« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

090627 British & Irish Lions vs Spring Boks 2nd Test Match

イングランドのアラへ!

メールありがとう!Lionsの3点差の負けは残念でした。

一昨年カーディフで見たJapan vs Wales戦で活躍したスティーブ・ジョーンズは素晴らしかったです。5本のペナルティーorコンバージョンキックを全部決めたね。僕の贔屓のシェーン・ウィリアムスは後半に登場したけど、ちょっと通用しなかった印象を受けました。そしてずっと封じ込まれていたBoksのハバナが素晴らしいアングルランでファイントライを取りました!

スタディアムは素晴らしい雰囲気だったネ。Lionsサポーターが半分以上いたように見えましたが、南アに暮らしながらも祖国連合のLionsを応援する人達が一杯いるのかもしれない。

残されたテストマッチはあとワンゲーム。次にLionsが南アにやって来るのは12年後。ファイナルゲームが楽しみです。

それにしても南アにはラグビーがお似合いです!

| | コメント (2)

090628 ジャックラッセルミート@毛呂山

P1030992

僕は海人。こんなに沢山の仲間に会うのは初めてだ。戦いを挑んでくる奴も、コングを奪おうとする奴もいなくて、自分のペースで遊べた。高曇りで強烈な日差しは無かったけど暑かった。そんでプールで一杯泳いだ。僕のオモチャを横取りする奴もいたけど、そん時は遊ばせてやったさ!まぁこんなのも、たまにはいいかなぁ?年に一回位だったらまた来てやっか!

P1030937 P1030941 P1030948 P1030959

P1040022 P1030989_2 P1040014_2 P1030982 

| | コメント (0)

2009年6月26日 (金)

090624-6 ニューコンセプトマシン内覧会

来たるべき次世代を見据えたイノーベーティブマシン3台を実鋳造展示した。73社166名のご来場を賜った。感謝の3日間だった。

P1030921 P1030913

| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

090624 20th Anniversary

DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2009@代々木

コンサートは3枚目のアルバム“WONDER 3”のオープニングチューン、OPEN SESAMIで始まった。ドリカムの二人がゴンドラから登場すると思いもよらずに泣けてきた。1989年のデビュー曲からタイムマシーンに乗ったメドレー25曲、全37曲、3時間のライブは素晴らしかった。オールスターズの面々の力量は物凄く、ドラマーさと子のソロプレーでまた泣けた。

| | コメント (2)

2009年6月23日 (火)

090620-22 博多B級グルメツアー

P1030759

JWC Rugbyを観戦しに博多に行こうと思い立った。ついでにビジネス戦友の野上さんと旧交を温めて美味い物を食したいと思った。土曜日の午前中はキャナルシテーでショッピング。午後から野上さんのガイドで、山笠の準備でワサワサしている神社へ。“やきもち”を食べて、山笠グッズを買った。博多の街中を回ってからローカル一押しの“長崎チャンポン”屋へ。ダシが深くて最高に美味しかった。愛宕山神社から博多の町を一望し、博多サーファーのメッカであるサンセットコーストラインをドライブした。二見ヶ浦はノースウェルだったが一目で良い波がブレイクするロケーションだと思った。ハイセンスなビーチフロントショップが立ち並び、サーフショップ、コンテナシェーパーハウス等々が目に付く。卵からこだわりのプリンメーカーのショップでプリン380円を食べた。やはり一味違った。夜は旬の“やりいか”を食べた。いままで食べたイカサシとは別世界の味だった。ホテルに帰る前にダメ押しで“博多ラーメン”と“博多餃子”を食べた。

翌日ラグビー観戦後、ガイドブックを吟味して、天神のもつ鍋屋幸(さち)でもつ鍋を食べた。こんなに美味いんかい!と思った。この店は西麻布にも出店しているのだそうだ。それからスピッツの歌詞で憧れていた天神をそぞろ歩いた。

最終日の昼食は、今話題と教えられた一蘭で“博多ラーメン”を食べた。システムが仰々しいが、ビギナーの僕には味の違いが判らなかった。

博多はコンパクトで行き交う人々がお洒落で、食べ物が美味くて、大好きな街だ。

P1030730 P1030735 P1030746 P1030750

P1030902 P1030903 P1030904 P1030909

| | コメント (2)

090621 U20 JWC RUGBY 5&7位順位決定戦@博多レベスタ

P1030786

  • SAMOA 9(6+3) vs (3+0)3 IRELAND
  • FRANCE 68(33+35) vs (6+7)13 WALES

サモア対アイルランドはお互いにノートライの白熱したゲームとなった。サモアのフレアーなプレイに心を奪われた。これで南海の小国のサモアはスコットランドとアイルランドに勝利してしまった!

フランスとウィールズは昨年に引き続き荒れたゲームとなった。フランスのフルバックは報復行為でレッドカード。ウェールズにはイエローカードが2枚出た。今回の審判団とはANAクラウンプラザホテルで一緒となり、朝食タイムが一緒だった。レフリーの重圧は相当なものなのだろう。麻生アシスタントレフリーは2試合連続で出場した。お疲れ様でした。

P1030772 P1030790 P1030796 P1030827

P1030831 P1030870 P1030873 P1030894

| | コメント (0)

090619 Rize 4@大平山トラスト3号地

P1030676 P1030683 P1030689 P1030708

梅雨の晴れ間に海人とオフロードを走った。

| | コメント (0)

2009年6月16日 (火)

090613 U20 JWC RUGBY POOL-B@秩父宮

P1030632

  • ENGLAND 52(39+13) vs (0+7)7 SAMOA
  • JAPAN 7(0+7) vs (12+0)12 SCOTLAND

ヤングジャパンの勝利の予感を抱いて、1万人以上のラグビーウォッチャーが秩父宮に集まった。同じ場所、同じ蒸し暑さの中でのスコットランドからの再びの勝利は、何度もトライライン数十センチ手前で跳ね返された。誉められるべきは、暑さと湿度と疲労の極みで、極限の集中力で戦い、守りきったスコットランダー達だ!

P1030635_2 P1030640 P1030644 P1030646

P1030651 P1030657 

| | コメント (4)

090612-3 KASHIMA D25-6 #32-3

P1030629

  • LEGEN 6’0 & 6’4 QUAD
  • 16:30pm to 18:30pm
  • 10:00am to 11:00am
  • Side off & No Wind Clean Face
  • Size: 腰腹
  • DEUCE 3/4mm full suit
  • With Hide, Be & Ikkyu

ヒデのビーチフロントハウスでのSURF & BBQのお誘い。イッキュウとベー、そして宮崎ローカルの真生、歩美、西森のヤングサーファーが集まった。6/12COCO下でトワイライトセッション。久しぶりのビーチブレイクが楽しく、何本かのロングライドに恵まれた。真生と西森は週末の志田下での全日本東京支部予選を控えて、キレキレのライディングを見せてくれた。

その夜はラム肉ベースのBBQ。ヒデはDJブースでノリノリのパフォーマンス。僕も新旧のフェヴァリットCD20枚を持ち込んだ。大音量で聞く名曲の数々は本当に素晴らしかった。クラブフリークのヒデはこれがやりたかったんだろうなぁ!

翌早朝は満潮と霧。霧が晴れると熱い太陽の日差し。ハウス前のショアーブレイクは形良く、たまに入るセット波はしっかりとサイズもあった。何本かトップから降った。ちょっと乗って都内へ向かおうと思っていたが、結構な数に乗ることが出来た。

帰り際に、桐材シェーパーの助さんがやって来た。ユニークな作品を何本か持参していた。

今年の夏にもう一回、この場所で仲間達と集まりたいと思った。

P1030600 P1030604 P1030612 P1030619

| | コメント (2)

090609 U20 JWC RUGBY POOL-B@秩父宮

  • ENGLAND 30(20+10) vs (0+7)7 SCOTLAND

  • JAPAN 20(5+15) vs (22+7)29 SAMOA

秩父宮で見る6 NATIONSの試合は嬉しい違和感があった。

ヤングジャパンはフィジカルとランニングスキルに勝るサモアに肉薄したが、最後まで勝てる感覚に届かなかった。

P1030589 P1030591 P1030596 P1030597

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

090609 NORTH K-REEF D24 #31

P1030557

  • LEGEN 6’0 QUAD
  • 11:00am to 12:30pm
  • No Wind Clean Face
  • Size: 腰腹
  • DEUCE 3/4mm full suit

茨城南部はサイズがあるが北東風オンショアーを受けている。風の弱い北に向かった。大潮のデッドローのポイントにエントリーした。サイズは期待に反してスモールで波数も少ない。潮位は極端に低くてリーフが丸出しだ。潮の変化に伴ってピークがどんどんシフトしていく。それでも何本か形の良いスピードブレイクに乗れた。90分で集中力が切れた僕と入れ替わりに、たまに行き交うツウィンフィンライダーがパドルインしてきた。

P1030559 P1030563 P1030578 P1030584

| | コメント (0)

2009年6月 8日 (月)

090605 Rize 4 納車

P1030417

  • リアサスストロークサグ15mm by O-ring 1012kg(175psi)
  • フロントサスストローク130mmx20%=26mm 75psi
  • リアサスプロペダル常に右側ONセッテイングorダウンヒルでOFF
  • リバウンドダイヤル(赤)時計回りにエンドまで
  • フロントサスは登りとアスファルト走でロックアウト
  • リバウンドダイヤル(赤)3/14クリック位
  • フロントタイア圧 2.22.4kg
  • リアタイヤ圧 2.2.2.5kg
  • サドル高クランク軸センター股下765mmx0.875=670mm
  • 今回は665mm 踏める人で690mmか?
  • 登りのハンドリングは肘を外側!
  • ブレーキ鳴きレバーを握りステーボルト2本の締め直し

新品シューズのクリート位置調整後にライディングポジションのセッテイングを行った。ハンドル幅は片側3センチ詰めてあった。サドル高を調整後、サドルの前後調整。前後サスのストローク&空気圧調整。ブレーキパッドのクリアランス再調整。前後車輪の脱着体験。等々で1時間以上が経過。

オフロードグローブと優れものライディングバックも購入し、初乗りでマイタウンを目指した。履きなれないクリートのセットに結構難儀した。舗装路の路肩の小砂利や歩道とのギャップなどまったく苦にならない。清澄峠を登り、峠から山道に入り笛吹き峠へ登った。愉快な気分がお腹の底から湧き上がってくる。こんなに自由な感覚なんだとあらためてビックリした。

| | コメント (2)

2009年6月 4日 (木)

090603 新人早明戦@上井草

明治  ○96 (41+55)  vs   (0+0) 0●  早稲田

均衡が崩れるとラグビーの試合は一方的になってしまう。

来るべき季節を想うと身が引き締まる。

20051128日 ジュニア選手権セカンドフェーズ準決勝

早稲田66 vs 明治 0 を同じ上井草早稲田グランドで観戦した日を想い出した。涙する明治フィフティーン。

ドラマは始まったばかりだ。

P1030346 P1030348_2 P1030361 P1030362

P1030377 P1030381 P1030382 P1030384

P1030385 P1030388 P1030400 P1030406

| | コメント (0)

2009年6月 3日 (水)

090602 Bike Ride to 秩父

グラファイトデザイン社の新矢さんへの用事。6月の気持ちの良い気候に誘われてバイクライド(自転車)することにした。遠山峠から小川町、東秩父から大内沢峠を越えて寄居町へ。国道140号線で皆野町を目指した。国道は大型車両が多くて愉快な気分では走れない。GDRブランドのカーボン製フロントフォークとフレームは今年から販売が開始されるそうだ。高みを目指して精進している“気”を感じた。

そしてお隣の“PAGE ONE“工房の西田光男さんを訪ねた。アポなし訪問だったが、歓迎していただき美味いコーヒーをご馳走になった。Martin 000-1を弾かせていただき、作品のこと、トライアスロンのこと、ヒルクライムのこと、ご友人のこと等を話し、お聞きし、楽しい時間を過ごした。最後に140号線を迂回する対岸道路ルートの地図を書いていただいた。

帰りの大内沢峠の登り返しはシビアだった。久しぶりのロングライドで疲労して、遠山峠の急登をメイク出来ずに途中でUターンした。大平山と正山の裾を反時計回りに遠回りして帰宅した。

Bike: 106Km/4H46min. @22.5Km

P1030321

| | コメント (2)

2009年6月 1日 (月)

090530 MTB購入

CANNONDALE rize 4

昨日“自転車屋佳”を訪ねた。幸いにお客さんがおらず、オーナーとじっくり話が出来た。SCOT, GIANT, ANCHOR & CANNONDALEが取扱ブランドのようだ。店頭在庫のrize 4は予算オーバーだが、フレームSサイズがフィットし、ダブルサスペンションでストロークは近隣の山々を走るのに充分、油圧ディスクブレーキ、車体重量は12.5Kg、そして値引き。ブランドイメージは申し分ない。見積書をいただいて帰宅した。

P1030312 P1030316 P1030317 P1030319

続きを読む "090530 MTB購入"

| | コメント (6)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »