« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

110429 Tsujido  D15 #16

  • BIC 7’9 TRI
  • 11:00am to 12:15pm
  • On shore breeze
  • Size: 腰腹
  • DEUCE 3/4mm Full

茅ヶ崎から辻堂のウッツ宅に向かい朝食をいただき、家族団らんにまぜてもらった。それから二人でのらりくらりと歩いて橋前Pをチェックしにでかけた。風が入ってラフだが楽しそうなワイドブレイクが押し寄せていた。サーフスイッチが入って気持ちが高まった。カメラを持っていったのにシャッターを押すのを忘れて、スティックセレクションに心が飛んだ。ウッツはBIC9’4 Nat Young Model。僕は一瞬SUPに心惹かれたがBIC7’9にした。乗りなれたお気に入りのボードだ。

二人は好きなだけ波に乗った。ワイドブレイクなのでどこからでもテイクオフできる。スウェルにボードがフィットして滑り出しが早い。デッキの手の位置に気を使うとテイクオフが早くなった。(気がする)

Wave of The Dayなライトを2本連続で乗った。ミドルセクションの地形が深いのでショートライドだが、ショルダーが張ってスピード感が素晴らしかった。

| | コメント (0)

110429 Chigasaki  D15 #15

  • HOKULEA 6’6 TRI
  • 06:30am to 08:15am
  • Off shore breeze
  • Clean face
  • Size: 膝腰
  • DEUCE 3/5mm Full & Hat

134号線を七里から西に走りながら心のモードを切り替えた。昨日の強い南西風のおかげで気持ちはソリッドなリーフブレイクになっていた。薄くウィーク(弱い)なファーストブレイクでのテイクオフの練習にテーマを絞った。それは僕にとってはとても難しいテーマだ。

チェックポイントからイメージとおりのスモールパーフェクトなベイビーブレイクを撮影した。

水はまだまだ冷たいがカリフォルニアテイストな乾いた風と陽射しが嬉しい。正面左側の漁港よりにグッドなサンドバーがありサーファーを集めている。僕は右側のエンプティーゾーンでたまにふらふらと入ってくるセット波に乗った。デッキにつく手の位置をいちいち意識ながらテイクオフを繰り返した。引き際に何度がサイズのあるセットがやってきた。ザ・デーにはとおく及ばないが、そのイメージを思い浮かべてサーフした。それでもパワーレスウェーブでの波乗りは集中力が続かない。

P1020721 P1020723 P1020725

P1020728 P1020731 P1020735

| | コメント (0)

110429 SURF CHECK Kamakura

5時半のピークにはファンサーフがブレイクしていた。7’10を持ってきていたが、窮屈な波乗りをする気持ちになれず、ビーチブレイクでやろうと茅ヶ崎へ向かった。

P1020693 P1020695 P1020696

P1020698 P1020703 P1020707

P1020711 P1020713 P1020720

| | コメント (0)

2011年4月27日 (水)

110424 T-REEFの現状とOCEAN BLUE DAY

震災後初めてT-REEFに行った。常磐道を北上するとだんだん高速道路のサーフェイスが細かく波打っているのが感じられる。走行に支障はないがニッポンの大切な資産が損なわれた悲しみが湧きあがる。

FB(フェイスブック)でOCEAN BLUE DAYへの参加を呼び掛けた。沢山のサーフレンズ、未知のサーファー、アンサーファーから参加表明をいただいた。

T-REEFにはピークメンバーたちが集まっていた。もうすでに懐かしい顔、顔。ロブ根本とビーチのノースエンドまで歩いた。地震の傷跡は深いがポイントは生き残った。沖には200艙以上の船が漂流しているそうだ。肉体も魂もガレキも漂っている。いましばらくビーチをそっとしておいて、それからビーチクリーンかな?!

カズゥーから本吉町崖前Pや蒲生Pが消失してしまったと聞いた。ロコの悲嘆は想像を絶する。そして東北を愛するサーファー達。

自然のパワー。

自然は破壊する。

自然は再生する。

画像集は僕のFBサイトから見て下さい。

http://www.facebook.com/waveseeker1954

プロフィール写真の下の“写真”をクリックして下さい。

西浜物語のフォロアーの方々からの“友達リクエスト”をお待ちしています!

| | コメント (0)

110424 THE CLASSIC REEF D14 #14

P1050755

  • Legen 6’4 QUAD
  • 07:00am to 10:00am
  • Size: Head and more
  • Side Off shore wind
  • DEUCE 3/5mm Full Suit

4時に出たかったが5時出発となった。サイズがあるのは分かっていたが6’4でやろうと何故か思った。ポイントセレクションも迷わずC-REEF。タイドツーハイでフェイスも整っていなかったがアウトPにパドルアウトした。

リアルウェーブでのサーフは一ヶ月半ぶりでちょっともたついた。8時くらいから状態が整ってきて、この場所らしいセットが入りだした。メインのレフトピークからのテイクオフは僕には難しい。レイトになって板をひいてしまう。テールが絞られたHOKULEA6’6Round Pin Triがフィットするだろうなと、ボードのせいにしたくなった。

ミドルサイズのライトウェーブへのテイクオフもエグイ。それでもフロントなので数を重ねた。ショルダーはレフトよりスティーピー(急峻)ではないので、エンドゾーンまでラウンドハウスカットバックを何回も重ねる。ただし乗り込むとゲッティングアウトは結構ヘビーだった。右回りも左回りもドルフィンの連続だ。

坂下側のピークはマッシーでサイズがあった。ロングボーダーが6人くらい。ファンボードでサーフしたい波に見えた。メインにはチビ太さんを含めてやはり6人くらい。ライトを狙っているのは僕を含めて2人。全員ショートボーダー。終盤にセットセットのライトピークをキャッチして、僕としてはスキル以上のムーブが3回決まった。それからラスト1本のレフトを狙ったが風が入りだしてラフコンディションに変化していった。ラストウェーブはスモールだけれど綺麗にラインが出たレフトウェーブだった。そこからいったんインサイドPとの間のゾーンにパドルアウトしてからビーチに上がった。

七里の丘の上にあるトミー中富宅でコーヒー2杯と日本茶と林檎をいただき、楽しい会話をかわしてから朝比奈ICに向かった。OCEAN BLUE DAY@T-REEFに参加する為に。

P1050759 P1050760 P1050754 P1050751

| | コメント (0)

2011年4月22日 (金)

Run Swim Run

最近ちょこちょこと走っている。

もちろん究極のスローペースで!

4/20

Swim@東京体育館 500m x 3本 100m/2.5min x 5=12.5min なペース。目標は、100m/2min x 15=30minなんだけどネ!

午後は13時から1740分まで、業界団体@銀座の会議室で技術交流会と理事会に出席。長いは眠たいはで往生して意識的に発言回数を増やした。で、表参道から青山通りを散策して、19時から22時まで SURFER’S TALK@青山燈庵。

4/21

飲み会の翌日の割にやけに体が軽い。午前中、海人とラックと小千代山往復。普段はウォークだがジョグで往復3キロ。小千代山はトレールラン。なんだか妙に走れる。会社を定時1720分で上がり、自宅に戻りジョグに出かけた。都幾川中間橋で海人とラックたちと落ち合い、まだ行けそうな感覚があったのでC3に乗らずに自宅目指してジョグ。5キロ地点くらいで足が重くなりウォーク。気を取り直して6キロくらいを完走した。自宅の直前でウィークポイントの右膝にごくごく軽い違和感を覚えたのですかさず歩いた。これって学習効果と思った。

4/22

朝、早めに起きれたが体が重い。犬たちと軽く散歩した後に太陽礼拝ヨガ。夕方ジョグはどんなだろう?!

| | コメント (0)

2011年4月21日 (木)

110420 SURFER’S TALK@青山燈庵

他愛の無い会話が嬉しかった。僕達はニッポンの歴史の重大な局面の真っただ中にいる。ネガティブな言葉、感情、憶測など微塵もなかった。いつまでも変わることなく友達でいよう!

今年も、7月の第一土曜日には状況が許せばANNUAL SURF MEET@T-REEFをやろう!

そして次回のSURFER'S TALKは台風シーズンが終わった晩秋にやろう!

T-REEFの仲間、茅ヶ崎・辻堂・鎌倉の仲間、Team ゴリバス、明治サーフの後輩、メンタメイト、東京サーファー達が集まった。

P1050606 P1050607 P1050608 P1050610

P1050611 P1050612 P1050613 P1050614

P1050615 P1050616 P1050617 P1050618

P1050619 P1050621 P1050622 P1050624

P1050625 P1050626 P1050627 P1050628

| | コメント (4)

2011年4月18日 (月)

110417 Sun. Suzuki Ichiro Musician’s Day at 銀座TACT

ライブレポートと画像は”レジェの冒険”で!

P1050588

| | コメント (0)

110416 SUP@鎌形堰 D13 #13

P1050546

  • Legen 9’6 SUP
  • 14:30pm to 15:00pm
  • Windy Surface & Dark Water
  • DEUCE 3/5mm Zip Les Full Suit
  • River Sup: 23日目

今年2回目の鎌形堰へのエントリー。2日前の辻堂でのサップの余韻を引きづって堰に向かった。晴れあがり気温は高いが強い南東風が吹き込み、サーフェイスは荒れていた。パドルを漕ぐたびにボトムと水面が細かくヒットしバイブ音がする。BIC 10’と比べると今日のマイボードは軽快だ。ジグザグに1往復すると約500m10往復しようと思ったが5往復で力尽きた。下流に向かう時にコーナーで強風を受けて推進するのがしんどかった。

常連の釣り師と話をした。彼にとってもシーズンインらしい。鯉が20匹以上いるはずだが今日はまったく姿が見えないと嘆いていた。僕は一度だけ鯉を目撃した。まだまだ水温は低い。

ステップバックターンのリバースとフロントを何度かトライして沈しそうになったが、今日は1回もワイプアウトしなかった。サーフサップの経験が生きている。そして短時間だったが汗だくになった。ちょっと単調だけど回数をこなしたいと思う。ウォータープルーフのiPODが必要かな?

| | コメント (0)

2011年4月15日 (金)

110414 TSUJIDO D12 #12 SUP

P1050525

P1050530

P1050532

  • BIC 10’4 SUP
  • 09:15am to 10:45am
  • Size:
  • Off shore wind
  • DEUCE 3/4mm Full Suit

チャリティー・スライドショーを終えて、24時までおでんセンターの“渚”で飲んだくれた。チサン前のマンションに帰るとゲン・リナは寝ていた。朝起きると不良オヤジと言われた?!ミニチュアダックスのライ太を連れて海に散歩に出かけた。フラットと信じていた僕の眼にスモールビューティーなブレイクが飛び込んできた。ハイタイドに向かう時間帯と風のリスクを考えてウッツ宅をベースにしようと思い車を辻堂駐車場に移動した。

ウッツが11’、僕が10’4SUPボードをチョイスしてキャリアーでビーチフロントまで運んだ。ヘビージョブだ!

サイズはスモールでフェイスはパーフェクト。空気は乾いて陽射しは強くカリフォルニアテイストなセッションとなった。陰鬱な気分は軽くなり沖からやってくるスウェルを見つめた。

ハイタイドに向かいブレイクはマッシーになりブレイクは減った。久しぶりのサップだがオーバースペックなボードに助けられて何本か波に乗った。ウッツは2本クリーンライドを披露した。ラストウェーブは彼にとってのベストライディングだそうな!

P1050520 P1050527 P1050529 P1050531

| | コメント (0)

110413 辻堂チャリティー・スライドショー

P1050515

P1050517

テミヤンが4曲歌った。“スマイル”では全員が声を合わせた。それから東北の大地とニッポンの未来にむけて祈った。枡田勇人・青木盛安フォトグの映像は胸に染みた。東北の波と自然の素晴らしさと、今この場所にある湘南の素敵さが胸に迫った。

T’S HOUSING

湘南発信|七里のおじさん

P1050506 P1050504 P1050505 P1050509

P1050512 P1050514 P1050518 P1050519

| | コメント (4)

110413 SHICHIRI D11 #11

P1050497_2

  • LEGEN 6’QUAD
  • 15:30pm to 17:00pm
  • Size:
  • On shore wind
  • DEUCE 3/5mm Full Suit

3/10西浜、3/11大震災、一ヶ月ぶりに潮の香りをかいだ。辻堂でのチャリティーイヴェントが僕を湘南に呼んでくれた。アンライダブルな波は問題じゃなかった。今この状況で海に入ると、どんなことを感じるのかを知りたかった。

海を目の前にしても胸は高鳴らないし意欲も湧かない。海と惑星に念をおくってからエントリーした。

数本しかスタンディング出来なかった。刺し乗りは全部ワイプアウト。ボードが走ってテイクオフしようとするとスウェルが厚くなり失速する。

これから新しい波乗りのフェーズが始まる。

P1050480 P1050490 P1050494 P1050499

FB上にryomaからライディング画像が届いた。

205086_117322035013710_100002077411 216261_117322061680374_100002077411

| | コメント (2)

2011年4月 4日 (月)

アンビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

20114月1日(金曜日)、嵐山カントリー倶楽部でのヒシヌママシナリー新入社員歓迎会にアンビートルズがやって来た。重い空気で始まったライブをジョン・アサワが強引に温めてくれた。ありがとう!

順不同のおぼろなセットメニューは!

From me to you

I want hold your hand

Roll over Beethoven

Please Please Me

This boy

I wanna be your man

All my loving

ずっと好きだった from my request!

I feel fine(アンコール)

Twist and shout(シングアウト!)

P1050301 P1050302 P1050303 P1050327

P1050330 P1050332 P1050333 P1050335

P1050339 P1050341 P1050359 P1050368

| | コメント (0)

110401 初春ライドwith長樹

P1050284

P1050289

久しぶりにナガキとショートライドした。自宅・遠山峠・玉川・生越・赤沼・笛吹峠・鎌形堰・千手院の30キロ弱のコース。陽射しが温かく、風がちょっと冷たい楽しいライドだった。

P1050285 P1050287 P1050288 P1050296

| | コメント (2)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »