知らない世界に触れることが出来る。ヴァーチャルフレンズが港に迎えにきてくれてリアルフレンドになった。石田くんありがとう、また会いに行くよ!

P1050332 P1050334 P1050338 P1050341

P1050347 P1050348 P1050349 P1050369

P1050398 P1050433 P1050435 P1050439

P1050463 P1050468 P1050483 P1050504

| | コメント (2)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »