« 090912 SUP@辻堂 D44 #54 | トップページ | 090916 明日Gへ »

2009年9月14日 (月)

090912 関東大学ラグビー@ニッパツ三ツ沢競技場

関東大学対抗戦

明治大  ○38 (10+28)  vs   (10+3)13●  日体大

開幕戦、明治は苦戦した。公式戦の緊張感を堪能した。勝利への過剰なまでの意識がプレーヤーを金縛りにした。日体大の5番・8番はU20の代表。9, 10, 11, 12番も素晴らしいプレーをしていた。苦戦は必然だった。そして残り20分のフィットネスで勝利をつかんだ。素晴らしいではないか?!

吉田監督とコーチ陣はストライプの紺のスーツ。プロフェッショナルな雰囲気が演出されて素敵だと思った。北島忠治翁から現役1年生の時に贈られたブレザーは極めつけな瞬間に着るのかもしれない。

吉田義人はナーバスな時間のなかで生きているに違いない。大きすぎるプライドと自己顕示欲を内に秘め、さりとてネガティブキャンペーンをはるサポーターを無視するほど、大人になりきれている訳ではない。

僕は決して吉田信奉者ではない。それでも彼が主将として迎えた大学選手権決勝での、今泉のタックルを振り払っての決勝トライは、僕が目撃した明治の最高のトライだった。

1995年南アW杯@ブルームフォンテーンでのオールブラックス戦、1997年イングランド協会創立115?周年の記念試合@ツィッケナムで世界選抜の一員でプレーした彼、伊勢丹時代の秩父宮での肩の負傷、そして全早明慶戦での引退セレモニー。それらをスタンドから見つめてきた。

松尾雄治氏に監督をやって欲しかった。吉田義人はその次でもいいではないかとも思った。しかしフルタイムで人生を賭け、紺のスーツに身を包んだ明治出身者ばかりではないコーチ陣を率い、孤高の主将を支えたであろう西原在日ヘッドコーチの笑顔を見つけたとき、首脳陣でただ一人ジャージー姿でピッチの上を歩く大川フィジカルコーチの姿を見るに付け、時代のうねりを感じた。

もう一人のカリスマ松尾氏は再び成城学園を率い、春シーズンには八幡山にやってきた。その明るく気取らない姿勢が素晴らしいと感服させられた。

P1050696 P1050706

|

« 090912 SUP@辻堂 D44 #54 | トップページ | 090916 明日Gへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 090912 SUP@辻堂 D44 #54 | トップページ | 090916 明日Gへ »