« 110831 K-REEF D49 #55 by T12 | トップページ | 110907 UB-REEF D50 #56 »

2011年9月 5日 (月)

110904 第5回 東京ヒルクライム NARIKIステージ

P1080855 P1080871 P1080879

P1080890 P1080894 P1080901

KFC TRIATHLON CLUB 青梅市トライアスロン協会の主催。

台風12号の余波はまだ続いている。レースは上部5kmの激坂ステージが割愛された。この一ヶ月間プレッシャーを受け続けていたが、ゆる坂の5kmはすぐに終わると思った。スタートするとあっという間に後方に置いて行かれた。中盤には2分遅れでスタートの次集団にパスされた。もっと踏めるはずなのに踏めない。どうやらウォームアップで一回心拍数を上げておかなければならなかったようだ。ゴール前、立ち漕ぎで一人抜いたがまた抜き返された。トップは852秒。僕は1441秒。男子289人中286位。DNS70人ほど。この距離で棄権者はいないだろうから、気象状況を嫌ったのだろう。今回の参加賞はライトなサングラス。レースで使用したが快適だった。参加費8,000円で、一ヶ月間のプレッシャーとレースの緊張感、参加賞にゴール後の激美味なトン汁とスイカがいただける。今年もまた大会スタッフの西田さんと記念撮影した。西田氏は秩父のPage Oneという工房を構えるグローバルアーティスト。ありがたい!

<以下は昨年のマイレポート>

10:04amのスタート。ゼッケン201。前半の5キロは後半の激坂5キロのプロローグ。自重せねばと思うがレースに引っ張られて踏んでしまう。2分後にスタートしたウェーブのパックに置き去りにされる。林道に入っても陽射しは強く暑さは容赦ない。6キロを過ぎるとサドルを降りるライダーが現われた。息が上がり胸が痛い。今年のレースは過酷だと思い知らされる。このルートは試走を含めて5回目のアタックだが、目に映る斜度に心が折れそうになる。Make It, Make It! と自分に言い聞かせてペダルを踏み続けた。7キロを過ぎるとバイクを押すライダーが一気に増えた。僕は誘惑と戦いながらペダルを踏んだ。ゴール直後にスタッフが頭と首に水をかけてくれた。シャンパンファイトだと思った。レース結果は528秒。男子完走321人中の293位。DNS60人以上。過酷なレースだった。男子の優勝者は24分。女子は27分。エイリアンのようだ。表彰式会場では鉄人西田さんと主催責任者の大西さんが出迎えてくれた。鉄人さんはMCの大役を楽しそうにこなしていた。そのご苦労に心底頭がさがる。振舞われたトン汁は物凄く美味しかった!

|

« 110831 K-REEF D49 #55 by T12 | トップページ | 110907 UB-REEF D50 #56 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 110831 K-REEF D49 #55 by T12 | トップページ | 110907 UB-REEF D50 #56 »