« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月28日 (木)

090527 NORTH K-REEF D23 #30

P1030241_2 

  • LEGEN 6’0 QUAD
  • 16:00pm to 18:50pm
  • No Wind Clean Face
  • Size: 腰腹 set胸肩
  • DEUCE 3/4mm full suit

高速道路の吹流しは真西に平行にたなびいていた。オンショアを覚悟したが、フェイスクリーンだった。中潮のミーンタイムで、引きから上げに入る潮止りの時間帯に到着したようだ。セット波を撮影しようとしてもなかなかセットがやってこない。沖にはロングが2枚とショートが1枚。19時の満潮に向かって潮が動けば状態が良くなると信じてエントリーした。

続きを読む "090527 NORTH K-REEF D23 #30"

| | コメント (0)

2009年5月19日 (火)

090519 蘇州へ

P1030161

上海駅から中国新幹線で蘇州へ移動。

IT機器の製造メーカーは生産が上向きな印象。

今夜は昆山に泊まる。

| | コメント (1)

2009年5月17日 (日)

090517 広州エアポート

P1030158_3

広州の空は低くたれこめ湿度高く気温は30度を超えている。

午後便で上海へ移動する。

| | コメント (3)

2009年5月14日 (木)

090513 ボード修理

P1030123_2

トーケーのRIP CURL1998年に購入したボード。

僕なりのマジックボード。7’6 x 19 3/4 x 2 3/4 TRI ON FIN

こいつとTやKやBやGやサンセットにエントリーした。

今回、テール・レール・フィンベースなど6箇所を修理した。

素晴らしい仕上がりだ。

ボード修理のご用命は、

BicSport Japan

辻堂西海岸 tel: 0466-60-7070  e-mail: info@bicsportjapan.com

ウッツ内海へどうぞ!

| | コメント (4)

090513 SHICHIRI D22 #29

P1030079

  • LEGEN 6’4 QUAD
  • 07:00am to 10:00am
  • NW off shore wind to no wind
  • Size: ハラ胸
  • BILLABOM 2/3mm full suit

昨夜から強まった南西風は6時頃にオフショアーに変わったようだ。前半は正面でロンガーに翻弄されながらサーフした。ウネリにパワーが無く、上手に合わせてノーズが下を向いてくれないとスタンディング出来ない。バタバタしているとTAKEZOさんからお声をかけていただいた。大人の雰囲気を持った方で、今日は70年代のラウンドテールシングルフィンを持ち込んでいた。長さは6’位で、僕が玄関先に置いているZUMAと同じテイストだった。彼のラスト1本はビーチまで乗り上げるほどのロングランだった。僕も近々ZUMAに乗りたいと思った。

潮が引いて状態が良くなってきて、MINEに移動した。遠目にはさほど良いとは思えなかったが、実際には正面よりパワーが有り、フェイスの立ち上がりもしっかりしていて楽しかった。ラインに乗ってもスピードが出ずにクイックなアクションは難しかった。それでも本数に恵まれて充実したラウンドとなった。水温が暖かでウェットが軽く、テイクオフが楽に感じられた。

早朝は正面だけがブレイクしていたが、タイドが下がると共にHENOJI、正面、MINE、小動など全てのポイントにファンウェーブが出現した。

P1030081 P1030085 P1030086 P1030094

P1030104 P1030107 P1030111 P1030116

| | コメント (2)

2009年5月11日 (月)

090509 T-REEF D21 #28

  • LEGEN 6’4 QUAD
  • 07:30am to 12:00pm
  • NE side off shore wind
  • Size: Head and more
  • DEUCE 3/4mm full and no boots

今シーズン初のノーブーツと風で体が冷えた。エントリーはレフトピークからで、いきなりのセットピークをキャッチした。ロングラインのミドルセクションで大きなカットバックをして、さらにウオールが続いた。6’4ボードがフィットして気持ちいい。ピークメンバーに挨拶してすぐにライトのメインピークに移動した。セット波はシフトして、さらに南側への流れに引っ張られて、何本も何本ピークのビハインド側からグッドウェーブを見送った。ミドルサイズの波はファンウェーブで距離を乗れた。大潮の干潮が10時で潮が動き出し、波数が増えてゲッティングアウトが厳しさを増した。ポジショニングが難しく、1本目に乗れなくて振り返ると、さらにサイズのある2本目を食らうパターンにはまった。乗れれば素晴らしい波なのだが数を取れなかった。スキルとパドルパワーが貧弱なのだ!

後半はやっさん・シュガー・オシオ達6名でサーフした。さらに3名になった。波は干潮を過ぎてさらに良くなっていく。体力が尽きてきて、16時に川崎でのアポも有り、ビーチを目指した。レフトピークにはイッキュウともう一人がエントリーしているのが見えた。水はまだまだ冷たいが、日差しが強く日焼けで顔が痛いほどだった。

P1030002 P1030007 P1030012 P1030018

P1030027 P1030041 P1030056 P1030063

| | コメント (2)

090505 練習試合@八幡山

P1020991 P1020994 P1020996 P1020998

明治ABCD vs 立正AB  40  4

冷たい雨中の観戦となった。吉田新監督も堀越監督も終始厳しい表情だった。

試合後、新宿駅西口の想いで横丁でしみじみと飲んだ。

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

090503 KASHIMA D20 #27

P1020905

  • LEGEN 6’4 QUAD
  • 06:00am to 07:30am
  • SW Straight off shore wind
  • Size: 膝腰
  • DEUCE 3/4mm and boots

GWの日曜日、夜明け前にエントリーしようとNORTH K-REEFに向かった。ツースモールで、T-REEFもフラット。さらに南下して大好きなビーチにはプリティースモールウェーブが割れていた。僕には限界サイズでテイクオフが難しい。それでもランドヘッドへのレフトは素晴らしいブレイクだった。僕が3ターンで捕まってしまうようなスピードブレイクをエクセレントサーファーは細かいトリミングターンでエンドゾーンまで夢のように抜けていく。最高に地形が決まっている。移動で貴重な1時間半をロスして、ピークはあっという間にポイントパニックとなった。ちょっと残念だったが早目に上がった。帰りはGW渋滞を避けて懐かしい下道を走った。

P1020887 P1020894 P1020896 P1020900

| | コメント (0)

2009年5月 1日 (金)

090423-5 仁の冒険

Glss_42509_667

Glss_42509_090

4月初旬に仁からGで使うボードについての相談電話があった。そして彼はドンピシャで乾季の初スウェルをクラマスで迎えた。巨大なクラマスを滑るサーファーはオージーで、この波でボードが折れたそうだ。そして初めて訪れたGはアーリーシーズンでピークバトルもなく、最高な波をシェアーしたそうナ・・・!

Dsc07377

| | コメント (4)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »