« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月30日 (月)

100829 吾妻橋フェスト 2010

P1020735

イチローバンド、CHEAP THRILLSSOULOVE、覆面大食堂、そしてSOMETHING! 真夏の夜、隅田川の川岸で良質な音楽を堪能した。浅草つぼ八での大打上げ会も楽しく弾けた。

画像集は“レジェの冒険”に載せます。

| | コメント (0)

100828 SW & SC 伝説の編集長 石井秀明

師はこの日、還暦を迎えた。

アジテーションなパフォーマンスは生まれ変わる為の儀式か・・・。

A MATTER OF STYLE!

P1010469

P1010453

| | コメント (4)

100828 SOUTH TO NORTH CHIBA D44 #52-3

P1010425 P1010431

P1010440_2 P1010442_2

  • CI 6’10 SINGLE FIN
  • 09:30am to 11:00am
  • 16:00pm to 17:30pm
  • Size:
  • Off shore breeze
  • Trunks & Rash
  • With Aki

砂浜は熱く焼けていた。限界サイズのスモールウェーブサーフィンはちょっと危ない。6’10  x  2 3/4  x  2 4/8はコロコロとした印象で、パーリングに気を使わされた。リアルウェーブで使用してみなければ、アル・メリックとロブ・マチャドの意図は分からない。

パーキングオーナーのカトケンさんとひとしきりCF談義。嫁さんは“もも子”、生後7ヶ月の娘さんは“れあ”ちゃん、カトレアなのだ!ランチはお薦めの“SHELLS”。ハレイワの空気が流れていた。

サンライズにはライダブルな波が入っていた。上げ際の時間帯だ。さすがサーフ道場エリア、パワーレススモールウェーブをきっちりメイクするキッズが数名いる。海水温は南より数度低くピリっとしている。アキは体が冷えたそうだが、僕には気持ち良いトワイライトサーフだった。

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

100822 KASHIMA PARA & HIDE HOUSE D43 #50-1

P1010402

  • LEGEN 6’0 QUAD
  • RYOMA 5’2 QUAD
  • 09:00am to 11:00am
  • 15:00pm to 16:00pm
  • Size: 腰腹set
  • Off shore breeze
  • Short John or Trunks & Rash
  • With 19, Hide, Aki, Be, Shin & Kao

P1010382 P1010383 P1010386

P1010387 P1010392 P1010395

秋の気配は消え、早朝から全開の夏だった。パラ下は沢山のサーファーを集めてスパークしていた。僕とシンはランドヘッドからのレギュラーに的を絞って、何本か良い波をゲットした。1時間を過ぎると波取りの為の心のエナジーが消耗して次第に乗れなくなってきた。早めにビーチに上がると、アキが嬉しそうに待っていた。

気だるい昼寝の後にハウス前にエントリーした。張らない波だがワンマンピークで気持ちが良い。チョイスした5’2はブレイクを見極めてテイクオフする。直後にラインに乗らなければ走ってくれない。1時間でビーチに上がるとシンが追いかけてきてボードテストだと言う。KAOと二人でしばし見学。さすがプロサーファー吉田新一、すぐにコツを掴んでラインをメイクする。

SHIN&KAO2010年の夏を一緒に過ごす、僕にとって欠かせないサーフレンズだ。

| | コメント (0)

100821 BBQ@HIDE HAUSE

ヒデとは2000年の明治杯で同じヒートになった。その日から仲良しになった。2001年には一緒にJ-Bayに行った。僕にとっての初めてのバリは20036月。イッキュウとヒデと3人でロンボクまで足を伸ばした。ヒデハウスはビーチまで歩いて10秒の位置にある。夏の終わりをそこかしこに感じながら、楽しい宴は続いた。

P1010366 P1010370

P1010371 P1010378

| | コメント (0)

100821 T-REEF & KASHIMA D42 #48-9

P1010349

  • GERRY LOPEZ 7’8 TRI FUN
  • LEGEN 6’0 QUAD
  • 09:00am to 13:00pm in T-REEF
  • 17:00pm to 18:30pm in Hide House
  • Size: 腰胸set
  • No wind or off shore breeze, Clean Face
  • Short John
  • With Aki & Ikkyu

P1010344 P1010346 P1010350 P1010351

P1010359 P1010360 P1010361 P1010362

Weak & Slowな波を見て、アキのファンボードをチョイスした。ファーストテイクオフからロングランでグッドボードだと確信した。ピークから脛下サイズまで乗り込むと結構な距離が出て楽しかった。駐車場で話をした“スターボード”の常連さんが再エントリーしてきた。トレードマークのロングパンツ姿をライブで見るのは初めてで愉快だった。ジュンさんは峰横か正面がホームPだそうだ。

後半はアキを誘ってレギュラーPへ移動した。12時のハイタイドに向う時間帯で、期待通りにグッドセットが入りだした。ファンボードのテイクオフは楽しく、ノーミスで波数を重ねた。アウトサイドピークから綺麗なラウンドハウスカットバックを何回も何回も決めるイエローボード。シバタくんだった。彼のスタイルは僕がいつもイメージしているスムースサーフィンだ。それから小一時間、楽しいセッションだった。レフトPに戻ると無人だった。セットの波をつかまえて乗れるところまで乗り込んで、腹ばいになってからもフルパドルてビーチを目指した。

この場所に来るのは613日以来だった。ピークメンバー達と久しぶりに再会して、温かく迎えられてハッピーだった。

回転寿司でランチして、アキと二人で鹿嶋に向った。夕方、ヒデハウス前の危険なショアーブレイクでサーフィンをした。底ぼれする波の切れ目を見つけてテイクオフすると、ボトムに降りただけで達成感を感じる。リップは分厚くスリル満点だった。夕暮れとともに風が変わりフェイスクリーンになった。僕たちは秋の気に包まれて波と戯れた。

| | コメント (0)

2010年8月17日 (火)

夏に見るシネマ

Bg Wallpaper

君は“少年メリケンサック”を見たか?! 宮崎あおいには、“NANA2“への出演を辞退した瞬間から反感を持っていた。が、この作品を見て、そんな感情はどこかへ霧散してしまった。No Cinema, No Lifeな気分を味わった。

サマーウォーズ“は、昨年オンザスクリーンで見た。地上波録画で見直して、あらためて好きなアニメだと思った。毎年、大学ラグビーの練習試合を見に訪れる菅平の登り口の、真田町が物語の舞台。その風景はとってもリアルだ。

“ベストキッド2”をたまたま地上波で見た。沖縄の村が、どう見てもオアフかカウアイでしょう!というローケーションに再現されている。赤錆びたHONDA S800の登場がどうにもこうにも嬉しい!ジャッキー・チェンのリメーク版も見に行こう。

“借りぐらしのアリエッティ”を次に見る時には2010年の夏を思い出すだろう。赤坂仁の“BANDAGE バンデイジ”は期待に反して心に刺さらなかった。BECK ベック”の公開は94日。待ち遠しい。

そしてそこかしこから聴こえてくる絶賛の嵐、“TOY STORY 3”。この夏のハイライトになるんだろうなぁ~。

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

100815 第4回東京ヒルクライムNARIKIステージ

P1020566

P1020582

10:04amのスタート。ゼッケン201。前半の5キロは後半の激坂5キロのプロローグ。自重せねばと思うがレースに引っ張られて踏んでしまう。2分後にスタートしたウェーブのパックに置き去りにされる。林道に入っても陽射しは強く暑さは容赦ない。6キロを過ぎるとサドルを降りるライダーが現われた。息が上がり胸が痛い。今年のレースは過酷だと思い知らされる。このルートは試走を含めて5回目のアタックだが、目に映る斜度に心が折れそうになる。Make It, Make It! と自分に言い聞かせてペダルを踏み続けた。7キロを過ぎるとバイクを押すライダーが一気に増えた。僕は誘惑と戦いながらペダルを踏んだ。ゴール直後にスタッフが頭と首に水をかけてくれた。シャンパンファイトだと思った。

レース結果528秒。男子完走321人中の293位。DNS60人以上。過酷なレースだった。男子の優勝者は24分(チャンプのブログにリアルタイムレース画像がアップされています!)。女子は27。エイリアンのようだ。

表彰式会場では鉄人西田さんと主催責任者の大西さんが出迎えてくれた。鉄人さんはMCの大役を楽しそうにこなしていた。そのご苦労に心底頭がさがる。

振舞われたトン汁は物凄く美味しかった!

P1020631 P1020634 P1020636 

P1020594 P1020601 P1020624

P1020571 P1020572 P1020588

| | コメント (2)

100813 SOMETHING LIVE@神谷町祭り

P1010342

湘南から神谷町に向った。小雨がパラついたりしたが、日が暮れると会場は勤め帰りのビジネスマン達も加わり、盛り上がった。都心の町内会のお祭りは楽しかった。

P1010304 P1010308 P1010311 P1010312

P1010315 P1010318 P1010321 P1010327

P1010329 P1010331 P1010336 P1010339

| | コメント (4)

100813 KUGENUMA & TSUJIDO D41 #46-7

P1010295 P1010298

  • RYOMA 5’3 QUAD
  • 09:00am to 11:00am
  • 11:30am to 12:00pm
  • Size:
  • No wind to off shore breeze
  • Trunks & Rash
  • With Ryoma

朝チェックの辻堂にはまずまずのサイズの残り波が入っていた。Ryoma宅でヨガを1Rしてからビーチクルーザーでサーフチェック。僕にとってはピストタイプの自転車の初体験だった。鵠沼の地下道前にエントリー。5’3  x  20”  x  3”のトイボードに乗れるのか不安だった。ファーストテイクオフが決まりホッとした。ボトムに降りるとテールがクルクル回ってしまいコントロール出来ない。ラインに乗って軽いムーブが必要だ。もう少しショルダーが張ってくれないと走れない。それでも波数は乗った。画像はラスイチをRyomaがシュートしてくれた。

サイクルロードでナベ君にすれ違った。P2小屋前にメンバーが入っているとのことで、ショートエントリーした。Ryoma7’0ファンボードで3本乗ってビーチに上がった。

ランチは“つけ麺”、それから134号線沿いの鵠沼マックでコーヒーした。大人二人の夏休みサーフだった!

Surf_lesson_surf_session_with_legen Surf_lesson_surf_session_with_leg_2 Surf_lesson_surf_session_with_leg_3 Surf_lesson_surf_session_with_leg_4

| | コメント (2)

2010年8月12日 (木)

100811 KUGENUMA D40 #45 by T4

P1010288

湘南ジャーニー&鵠沼の普通の一日

  • LEGEN 6’0 QUAD
  • 15:00pm to 17:30pm
  • On shore wind
  • Size: set
  • Truncks & Shirt
  • With Eri-san

辻堂のウッツ宅から鵠沼へ移動した。線路際の蕎麦屋でエリさん、林師匠、オザキさんと4人で昼食をした。すでに懐かしいモルディブの思い出話で盛り上がった。ホクレアヘビーユーザーのオザキさんとは初対面。3年ほど前からマイブログリーダーとのことで嬉しい出会いだった。

エリさんの自宅から国道を渡って、ウォークエントリー。多分20年ぶりくらいの鵠沼ビーチ。オンショアーだが台風4号からのスウェルがしっかり入っている。ヘビーなゲッティングアウトに昔の感覚を思い出した。ライダブルな波は少なかったが、たまに素晴らしいセット波が3本くらいやって来た。エリさんに教えられて吉田シンちゃんを見つけた。奇跡的な遭遇にちょっと興奮した。シンちゃんとはグッドセットを2本シェアーした。

善家Jr.のライディングは際立っていた。津田明Jr.も入っているとのこと。大村奈央ちゃんもエントリーしてきた。アウトサイドで特大セットを待ち続けるコアローカルは、ここぞの波で素晴らしいムーブを見せた。江ノ島が大きく見える。ビーチを振り返ると華やかな構造物がひしめいている。エリさんにアテンドされてディープな鵠沼に触れることが出来た。

湘南ジャーニーはまだ終わらなかった。茅ヶ崎のRyoma宅でトライアルボードをピックアップ。5'3  x  20"のスティック・・・?!

P1010292

| | コメント (0)

100811 BicSportJapan

P1010285

辻堂の海浜公園横のBicSportJapanに寄った。代表のウッツは僕のコアサーフレンド。今日のRyomaはウッツ指定のサーフインストラクター。ビギナーのテニスプレーヤーへのレッスンを終えてパークPから帰ってきた。

  • Bic Surf Board Distribution
  • Surf Lesson
  • Surf Board Repair
  • Surf Board Rental Rack

ビックスポーツジャパン

252-0046 藤沢市辻堂西海岸3-1-9

Tel: 0466-60-7070  Fax: 0466-60-7300

Mail: info@bicsportjapan.com

お問い合わせはウッツ内海まで!

P1010280 P1010284 P1010287

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

100807 情熱大陸ライブ@夢の島公園陸上競技場

Logo

海人とラックとの川遊びを終えてから、会場に向った。情熱大陸ライブは一昨年に引き続き2回目の参加。武蔵嵐山から新木場までは直通で行ける。電車の中では今回僕のイチオシのマイラバを聴いた。快晴の真夏の昼下がりの陽射しは強すぎたが、ほんの少し湿度が低く、たまに一陣の涼風が吹いてくれた。屋台村は木立の公園の中で大盛況。缶ビールは500円。缶チューハイは350円。リッチな音が遠くから聴こえてきて、それはそれは良い感じだ。

  • Salyu
  • My Little Lover:初めてのマイラバは綺麗で可愛いかった。
  • Slug & Salt:重厚なファンクサウンドが素晴らしかった。
  • 植村花菜:Martin00028のバッキングが上手&“トイレの神様”。
  • ASKA:“はじまりはいつも雨”は名曲。
  • 藤澤ノリマサ:ポップオペラって初めて。圧倒的な歌唱力だった。
  • 押尾コータロー:ソロは一曲がいい。
  • KREVA:最長の7曲もやった。どんどんビッグになっている。
  • 斉藤和義:投げやりな歌い方と硬質なギターが最高だった。
  • 森山良子:クラシックとジャズなステージだった。
  • 森山直太郎:ファルセットの声量と伸びが羨ましい。
  • キマグレン:逗子ローカルがステージ上にいるのが僕には不思議感。
  • 藤井フミヤ:一昨年は声が出ていなかったが今回は完璧。
  • 鈴木雅之ゴッペラーズ&シャネルズ:80年代に引き戻してくれた。
  • 中孝介:大好きな彼の声を聴きながら駅に向った。
  • Sing Like Talking
  • (オルケスタ・デ・ラ・ルズ)
  • (葉加瀬太郎)

| | コメント (0)

100807 ジャックラッセル海人&ラックの夏

P1020450

千手堂からトラスト冠水橋へ下るトレールは、静かで木のトンネルは涼しい。橋の下を流れる槻川で子供達はいつまでも泳ぎ飽きない。片道2キロの道はマウンテンバイクのルートでもある。

P1020447 P1020463 P1020466

P1020471 P1020495 P1020500

P1020502 P1020510 P1020527 

| | コメント (0)

2010年8月 4日 (水)

借りぐらしのアリエッティ

Title

Arri_showing

真夏にスタジオジブリの新作をスクリーンで見る幸せをかみ締めた。過去の大作と比較しての批評は愚の骨頂だ。こぢんまりとした印象の作品だが、きっと末永く愛されることだろう。

| | コメント (2)

2010年8月 2日 (月)

100801 IBU-BEACH D39 #44

P1010275

  • LEGEN 6’0 QUAD
  • 10:00am to 11:30am
  • Size: set肩オーバー
  • No wind or side breeze
  • O’Neil Seagull suit
  • With Ryu, Raiju & Taka

ロータイドは12時半くらい。霧に覆われ視界不良のビーチには、マッシー(厚い)なショアーブレイクがブレイクしていた。波数、セット数ともしっかりだが、ダンパーウェーブだ。リュウチームが到着して、潮が引きに向うのを待つことにした。霧が晴れてラインが多少出てきたタイミングでエントリーした。海水は2週間前と同じで飛び切り冷たい。多分16度くらい。僕とリュウはシーガル。タカはスプリング、そしてライジュは3mmフルジャー。ベストチョイスはフルジャーだった。8月に入ったというのに、こんなに冷たい茨城は初めての経験だ。セットセットのピークだけがグッドウェーブだった。そのセットは15分くらいのローテーションでやって来るので、集中していないと食らってしまう。いったん晴れた霧がまたポイントを覆い、沖のウネリが見えない。ライダブルなピークは突然目の前に立ち上がる。南へのカレントがあり、常に隠れ岩の場所を確認しないと危険だ。

続きを読む "100801 IBU-BEACH D39 #44"

| | コメント (4)

100801 T-REEF SURF CHECK

P1010247

丘の上に朝7時半に着いた。フェイスクリーンな波がラインナップしている。ハイタイド。サイズがあるのに、パワーとスピードがなくミドルセクションで波が消える。僕は北のビーチブレイクを目指すことにした。イッキュウとココとフーはこの場所に残った。

P1010249 P1010257 P1010250 P1010270

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »