« 091220 全国大学ラグビー選手権@熊谷ラグビー場 | トップページ | 091223 C-POINT D66 #78 »

2009年12月24日 (木)

091222 明治大学八幡山グランド

P1190445 P1190447 P1190452 P1190453

明治大学ラグビー部は12月20日の大学選手権一回戦(拓殖大学戦)を勝ち上がり、翌21日はオフ、22日から練習を再開した。27日の瑞穂での2回戦の対戦校は関西学院。キックオフは12時。

八幡山駅裏には何軒もラーメン屋があった。つけ麺350gは素晴らしく旨かった。練習は14時からと想像していたが、実際には15時からだった。14時半位から部員が集まってきて、タッチフットや柔軟体操でウォームアップを始めた。国定が吉田監督に呼ばれて何やら話をしていた。そして女性トレーナーの掛け声で一連のストレッチを行なった後、二日前の激戦の疲れの残るAチームは周回ジョグ。バックアップメンバーはダッシュ走。田村優(三年生)と鈴木亮太郎(二年生)は別メニューでジョグ。そして去年までの不動のセンターであった安部亮佑(四年生)も一人黙々とジョグ。その表情に悔しさがにじみ出ていた。杉本博昭(三年生)の明るさと存在感は飛びぬけていた。スクラムの要のフッカーを務める伊吹誠介(四年生)は拓大戦で足を痛めたようであったが、元気に走っていた。そして肝心の西原忠佑主将が見つからない。やはり彼も拓大戦で足を痛めていて別メニューであったことを、翌日、サンスポの吉田宏記者の記事で知った。

最後まで練習を見届ける時間は無かった。後ろ髪を引かれる思いでグランドを後にした。

|

« 091220 全国大学ラグビー選手権@熊谷ラグビー場 | トップページ | 091223 C-POINT D66 #78 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 091220 全国大学ラグビー選手権@熊谷ラグビー場 | トップページ | 091223 C-POINT D66 #78 »