« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

100929 SUP@鎌形八幡堰 D55 #68

P1030065

  • Legen 9’6
  • 16:15pm to 17:15pm
  • River Pool: Depth good & a bit dark
  • O’Neil 2/3mm Seagull Suit

P1030066 P1030068

P1030069 P1030072

朝方の雨が上がり急速に晴れ間が増してきた。川は増水してハードだ。待てよとヒラメいて会社至近の堰をチェックした。堰の上流数メーターのエリアに枯れ枝を投げるとゆっくりと堰に流れ込む。この場所はナイスだと確信して自宅に戻り、ウェットに着替えた。

海人とラックと日常的に散歩している場所にサップゲレンデが点在していた。幅25M x 長さ250M x 水深1Mのサッププールが自分だけに開放されている。素晴らしいと思った。自宅から車で5分の場所で、増水時も渇水時もほぼオールシーズン使用可能なプールだ。

サーフェイスはグラッシーで無風のプールを10往復した。500M x 10 =5Kmのプラクティクスだ。上流の直角コーナーから先は急流で南側から小さな支流が流れ込んでいる。このゾーンは流れが複雑に入り組んでいてリングまで出現している。ここで3回沈(チン)した。

途中、海人とラックおまけにゴールデンのジェシーまで見物にやってきて、僕に向って吠え立てていた。

リバーサップは今日で5回目。前回まで感じた膝の痛みも抜けた。10往復している内に、東京体育館プールでスイムしているような感覚に陥った。単調なプラクティスの先にグッドウェーブが待っているかもしれない・・・。

| | コメント (2)

2010年9月29日 (水)

100925 台風12号 Marakas

P176

P177

P178

P179

1.なんきさんからのコメント

土曜日は仕事で悔しかったですw

これはレジェさんじゃないかと。

違ったらすいません。“

http://www.witchcraft-j.com/photo.html

2.赤井得士@SURFDAYZからのメール

土曜日(2010925日)、台風12号が千葉県沖を北上、

その時の巨大なスウェルによる大波が沖合で割れました。

その大波でサーフィンする日本人サーファーたちの姿を撮影した

写真家、木本直哉のブログページをご紹介させてください。

http://www.surfdayz.jp/blog/kimoto/000231.html

日本のサーフィン史にとってはとても貴重なシーンだと感じたので、メールでの配信をさせて頂きました。

3.福澤浩@DEUCEの撮影編集作品

surfing japan typhoon <marakas>

http://www.deucewetsuits.com/

"Blog"をクリックして飛んで下さい!

4.シークエンス画像@Mineura

WITCHCRAFTさん撮影。

この日この場所このラウンドでの最大セットからのテイクオフ。マイブログでレポートした、その波だと確信した。なんきさんの、まさにローカルナレッジから僕の手元にやってきた画像達。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

100927 SUP@二瀬 D54 #67

P1010859

P1010858

  • Legen 9’6
  • 17:30pm to 18:00pm
  • River: Too hard
  • 2/3mm Full Suit

雨のそぼ降る月曜日。会社帰りに通勤ルートの中間に位置する二瀬Pをチェックした。水量が多く流れがキツそうだ。それでもナレッジ習得の為にエントリーしようと思った。自宅でフルスーツに着替えて取って返した。川の淵からエントリーして上流に漕ぐが、ポジションをキープするのが精一杯だった。パラレルからレギュラースタンスに移行し鬼パドル。それでも数メーターも進めない。下流側のエントリーポイントまで下り、いったん岸に上がり、上流のポイントまで歩き再エントリーを繰り返した。

今週の金曜日101日に茅ヶ崎のRyomaがこの場所に来てくれるかもしれない。嵐山町に存在するサーフ・スノー・スケートショップSEXON SUPER PEACEのオーナー・オグとセッションしようと思い立った。オグはメンタやニアスを経験しているナイスなサーファーだ。セッションは夕方を予定している。なんきさんも体一つで合流してくれたら最高なんだけど・・・?!

でも水量が多すぎたらキャンセルですっ。

| | コメント (0)

100926 SUP@二瀬 D53 #66

  • Legen 9’6
  • 09:00am to 09:45am
  • River: So So
  • Tapper & Truncks

日曜の朝、湘南や茨城の波を気にしながら海人とラックを連れて散歩した。太陽礼拝ヨガをしっかりやってから二瀬に行った。一昨日より水深が下がり、滑走可能なゾーンが狭くなっている。天気は快晴で空気は乾燥して澄んで、水の透明度は素晴らしかった。エントリーポイントからY字ジャンクションまで上り、ターンして下流に行くプラクティスを7往復した。防水i-PODが欲しいなと思った。

| | コメント (0)

100925 Ha Hi Ho Live@弁天

P1030035

マグーサーフチームのリーダーイイノちゃんが結成したユニット Ha Hi Hoの初ライブ。七里を15時にスタートして新中野に17時に到着した。初々しく一生懸命な姿が嬉しかった。ミホさんのヴォーカルは突き抜けていた。必聴の歌姫の登場だと思った。ライブカフェ弁天は素敵な空間だった。画像集は“レジェの冒険“に載せます!

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

2週間目の櫂(かい)

P1030041

初孫の誕生を、直接、メール、電話、ブログ上などで祝ってくれた沢山の方々にあらためてお礼を申し上げます。櫂は来月か再来月まで僕の家に居ますヨ!

| | コメント (2)

100925 SHICHIRI D52 #64-5 by T12

P1010763

P1010764

P1010765

  • Legen 6’4 QUAD
  • 09:00am to 11:30am
  • 13:00pm to 1430pm
  • Size: Head and more
  • Off shore wind
  • Tapper & Truncks, Spring Suit

先週、7’6がフィットしなかったので、6’4をチョイスした。ポイントはMINEYOKOよりピークが切れているMINE-Pにエントリーした。基本ライトのピークはポイントパニックだったが、1本目からセット波に恵まれた。そして今日のボードセレクションはナイスだと確信した。レフトもラインが出てグッドウェーブだ。曇り空から陽射しが差してきて、11時の干潮に向けて潮が動くと波数もサイズも増してきた。

アウトサイドで手を振るのは、BLUE HAWAIIに乗るT-REEFメンバーのコジカさん58歳だった。それからは二人で声を掛け合って何本もレフトウェーブをシェアーした。MINEURAはノーマークで、ショートボーダーはミドルポジションにステーしていて、アウトサイドにはロングが3人だった。僕の6’4はマッシーウェーブによくマッチして、セットピークから次々にテイクオフした。最大セットからの1本はボトムターンから半身カールをパスして、ミドルセクションでのチューブインだった。インサイドから6名位がゲッティングアウトしてきたのでフォールダウンした。今日の波はミドルセクションからのテイクオフの方がエグかった。いきなり底掘れしてピークからボトムに降ってしまう。セットピークからのポジションが深過ぎるとボトムでジュースに包まれる。それでもしっかり斜面が残っていて、細かなターンの連続で必ずショルダーに出られた。インサイドではライト側のフェイスが現われて、ちょっと走ってフローター気味にジュースセクションからカットバック、さらにレフトウェーブをエンドゾーンまで乗り込めた。ファンウェーブだと思った。タイドがデッドローに近づくと、次々とワイドダンパーのセットが入りだした。僕はすかさずビーチに上がった。

続きを読む "100925 SHICHIRI D52 #64-5 by T12"

| | コメント (12)

100925 湘南 SURF CHECK by T12

まずは西浜に向った。オフショアーが強すぎて潮が多すぎる状態でギブアップした。ビーチはワイドブレイクだと判断して、鎌倉のリーフでやることにした。七里はどこのポイントもライダブルだが、朝の時点ではスウェルがオフショアーに抑えられていてサイズは物足りない。カズゥーがやってきてHE-Pにエントリーするという。スキンヘッドのナベちゃんともバッタリ会った。朝一にUB-REEFでやったそうだ。

1R終わってから稲村サイドの波を撮影した。K-REEFOH-REEFは北西のサイドオフでフェイスが荒れているように見えた。サイズも上がっていないようだ。2Rを終えての撮影は15時位。稲村のCLASSIC-REEFがしっかりブレイクし、スウェルは力強さを増している。きっとK-REEFにはいつものピークメンバーが集まっているだろう。

P1010715 P1010717 P1010724 P1010729

P1010730 P1010732 P1010737 P1010740

P1010741 P1010745 P1010749 P1010771

P1010774 P1010775 P1010776 P1010777

P1010779 P1010791 P1010802 P1010823

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

100924 SUP@二瀬P  D51 #63

  • LEGEN 9’6 TRI
  • 13:00pm to 14:30pm
  • 水深: Good!
  • Tapper & Trunks

昨日の雨で水かさが増し、全面滑走可能なコンディション。合流点まで上りターン。下流に向かって下り200m位のところでターン。上流に向かって漕ぐのはまるでヒルクライムのように辛い。下りはダウンヒルのように爽快だ。10往復は出来なかったが最高なトレーニングだ。

何故いままでこの場所でのSUPを思いつかなかったのだろう!渡良瀬遊水池へも、水質の悪い利根川大堰にも行く必要はない。二瀬Pで乗り込んで海でのクルージングやウェイブライディングにもトライしたい。

P1030007 P1030010

P1030011 P1030012

| | コメント (0)

100919 関東大学ラグビー 秩父宮ラグビー場

P1010688

関東大学対抗戦グループ

明治大  26 (19+7)  vs   (5+17)22  筑波大

後半の明治の戦い方はちぐはぐでフラストレーションが溜まった。バックスのラインが浅すぎてムーブがことごとく失敗した。しかし紫紺プレーヤー達は、公式戦の緊迫感の中、しかも2年連続敗戦を喫している筑波を相手に、保守的にならずにアグレッシブに準備したムーブを繰り出した。そして負けなかった。真っ向からクレバーなプレーで応戦した筑波の選手達に感謝と尊敬の念を覚えた。秩父宮に濃い時が流れた。

仁は明治サーフの後輩で、イッキュウの弟でもある。予定調和のようにスタンドで再会し、後半戦を一緒に応援した。ゼミ仲間の落水夫婦と仁夫婦は渋谷の麗郷(台湾料理屋)で祝勝会。七里帰りの僕は帰宅の途についた。

P1010705

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

100922 SUP@二瀬P  D50 #62

  • LEGEN 9’6 TRI
  • 17:00pm to 18:00pm
  • 水深: 浅い
  • Trunks

思い立ってリバーサップ。荒川水系の都幾川と槻川が合流する二瀬は、嵐山町のヘソに位置する。僕の自宅からドアツードアーで3分の場所にある。ちょっと水深が足りなかったが、スペースを選べば充分なトレーニングになる。上流で180度ターン。下流で180度ターン。段々と調子が上がった。今日は今夏最後の猛暑日。川の水温も温かく汗をびっしょりかいた。海人もラックも思い切りスイムを楽しんだ。

P1020970_2 P1020977_2 P1020981

P1020985 P1020989 P1020992

| | コメント (4)

100919 SHICHIRI D49 #61 by T11

P1010646

P1010651

  • RIP CURL 7’6 TRION
  • 09:45am to 11:45am
  • Size: 肩頭
  • Off shore to on shore wind
  • Trunks & T-Shirt

台風スウェルがやってきた。寝床でちょっと逡巡したが出動した。今年湘南に届いた台風スウェルの中で、風がオフショアーの最良の波だ。OHリーフはツースモール、岸壁はファンウェーブだがパーキングがフルだった。幸い七里の駐車場にはすんなり入れた。

正面は大会規制で、ミネヨコのピークをチョイスした。セレクトしたボードは7’6ガン。波数は取れたがムーブが重くて全然楽しくなかった。来るべきザ・デーに向けての練習にはなったが、今日のように底掘れして、必ずボトムターンからラインをメイクしなければならない波には、レスポンスの良いボードが必要だった。次のチャンスが待ち遠しい!

P1010672 P1010674

P1010664 P1010665

P1010653 P1010659

P1010656 P1010657

P1010642 P1010644

| | コメント (6)

2010年9月21日 (火)

櫂(かい)の誕生

P1020937

P1020865

P1020811

娘のマホが男の子を生んだ。2010913日(月曜日)209分、マホはママになった。僕はグランパになった。五日月の明るい夜だった。体重3162g 身長52cmの櫂くんは元気な産声を上げた。ミュージシャン、ラガー、アスリート、アーチスト、サーファー、なんでも好き勝手な人生をおくって欲しい。

| | コメント (16)

100918 明治杯@白里海岸 D48 #58-60

P1020910

  • Legen 6’0 QUAD
  • 06:30am to 07:00am
  • 08:00am to 08:12am
  • 16:00pm to 17:00pm
  • Size: 腰腹
  • Off shore to on shore wind
  • Trunks & T-Shirt

12ヒート中の6ヒートに出場。一回戦敗退。波数はつかんだけれどメイク出来なかった。スキル不足を分からされた。リュウは気合が空回りしてやけ酒の体たらく。明治学院OBとして特別参加のイイノも敗退。ヒデは好調にラウンドアップ。イッキュウも一位通過。画像はコーリング直後の盛り上がりをシュートした。

名門日大ローテから特別参加の吉田新一は、プロサーファーと連呼されるプレッシャーを物ともせずに、ファイナル進出。準優勝を果たした。明治サーフの最強チャンプANA中島は圧倒的に強かった。シンとは20年ぶりの再会で、若かりし頃バリでセッションした師弟関係なんだそうだ。素晴らしいエンディングではないか・・・!

P1020899 P1020908

P1020930 P1020932

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

100909 Legen 5’9 ニューボードのオーダー

ディストリビューターRyomaに、ニューボードをオーダーした。この夏、乗り続けている6’0がちょっとファットなので、もう少しスリムな小波用のボードが欲しい。

5’9 (175) x 20” (51) x 2 1/2 (6.5~6.35)  Fish Tail Quad

アウトラインはLOST The MonkFish、ヴィジュアルデザインはSchaper BP Twinを参考にしていただく。さらにはテールボトムにニューコンセプトのスクエアーコンケーブが入る。シェーパー米川氏の推奨を受け入れた。

こいつは来月には僕の元にやってくるだろう。

Pict0003 Pict0007

Pict0002 Catalog_custom_bp_twin

| | コメント (6)

2010年9月13日 (月)

100912 関東大学ラグビー@熊谷ラグビー場

P1010556_2 P1010563_2

P1010583_2 P1010592_2

P1010610_2 P1010619_2

関東大学リーグ戦

関東大学対抗戦

  • 関東学院  ○15  (5+10)  vs   (7+7)14●  大東大
  • 明治大学  ○55 (35+20)  vs   (3+5) 8●  日体大

気温は高かったがスタンドには時折風が吹きぬけた。ピッチ上の暑さはラグビーウォッチャーの想像を超えたものなのだろう。

大東大は残り数分でのダイレクトタッチのミスで負けた。

日体大は最後まで集中力を切らさず、7番高井くんの突破からワントライを上げた。明治ファンの多くがもっと圧倒せよとの思いを持つだろうが、相手チームの必死なプレーにリスペクトと感謝の念を持とう!

| | コメント (1)

2010年9月11日 (土)

100911 T-REEF  D47 #57

P1010529

P1010536

P1010543

P1010545

  • LEGEN 6’0 TRI
  • 05:45am to 11:15am
  • Off to no wind to side on wind
  • Size: 腰胸
  • Spring Suit

皆が期待した台風のバックスウェルは、西風に吹き飛ばされてしまったみたいだ。クリーンで形の綺麗なセットが入るが、スピードもパワーも物足りない。

2年近くクアッドフィンで乗ってきた6’0。今日はトライセットにしてみた。パワーレスウェーブには、乗りなれたクアッドの方がスムーズだと思った。

引き際を狙ってライトPへ。いつものメンバーがいる。良い波のピークからはシバタくんが5’6でテイクオフする。僕はじたばたしながら、やっと1本だけ最大セットをつかんだ。肩位の波だがラインが張って気持ちが浮き立った。終盤、ロブ達に声をかけてレフトPに戻った。

イッキュウ、ハル、カットヨ、サイトウくん、イトウくん、サトウくん、シモジョーくん達と小一時間セッションして、ビーチにあがった。波がパッとしなくても、この場所で過ごす時間はかけがえの無い至福の時だ。

| | コメント (5)

2010年9月 4日 (土)

100903 T-REEF TO NORTH-K D46 #55-6

P1010475

P1010484

P1010513

  • LEGEN 6’0 QUAD
  • 08:00am to 11:30am
  • 13:30pm to 14:30pm
  • No wind to side on wind
  • Size: 腰胸
  • Trunks, Shirt & Hat
  • With Shin & Kao

3週間前に約束した金曜日。ツースモールなのでキャンセルしようと思っていた。しかし予想外のサーフアップでチャンスデーとなった。僕たちのエントリーと入れ替わるようにレギュラーメンバーが上がってくる。波なしの日々が続いたので昨日今日は夜明け前からエントリーしたのだろう。

シンは裸、僕はTシャツ、カオはラッシュ。僕たちを見て、フーはランニングで体が冷えたと言う。ウェットを着たほうがいいよと薦めてくれた。それでも、この場所でノーウェットでサーフ出来るのは、ほんの一瞬の至福の時だ。

続きを読む "100903 T-REEF TO NORTH-K D46 #55-6"

| | コメント (2)

100902 OH-REEF D45 #54 by T7

P1020746

  • LEGEN 6’0 QUAD
  • 14:45pm to 16:15pm
  • On shore wind
  • Size:
  • Trunks, Shirt & Hat

午後から出かけた。遠い台風からの弱いスウェルが湘南に届いた。風が入いり、サイズも期待出来なかったが、出かけた。それにホクレアのシェープルームに預けっぱなしの修理ボード2本を受け取りたかった。

林師匠は朝からビーチ、ゴローさんも不在でダイアナファクトリーはほぼ無人だった。しかしタイミングよくタカミ工場長が現れた。OH-REEFでサーフしてきたという。ごくたまに入るセットでやっと胸サイズだけれど、“今日の湘南で一番空いてるヨ”と!

鵠沼でエリさんとサーフしようと思っていたが、鎌倉に向かった。ラフフェイスだが鎌高前には肩位のセットがしっかり入っていた。気を引かれたが、ジャンクでもあのリーフでサーフしようと思い直した。

一目コンディションを見て、波乗りにならないと思った。しばらく迷った末、エントリーすることにした。ポイントは無人で、たまにセイルボーダーがラインに入ってくる。パワーレススモールに数本乗った頃、ロングボーダーがやってきた。男女3人のチームで2人は”KATSU”のボード。アウトサイドにポジションを取る。するとそこにはごくたまにセットの波がブレイクした。こんなに小さなスウェルだけれど、東シナ海から旅をしてきた台風スウェルだと思った。

昨年の107日にこの場所で台風18号の波に乗った。その時の記憶がよみがえり、レフトPのライトウェーブに何本も乗った。短い時間だったが思いがけず充実した時を過ごせた。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »