« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月27日 (水)

101026 TSUJIDO D74 #88-9

P1030369_2

P1030371_3 

  • Legen 6’0 QUAD
  • RYOMA 9’0 SUP
  • 12:45pm to 15:45pm
  • Size: 腰腹set
  • Off shore wind
  • DEUCE 3mm Zip Les Full Suit
  • With Ryoma & Uttz

川崎でのアポ2件を終えて京浜第二国道を走り、横浜新道に乗った。海までの30キロは学生時代に使った懐かしいルートだ。

Ryomaが既にエントリーしていて、僕に向ってパドルを振る。台風14号からのスウェルなのか、高気圧からの吹き出しのスウェルか定かではないが、形の良い波がブレイクしている。右と左のグッドウェーブを数本乗ってから、Ryomaのサップとボードを交換した。それから一時間スウェルをキャッチしようと悪戦苦闘した。結果的には1本しかテイクオフ出来なかったが善戦だった。気が付けばウネリを受けるゾーンでスタンダップして、波待ちしている自分がいる。数え切れないほど沈したが手ごたえを感じていた。小一時間を過ぎると下半身の踏ん張りが利かなくなり、見かねたRyomaがトライアルの終了を告げてくれた。

サップラウンドでへとへとになったが、グッドウェーブに支えられてショートボードサーフィンを続けた。確立は低かったが、何本か良いライディングをした。気のせいか、気の迷いか、錯覚か、自己満足か、下半身が鍛えられターンの切れと伸びが増したような気がした。サップトレーニングは確実にサーフィンのスキルアップに直結していると思う。

P1030375 P1030377 P1030378 P1030381

P1030383 P1030386 P1030388 P1030389

| | コメント (4)

2010年10月25日 (月)

101022 槇原敬之 シンフォニーオーケストラコンサート cELEBRATION 2010 -SING OUT GLEEFULLY- at 武道館

武道館正面の駐車場は清掃協力費の名目で500円だった。新潟・とちぎ・那須・三河・群馬・八王子・横浜・熊谷等々の地方ナンバーばかりだ。

マッキーのコンサートは前回の東京フォーラム以来2回目。続々と集まってくる人波に飲み込まれ、彼の人気をひしひしと感じた。

インプレッションは“レジェの冒険”で!

| | コメント (0)

2010年10月24日 (日)

101023 T-REEF  D73 #87

P1010910

P1010917_2

P1010936 

  • Legen 6’4 QUAD
  • 14:15pm to17:15pm
  • Side On Wind
  • Size: Head and more
  • DEUCE 3/3mm Gip Les Ful Suitl
  • With Ara from England

P1010931 P1010938

P1010909 P1010919

昨夜は武道館で槙原マッキー敬之のシンフォニーコンサートだった。帰りしなに目白通り沿いの上海料理店で食事をして、帰宅は23時半を回っていた。朝、ゆっくり起きストレッチをして、海人とラックと散歩した。今日はT-REEFにイングランドのアラが、ラジャに連れられてやって来るはずだ。波のサイズはギャランティーだが生憎のヤマセ(北東風)ベースだ。11時に出て夕方の風が弱まる時間帯にサーフしようと思った。リハ音源に合わせて、来たる1030日の銀座タクトでのライブに向けての練習をしている内に時間が過ぎて、出発は12時となってしまった。

続きを読む "101023 T-REEF  D73 #87"

| | コメント (0)

101022 SUP@鎌形堰  D72 #86

  • Legen 9’6
  • 14:30pm to15:00pm
  • Clean surface & water
  • DEUCE 3/5mm Gip Les Full
  • River SUP: 19日目

二日酔いの頭痛を抱えて、犬達と大平山西側の冠水橋往復のトレールウォーク。約5キロで汗をかいた。リバーサップを30分で頭痛が抜けた。デイリーエクササイズ化してきた。

| | コメント (0)

101021 SUP@鎌形堰  D71 #85

  • Legen 9’6
  • 13:15pm to14:00pm
  • Clean surface & water
  • DEUCE 3/4mm Gip Les Full
  • River SUP: 18日目

都内に出かける前にリバーサップ。エントリー前に鴨を二羽目撃。ジグザグ一往復に約5分。パラレル、ナチュラル、グーフィースタンスと変えてみる。鯉の姿が見られないとちょっと淋しい。昨日に引き続きノー沈だった。これで3日間連続だ。

P1030297

| | コメント (0)

101020 SUP@鎌形堰  D70 #84

In The Rain

  • Legen 9’6
  • 15:15pm to16:00pm
  • Clean surface & water
  • DEUCE 3/4mm Gip Les Full
  • River SUP: 17日目

Legen2010のリハが池袋ゲートウエースタジオで19時からある。嵐山発17:46pmの電車に乗る前にリバーサップ。小雨が降り風情が増した。3/4mmフルスーツも柔軟剤に漬けた。冬シーズンはもうすぐそこだ!

P1030295

| | コメント (0)

2010年10月20日 (水)

101019 SUP@鎌形堰 D69 #83

P1030281

  • Legen 9’6
  • 14:45pm to 15:45pm
  • Clean Face & Water
  • DEUCE 3/5mm Gip Les Full Suit
  • River SUP16

真冬用のウェットを着用した。ノースで使用する季節がもうすぐやって来るので、慣らしておこうと思った。多分4シーズン目なので生地の弾力性が失われ、窮屈感がある。このウェットで短いボードでクイックなテイクオフが出来るのか、ちょっと心配だ。

単調に思われるリバーサップも、スキルアップの為の意識付けで飽きることが無い。それに水槽の上を滑走するように、生態系が丸見えで興味深い。今日は水草に沈んでいる釣竿を見つけた。ある予感を抱いて拾い上げ、リールを巻くと案の定、プールの主役の鯉が掛かっていた。もちろん釣り上げる気持ちなど無く、ちょっとパニクッた。スマートに釣り上げてリリースするのがベストだろうが、そんな技は僕には持ち得ない。結局強引に竿を扱い糸が切られた。彼(彼女)がどの程度傷ついたのか心配だった。その後何度が猛スピードで泳ぐ魚影を目撃した。野生の生命力で回復して欲しい。

曇り空から陽射しが出て、汗が出る。今日は何往復も何往復もして、鯉の姿を追い求めた。レギュラースタンスからグーフィースタンスも多用した。アグレッシブなターン練習をしなかったお陰で、沈は一回も無かった。自宅に帰り、フルスーツをソフラン(柔軟剤)に漬けた。

P1030284 P1030286

| | コメント (0)

2010年10月19日 (火)

オータムライブのお誘い from Legen2010

毎日PCに届く沢山のライブ情報。僕自身もよほど気持ちが惹かれないとチケットを買おうとは思わない。今年の僕のライブ体験は、Carole King & James Taylor@武道館、Music Lovers Live 2010@横浜アリーナ、情熱大陸ライブ@夢の島、槙原敬之@武道館、ドリカム@武道館と、いたって判りやすい。という訳で、ほんの気まぐれにお気が向いたら僕のライブを聴きに来て下さい。ワンマンユニット“レジェ”が、ナイスミュージシャンのサポートを受けて、今年3回目のライブで4曲演奏します。秋の銀座でのショッピングや歩行者天国のついでに、ドリンク&ミュージックはいかがですか・・・?

10月30日 土曜日

主催:ハヤビー古川氏

MC:ジョニー浅岡

開場12時 開演13時 エンディング16時

レジェ2010の出演は15時半頃

銀座タクト

銀座6-9-15 タクトワンビル B1F(鈴蘭通り)Tel 03-3571-3939

参加ミュージシャン

  • ジョニー浅岡とサマータイマーズ
  • 綾音&グリッターホールズ
  • ROOM3ピースバンド)
  • アキババンド(古川&タカ率いる強力バンド)
  • Legen2010 with Taka, Kao, Jackie & Nezu

ワンドリンク付チャージ@2000追加ドリンク@500

Tact_logo Tactmap

| | コメント (0)

スマトラからの風

メンタウィ

Team Okayama September 2010

Shot by Ishi, Aki & Yu

Nothing to talk about!

Okayama_yu24_3_2

Okayama_roxy_aki60_2

Okayama_roxy_aki42_2

Okayama_isi83_3

| | コメント (0)

2010年10月18日 (月)

グランドチャンプ大村奈央

敬愛する鵠沼コアローカルのエリさん。彼女がケアーしてきた奈央ちゃんが、ルーキーイヤーでグランドチャンプになった。インヴィテーションオンリーのパーティーは“モスバーガー”で開かれる。僕は当日、銀座TACTでのライブ。残念!

P1030279

| | コメント (0)

101017 SUP@鎌形堰 D68 #82

  • Legen 9’6
  • 13:10pm to 13:45pm
  • Clean Face & Water
  • O’Neil 2/3mm Seagull Suit
  • River SUP15

超朝一に起きて北東風ベースのノースに行く気力が湧かなかった。それよりも前回のT-REEFでのロングラウンドから湘南サップ、そして連日のリバーサップによる疲労が溜まっている。

14時からスカチャンで関東大学ラグビー帝京対筑波戦が放映される。その前にサクッとリバーサップした。

P1030274

| | コメント (0)

2010年10月16日 (土)

101016 SUP@鎌形堰  D67 #81

P1030262

  • Legen 9’6 & Ryoma 8’4
  • 14:15pm to 15:00pm
  • Clean surface & water
  • O’Neil 2/3mm Seagull Suit
  • River SUP: 14日目
  • With Gen

ゲンが茅ヶ崎から関越の渋滞をぬけてやって来た。初甥っ子の櫂と犬達に会いにきたらしい。J Sportsでトップリーグラグビー近鉄vs NTTコムの試合を見てから、渋るゲンと鎌形堰に向かった。彼にとっての初サップは上々だった。鏡のような水面と9’6ボード。僕より体重が10キロ以上軽い彼にはイージートライのように見える。途中、8’4ボードにもトライしてもらった。不安定ではあるが上手にパドルしている。僕は昨日に引き続き、何十本もヴァーチャルスウェエルにアプローチしフルパドルを繰り返した。ナイスラウンドだった!

P1030258 P1030267 P1030271

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

101015 SUP@鎌形堰  D66 #80

P1030221 P1030220

  • Legen 9’6
  • 13:30pm to 14:30pm
  • Clean surface & water
  • O’Neil 2/3mm Seagull Suit
  • River SUP: 13日目

鏡のようにクリーンな水面に上流から数メーターの風が吹き抜けている。2日間の辻堂でのサップ体験で感覚が変わった。余裕を持ってパドル操作とスタンスチェンジにトライ出来る。グーフィースタンスでもクルーズトライ。沈する回数も数えられる程に激減した。水量も水の透明度も今日は特別にクリーンだ。

今日は何十本も何十本もヴァーチャルスウェルにテイクオフの為のアプローチターンをトライした。両岸はヘッドオーバーのキャッチすべきスウェルだ。上流から下流に向かってジグザグに滑走しながらライトとレフトの仮想スウェルにアプローチした。入射角45度からはテイクオフの為の細かく早いパドルワーク。この時に心拍数が上がる。ただしバーチャルトライなので心拍数は80くらいにしか上がらない。ヒルクライムでもサーフィンでも対象がハードであれば、必要以上に心拍数は上がる。それでもリバープールでのプラクティスの質と負荷は飛躍的に上がった。

ボードに正座して小休止。堰に流れ込む瀬音と小鳥達の鳴き声だけが聴こえる。この場所は素晴らしいと思った。

| | コメント (0)

101014 SUP@TUJIDO  D65 #79

P1030213

  • Legen 9’6
  • 08:00am to 09:30am
  • Off shore breeze
  • Size: くるぶし
  • DEUCE Short John
  • With Ryoma

昨夜はゲンがホンキーに迎えに来てくれた。僕と自転車はジュークにレスキューされてチサンP前のマンションに帰った。翌朝7時に起きてサイクリングロードを鵠沼まで走った。距離はたったの3キロ。肌寒いオフショアーが吹き、フェイスクリーンなスーパースモールパーフェクションがブレイクしている。ビギナーSUPライダーの僕にはザ・デーだ。地下道を抜けてホンキー前を過ぎると、ホクレアショップ前の小道からヌマちゃんが現れた。結局昨夜の宴は23時まで続いたのだそうだ!

SUPボードをカートップに積み、自転車を車中に積み再び第一駐車場に戻った。橋前でエントリー準備をしていると、お決まりのTシャツにジーンズ姿のウッツがやって来た。フェイスクリーンで昨日とは大違いのイージーコンディションにパドルイン。間髪入れずにRyomaがやってきた。テイクオフすべきスウェルに対しての、アプローチのプロセスを懇切丁寧にレクチャーしてくれた。終盤に何本かインテンショナル(意図的)なテイクオフに成功した。

仕事に向かうRyomaが林檎を2個くれた。ウッツオフィスでホットコーヒーをいただき、朝食代わりに林檎を丸かじりした。

P1030205 P1030211 P1030212

| | コメント (2)

101013 モルディブクルーとの再会

P1030179_2 P1030180_2

ウッツガレージから鵠沼のエリさん宅に向かった。柄澤明美がシドニーから里帰りしており、7月のモルディブトリップの仲間が集まることになった。Team Hokulea11名中、ケンゴを除く10名が鵠沼ホンキーに集合した。ホンキーとはモルディブのハードレフトPに惚れ込んだオーナーが思いの丈を詰め込んだラーメンショップだ。アケの磁力とエリさんのコーディネートで楽しい宴となった。

P1030185 P1030186_2 P1030187

P1030195 P1030199 P1030203 

| | コメント (0)

101013 SUP@TUJIDO  D64 #78

  • Legen 9’6
  • 14:00pm to 15:30pm
  • On shore breeze
  • Size:
  • DEUCE Short John
  • With Ryoma & Tacchie

Team Hokulea Maldives Crewの再会ミートの為に湘南に向かった。第一駐車場に車をとめて、橋前にエントリーした。Ryomaとタッチーは次々に小波にテイクオフを繰り返していた。僕はというと弱いオンショアーを受けてのラフフェイスとスウェルに翻弄されて、沈の連続だった。エキスパート二人は自分達も通ってきた道と、笑いもせずに的確なアドヴァイスをくれた。Ryomaとちょい沖に往復クルーズした。そしてインサイドに戻り、僕も小波アタックを繰り返した。そして偶発的に僕にとってのファーストテイクオフがやってきた。サイズは膝オーバー。それでもボードが走り始める刹那に、脳天にまでグライドフィーリングが突き抜けた。タンカーロングボードのそれとも違う感覚だ。この瞬間から今まで持ち得なかった、波取りへのモチベーションを得た。

湘南のメジャースポットで僕とエキスパート二人だけの時間が流れた。何故か意味もなく誇らしかった。

セッションを終えてUttz Garageでサーファーズトーク。ウッツとRyomaと僕。ホットコーヒーをサーブされて気持ちの良い黄昏時を堪能した。

P1030175 P1030176 P1030178

| | コメント (2)

2010年10月12日 (火)

101011 T-REEF D63 #76-7

P1010903

P1010901

P1010905

  • Legen 6’4 QUAD
  • Legen 9’6 SUP
  • 05:45am to 11:00am
  • 12:00pm to 12:30pm
  • Size: Head and more
  • No wind to off shore breeze
  • DEUCE 3mm Zip Les Full Suit
  • O’Neil 2/3mm Seagull Suit

夜明け前にいつもの丘に着いた。パーフェクト・デーだと思った。シバタくんと一緒にレギュラーポイントに向ってパドルイン。パドルスピードがまったく違いどんどん引き離される。干潮は11時。早朝は潮が多すぎてラインが張らない。それでも形の良い波に気持ちが高まる。最初の一時間はコアメンバーだけで、セットの波に乗ったメンバーはイン側にステーする。気持ちの良いリズムだ。潮がほんの少し動くとリアルウェーブが入りだした。と言ってもサイズの割にはスウェルにパワーもスピードも感じられない。何本かセットピークからのロングランに恵まれた後に、波回りから見放されてきた。この場所としては特別に混雑し、しかもロンガーが多い。マッチャン、ハル、モリさん、バンビ、ロブ、ヤッサン、アキシマ、隊長、ヒデまで現われた。ちょっと遅れてアオさんもやって来た。

終盤はレフトPに移動した。今日はミドルPもライダブルで、移動途中でヤッサンがセットセットのレフトピークからレイトテイクオフを決めて、インサイドまでメイクした。しばらくそのピークにへばりついて待ったが、あんな波は僕にはやって来なかった。

レフトPでも結局2時間くらいサーフした。タイドが下がりサイズは小さくなったがファンだった。イッキュウ、ハリ、ヒデアキ、Wかおり、石毛さんとこちらも賑やかだったが、じきに空いてきた。イッキュウのホクレア6’10とボードを交換した。彼は渋っていたが僕の6’46本の波に乗った。久しぶりに乗る6’10フィッシュクアッドは楽しかったが、やはりオーバーフロートだ。

2ラウンド目はサップをやることにした。エントリー直前にイッキュウがやってきて、ヤッサンがお釜で炊いた小泉産新米を食っていけと言う。仲間とわいわいと食べた卵かけご飯は最高に美味しかった。

サップで正面の無人のアウトサイドブレイクに向ったが、散々だった。エントリー前にカズゥがやってきて、色々とアドヴァイスされたが、まったく適応出来なかった。見た目の海面のうねりは小さく、イージーと思ったが、実際は前後左右の揺れに対応せねばならず、沈の連続だった。フレッシュな体で一から出直しだと思った。

| | コメント (2)

101010 関東大学ラグビー@熊谷ラグビー場

P1010863

P1010882

関東大学対抗戦

明治大学  ○111 (52+59)  vs   (0+0) 0●  成蹊大学

慶應大学  ○  30 (14+17)  vs   (0+0) 0●  立教大学

明治のキックオフボールの処理が不安定だった。ハイボールキャッチャーの後ろのプレーヤーがキャッチ後、オブストラクションを2度取られた。成蹊のナイスタックルによるノッコンが目立った。オフロードパスの精度が上がってきている印象を受けた。

立教がタックルの強さ、そしてディフェンス力を示した。昨年、この場所で見た明治対立教戦を彷彿させる試合だった。

| | コメント (0)

2010年10月 8日 (金)

Legen New Boards!

  • 7’10  x  20 3/4  x  2 3/4
  • 5’9   x  20  x 2 1/2

ディストリビューターRyomaとのディープな協議と考察を経て、小波用と大波用のボードをオーダーした。T-REEFで使用する日が待ち遠しい!

Pict0001 Pict0004 Pict0014

| | コメント (2)

101008 SUP@鎌形P  D62 #75

  • RYOMA 8’4
  • 10:00am to 11:00am
  • Face clean and clean water
  • Maxim 5mm Full suit
  • River SUP: 12日目

今日もバランストレーニングボードの8’4をチョイスした。スタンディングエントリーに成功したが、その直後に沈した。アンダーフロートの為、スタンディングポジションは1センチの誤差で不安定になる。中盤に水面に風が吹き込んだ。フェイスがちょっと荒れて反射する光が美しい。オレンジ色の20センチくらいの蛇が向こう岸に泳いでいく。主の鯉が頭を水草の群生につっこみ尾だけをのぞかせていた。上流でのターンは6回のトライで5回沈した。このボードで安定したターンが出来るようになりたい。

P1030126_2 

| | コメント (0)

101007 SUP@鎌形P  D61 #74

  • RYOMA 8’4
  • 17:100pm to 17:40pm
  • Face clean and so clean water
  • Maxim 5mm Full suit
  • River SUP: 11日目

夕暮れが迫ってきたので、海人とラックを連れてまずは土手沿いの道を散歩した。その後エントリーポイントに移動して、子供達はポールにつないでおいた。プールに向かうと、おーい何処に行くんだと僕に吠え立てる。茜雲(あかねぐも)が水面に映え、その上を滑走した。秋の日の夕暮れはすぐに暗くなる。

P1030119_2

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

101007 都幾川ライド

P1030113

P1030106

気持ち良く晴れた秋の日。昨日一昨日に引き続きジテツウ(自転車通勤)した。遠回りコースで遠山峠を上り、都幾川町玉川を通る。彼岸花の盛りが過ぎると色々な花々が咲き乱れる。鎌形堰リバープールのちょい上流は画像のような清流だ。僕が一番好きなスポットから笠山をシュートした。

P1030104 P1030110

P1030097 P1030098

| | コメント (0)

101006 SUP@鎌形堰 D60 #73

P1030088_2

P1030092_2

  • RYOMA 8’4
  • 11:30am to 12:15pm
  • Face clear & so much clean water
  • MAXIM 5mm Semi Dry Suit
  • River SUP:10日目

昨日に引き続きジテツー(自転車通勤)。空気がキリッとしてライディングには最適なシーズンだ。

自宅に戻り、数シーズン着ていない古いセミドライスーツを着用した。ボードは不安定なプラクティクス用8’4をチョイス。リバープールのコンディションは変わらないが、今日は鴨が3羽泳いでいた。彼らに近づくと驚いて飛び去った。この場所の主である鯉の魚影も見かけた。上流の岸辺には釣り師が竿2本をさしていた。釣れますかと問うと、3時間ノーヒットとのことだった。数センチから5センチくらいの小魚は水草の群生エリアに沢山いるのだが。

上流の早瀬との合流エリアでのターンがちょっと難しい。真横から流れを受ける瞬間が一番緊張する。ウネリを受けた海面では、比較にならない程翻弄されるので、今後はアグレッシブなターンにトライしようと思う。まだまだスキルアップの真っ只中で、伸びしろはタップリありそうだ。8’4ボードも前回ほどのストレスは無い。自宅で古いウェットを柔軟剤に漬け込んだ。

15時から銀座での業界団体理事会出席の為、武蔵嵐山駅発1327分の電車に乗った。17時半にJR飯田橋駅でイッキュウと待ち合わせ、神楽坂で久しぶりのサシ飲み。彼は3週間ノーサーフだとか。不健全極まりない・・・?!

| | コメント (0)

2010年10月 5日 (火)

101005 SUP@鎌形八幡P  D59 #72

  • Legen 9’6
  • 15:50pm to 16:30pm
  • Face clear and so clean water
  • O’Neil 2/3mm Seagull suit
  • River SUP: 9回目

今日は久しぶりにロードバイクで会社に行った。遠山峠の登りで心拍数が上がる。気温22度で下りは寒いくらいだ。午後、都幾川町のリバーサイドにある“手作りカヌー”のクラフトショップに行ってみた。ショップ裏に都幾川が流れていてカヌーが数艇浮かんでいる。上流から下流の堰までほんの数百メーターで、カヌー体験と完成艇の試乗場所と知れた。鎌形堰の環境と状態の方が断然良いことが判明して、嬉しいがちょっとがっかりした。

鎌形堰のエントリースポットからボードにスタンディングエントリーを試みたが、見事に沈した。今日も水面はオイリーグラッシーで澄んでいる。小魚がやたら泳いでいる。突然、鯉らしき奴がはねたりした。上流の早瀬には釣り師が一人。遠目にはフライフィッシャーに見える。段々と下流にポジションを移動して来る。

パラレルスタンスとレギュラースタンスを交互に変えて、色々なパドル操作でターンの練習。基本はプール幅をいっぱいに使ってジグザグ滑走をする。次回からは5mmのフルスーツでもっと汗をかいてやろう!

| | コメント (0)

2010年10月 4日 (月)

101003 SUP@鎌形八幡堰 D58 #71

  • Legen 9’6
  • 15:15pm to 16:00pm
  • Face clear & so much clean water
  • O’Neil 2/3mm Seagull Suit
  • River SUP:8日目

雨の予報に反し、薄日が差す日曜日となった。八幡山へJr.早明戦を観戦に行く予定だったが、またまた億劫になりホーミングデーとなった。

サッププラクティスのお陰で全身の筋肉が活性化して、明け方に猛烈にお腹が減る。リバウンドでピザランチを食べ過ぎた。

メルボルンで開催されている自転車世界選手権のライブ中継を途中で切り上げて、都幾川に向った。昨日は8’4の不安定ボードでトレーニングしたので、今日は9’6をチョイスした。全然らくちんで楽しかった。大雨から4日目ということで水はますます澄み、大きな鯉が二匹ゆうゆうと泳ぐ姿を目撃した。

プラクティクス直後の膝の痛みは徐々に薄れてきた。下半身と腹筋が鍛えられている実感があり、次回のショートボードライドが楽しみだ。

P1030086

| | コメント (2)

2010年10月 2日 (土)

101002 SUP@鎌形八幡P  D57 #70

P1030075 P1030076 P1030077 P1030078

  • RYOMA 8’0 TRI
  • 16:00pm to 16:45pm
  • Face clear and so clean water
  • O’Neil 2/3mm Seagull suit

秋晴れの土曜日。熊谷ラグビー場に帝京vs日体、早稲田vs筑波の試合を見に行くつもりでいたが、億劫になってしまいJ SPORTSのライブ中継をTV観戦した。

で、性懲りも無くサップに出かけた。ラグビー中継が1545分までで、16時にはエントリーしていた。ビーチフロントに住むサーファーのリズムを仮想体験しているようだ。そしてこのペースでリバーサップを続けていると、どの位で飽きが来るのかとも思っている。

今日はバランストレーニングボードの8’0ボードにノーリーシュでやった。最初は沈の連続だったが、段々と慣れてきてターンも恐る恐る決まりだした。浮力が圧倒的に足りないので、スタンディングポジションが物凄くシビアだ。なにしろスタンスから後ろの部分は水中に沈んでいる状態なのだ。

ジモティーのオヤジが水際にやって来て、しげしげと見学し始めた。彼の理解を超えたシーンなのだろう。あっという間の45分間だった。

| | コメント (4)

101001 SUP@鎌形八幡P  D56 #69

  • LEGEN 9’6 TRI
  • RYOMA 9’0
  • RYOMA 8’0
  • 16:00pm to 17:30pm
  • Face clear and clean water
  • Tapper & Trunks
  • With Ryoma
  • 撮影:Ryoma & Kco

嵐山The Dayだった。快晴で空気は乾き気温は24度。茅ヶ崎から盟友Ryomaが試乗ボードを持参してやって来てくれた。8’0はどうにかスタンダップ出来るが180度ターンは僕には難しい。なにしろレスポンスが良すぎて不安定だ。次にRyomaのメインボードの9’0。幅76センチで安定している。そしてマイボードは9’6 x 75センチ。乗り慣れているのでグッドだ。

フロントとリバースターンの為のさまざまなパドル操作を学んだ。5回のソロプラクティスを経て、今日のレッスンは値千金だった。Ryomaは結局一回も沈せず僕は10回位沈した。水温は多分20度くらい。北茨城の現在の海水温とほぼ同じだ。

8’0ボードとパドルを嵐山に置いていってもらう。僕にはシビアだが良いプラクティスになるしサーフレンズが遊びに来てくれた時に、二人でエントリー出来る。

自宅でシャワーを浴びてお茶してから、近所のネパール料理店“サガルマータ”でカレーディナーをした。サーフリーク二人の話はとめどなかった。

Imgp2489 Imgp2499 Imgp2504 Imgp2506

P1010454 P1010456 P1010459 P1010462

| | コメント (4)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »